講師ブログ

2019年3月2日

古文を訪ねる, 真花塾にほん伝統文化プロジェクト, 講師ブログ

桂離宮~四季の茶室に秘められた幾何学【真花塾にほん伝統文化プロジェクト】

桂離宮庭園は、郊外の住宅地に突如として広がる。いや、もとはのどかな瓜畑にあったのが、いまは「周りが住宅地になった」というべきである。

ガイドの方に随い、広い池泉回遊式庭園をぐるりと廻る。とても丁寧に、わかりやすく笑いも交えつつ、桂離宮の長い歴史と保存作業についても、とても詳しく解説してくださるので、ぜひただの観光としてではなく、庭を愛で愉しむという純粋な目的のために、これからも多くの人たちが敬意を持って訪れる場所であってほしい。

さて、お茶好きならきっと誰もが、趣向を凝らした4つの季節それぞれの茶室に関心を寄せることだろう。

だが、その前に外腰掛から。

門から飛び石伝いに渡ると、茅葺寄棟造りの、まるで肉厚の茸のような屋根を持つ、待合い腰掛けがある。実際に腰掛けてみると、目の前にはにょっきりと蘇鉄。薩摩藩の島津家からの献上だそうで、当時は大変珍しかったらしい。冬だったためにそれらの大きな蘇鉄たちには覆いがしてあったが、皮付きの丸太がそのまま使われている外腰掛の柱と相まって、しずかな力強い空間になっている。

州浜を見ながら、まずひとつめの茶室、松琴亭に向かう。

こちらも茅葺入母屋造り。その前にある切石の橋は多くの人の印象に残るものであるが、本当のところは、一生懸命に夢中になって渡るうちに無心になり、自然と席入りにふさわしい精神が作られる効果もあるのだろう。

「松琴」という銘は拾遺和歌集巻八雑上の

琴の音に 峯の松風 通ふらし いづれのをより 調べそめけむ

に由来するとのこと。

松風といえば、釜と沸く湯のあの音を、すぐに思いうかべる人も多い。桂離宮庭園の「冬」の茶室といわれるが、これは実は意匠だけにとどまらない。庭園のなかで、冬至の月の出の方位に造られていることが関係している。

賞花亭

「峠の茶室を思わす」とされる、夏の茶室である。小高い丘を思わせる高台から、庭園全体がひろびろと見渡せる。2018年の大きな台風による倒木で、「桂離宮庭園からどこを見ても、絶対にまわりの住宅や現代建築物はない」といえていたのが、あるお宅が少し見えてしまうようになってしまった。だが、自生する木を長い年月をかけて育て、またそれを覆い隠し、つくられた時代の風景そのままを維持するように計らわれている。ガイドの方が「庭園は生きている。庭師は、木を植える段階からすでに”数年後がどうなるか”が見えているのだ」とおっしゃっていたのが印象的である。

笑意軒

茅葺寄棟造りの屋根に杮葺の廂がついてある。これは田畑を耕す農夫をみることのできるのが特長のひとつだが、季節は夏。吹き抜ける風と、夜、手水鉢に浮かぶ月を愛でる時間は至福であることだろう。

月波楼

中秋の月の出の方向と一致する、秋の建物である。土間の右手からは池を望む形でとても見晴らしがよい一方で、左手からは池は隠れて見られない。このように風景の変化だけではなく、天井には船底を思わせる化粧屋根裏の竹の垂木が。見上げる人たちからも静かなどよめきが上がる。

ちなみにこの月波楼の方向には、書院群がある。とくにその古書院の二の間の正面に、月見台がつくられている。同じく中秋の建物だが、その名だけでなく、桂離宮庭園の敷地のほぼ中心に、正確に設計されていることからも、月見の名所を意識して作られていることがわかる。それらが高床式であるのは、かつてこの庭園に流れる水が桂川に通じているために大雨などで増水した際にも耐えられるように考えられたとのことだ。

桂離宮の「桂」は「月桂」の故事にちなんでつけられた地名のとおりである。庭園は、このように「月見」をメインにしながらも、それぞれに趣向をこらした茶室と書院群がならぶ。

桂離宮は「月の出」の方向をそれぞれ結んだ線が描く三角形と、月見台を中心に描かれる円とが融合した造られかたである。しかしそれだけでなく、茶室や書院、門や庭石のそれぞれに幾何学的デザインが多用されている。「鳥の目」で見る巨大な幾何学と、「虫の目」で見る繊細な幾何学、そして「魚の目」というべき、時代の変化に応じてきめこまかくなされる庭園の手入れや管理も、非常に興味深い。