講師ブログ

2020年7月31日

Q&A, ネット塾, 保護者サポート, 動画添削, 受験, 塾サポート, 大学受験, 講師ブログ, 進路指導, 面談, 高1, 高2, 高校部

勉強“ゼロの日“は”退化”と同じ!入試に必要な科目は「毎日」「全科目」どんなときにも取り組むべし!【高校生指導Q&A vol.22】

こんにちは!真花塾の塾長ヨシカワです。

いよいよ大学受験を本格的に意識するようになった高3生にとって、まさに勝負の夏休みとなります。
いえ、たとえ夏休みでなくたって、受験勉強の原理原則は同じです。

それは、毎日全科目勉強すること!とってもシンプルですね。

えーそんなこと言われたって、学校の予習復習もテスト勉強もあるのに絶対ムリ!!

自分はもうとっくに4月から少しだけど勉強してます。だからこれ以上は無理!厳しすぎ!

夏休みが本格的に始まろうとしているこの時期、私があらためて「毎日全科目だよ」「推薦を受けるなら書類も面接も小論文も含んで全科目だよ」とお話しするたびに、高校生の皆さんは口をそろえてこう言います。

無理・むり・ムリー!!

あまりの回数と大合唱に、もうラップか何かをエンドレスで聞いているのではないかと思えるくらいです(笑)

さて、ここで終わらせないのが真花塾の指導スタイルです。

そもそも皆さん、なぜ自分がそんなにも拒否反応を示してしまうのか落ち着いて考えてみたことはありますか。
自分の感情を自己分析してみる。これが大人の階段を上るということです

1)”毎日、全科目勉強できるのは特別な人だけだ”と思い込んでいる

ここでいう「特別な人」とは、大学受験のための恵まれた環境や状況にある人と考えてください。

とくに現役生が思い描くのは、浪人生や進学校(とくに学習進度が早く、高3では受験対策に特化できる学校)に通う人のことです。

受験に必要な科目はすでにすべて学び終えていて、もちろん部活動もない。
余計な学校行事もなく、ただ毎日ひたすら勉強に打ち込める時間がある・・・。とってもウラヤマシイ!

(こんなことを言いつつ「自分は絶対に浪人はしたくない」と言う人はとても多いですね。なんとも不思議な考えです)

ウラヤマシイなんてことは決してありません。

あなたが学校の勉強や部活動と受験勉強との両立に必死になっているのと同じように、浪人生には浪人生の、進学校なら進学校の苦悩があります。

とくに気をつけていただきたいのが、国公立大志望の受験生
多くの科目数に対応しきれず、科目ごとの勉強時間が偏ってしまいがちです。

「毎日長時間勉強しているけど、そういえばこの科目だけは全然勉強してなかった!」と気づいたときにはすでに手遅れで、志望校変更を余儀なくされるケースもあります。

バランスよく受験科目を勉強するためにも、「毎日」「全科目」を意識してください。

皆さんは、大学受験をめざし学べる環境を、ご家族をはじめとする多くの人から受け取っています。

すでに「大学受験のための恵まれた環境や状況にある人」の仲間入りをしているのです。

現役生にとって、入試に必要のない科目の授業と定期テスト、球技大会などの学校行事、なかなか引退のタイミングがつかめない部活動などには、とくにモヤモヤした思いをもってしまいがちになるでしょう。

でも、それは全国の高3生すべての宿命です。受け入れてください。

明日の行事どうやってさぼろうかな、休んじゃおうかな、仮病を使おうかなとあれこれ考えるくらいならきちんと出席しましょう。

学校で決められたことをさぼり、その時間を受験勉強に充てようとしたからといって、合否に直結することはありません。

やるべきことには誠実に取り組み、その他の1分1秒を惜しんで、一生懸命に勉強しましょう。

2)”賭ける”科目を作ろうとしている

受験勉強はバランスが命です。

「毎日全科目」ともつながってきますが、「この科目は苦手でどうせ点が取れないだろうから、ほかの科目で点数を稼ごう」だとか、「学校のテストではけっこう点が取れている科目があるから、これで勝負したい」といって、やたらと”賭け”に出ようとしている受験生がいますが、とても危険な考え方です。

たとえその1科目がうまくいったとしても、ほかの科目が勉強不足で得点できていないのであれば、やはり合格に届くことはできません。

だから「毎日」「全科目」という毎日の努力が不可欠になります。

高校入試での成功体験がある皆さんは、受験といえば倍率で考えるものだと思い込んでいませんか?

倍率が高いからやめておこう、逆に、低いからきっと合格できるだろうと表面的なデータをもとに判断するのはよくありません。

大学入試でよく念頭に置かなければならないことは、合格最低点です。そして、その最低限必要な得点に到達するための、勉強方法を知ることです。

賭けたがる受験生は共通して、「たぶんできる」「できそう」「得意だと思う」「なんとかなる」という自分の思い込みで動こうとします。

講師に質問したり、アドバイスをきこうとする一方で、自分の感覚や思い込みをまったく疑うことなく、変えよう、変わろうとしないのです。

いくら「自分がわからない問題」を教えてもらってその場での解決ができたところで、自分自身で学習する時間(つまり自習)で、言われた指示を守らなかったり、やってみようとしないのであれば、成長は見込めません。

大学受験において、決して受験生本人が「賭け」に走ってはいけません。

賭けたくなったら、まずは先生に正直にその思いを伝えてください。

もちろん「何を言ってるんだ」「どうしてそんなこと考えるんだ」と叱られるかもしれません。それでいいのです。真剣に叱られてください。

そして、いっしょにあらためて合格するための受験勉強のしかたと、出願大学・学部について話し合いましょう。

3)1つ1つの科目について「長時間、机に向かって取り組まなければならない」と思っている

まとまって長時間、机に向かった姿勢で取り組まなければ”勉強”じゃない!と思い込んでいませんか?

実際は「たとえ数分であっても、毎日取り組むこと」それこそが大事なんです。

ここまでお読みになって、なんだ、それなら「毎日」「全科目」できる!とお気づきになったあなたは、きっと大学受験の成功に近づいています。

勉強は毎日の食事と一緒で、たとえば「日曜日に一週間分を食べて残り6日間を断食して過ごす」ような”食い溜め”はできません。

さらに、勉強はスポーツと一緒で、たとえば「日曜日に7km走って残り6日間まったく走らない」というような練習の偏り、つまり”走り溜め”ができません。

「勉強のし溜め」はやろうと思えばもちろんそうすることはできるのですが、その方法だと大学受験合格はできません。まったくもって効果的ではないのです。

よく皆さんは、「受験勉強ってどうやったらいいいですか」と質問をくれます。

それは、「勉強の努力」を「健康的な食事」「スポーツの効果的な練習方法」に置きかえてみると、すぐに成功のイメージを持つことができると思います。

そう、やっぱり「毎日」「全科目」なんです!

もう一度言います。

皆さん自身の「思い込み」は、大学受験には通用することはありません。

毎日・全科目の勉強を続けましょう。

”今日は勉強できなかった”と言って一日を終えた瞬間、あなたは「退化」します。

”ゼロの日”は退化と同じです。

この、受験合格のための具体的な勉強のしかたを知りたくなったら、いちどお気軽にご相談ください。
一人ひとりにきめこまかくアドバイスいたします。

2020年7月3日

古文, 古文を訪ねる, 真花塾にほん伝統文化プロジェクト, 講師ブログ

城南宮~春の七草と源氏物語「若菜上」

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ

いわずと知れた「春の七草」です。

ここ城南宮では、毎年2月11日、つまり旧暦の1月7日に近くを「城南宮七草粥の日」として、参拝する人々は七草粥をいただくことができます。

春の七草をすらすらと言える人も、なかなか実際に七草すべてを目にする機会は多くないのではないでしょうか。

神前に供えられた七草は、どれも青々として瑞々しさにあふれています。一年の無病息災、延命長寿を願ってこれらの若菜を口にするという風習も、なるほどとうなずけます。

さて、この七草の風習は、『源氏物語』の若菜上の巻にも登場します。

源氏が四十歳を迎えた春、源氏の養女であり、髭黒の大将の正妻となった玉鬘が、源氏に若菜を贈ります。

正月二十三日、子の日なるに、左大将殿の北の方、若菜まゐりたまふ。かねて気色も漏しらたまはで、いといたく忍びて思しまうけたりければ、にはかにて、え諫め返しきこえたまはず。忍びたれど、さばかりの御勢なれば、渡りたまふ儀式など、いと響きことなり。

正月二十三日、その日は子の日なので、左大将殿の北の方(玉鬘)は若菜を差し上げなさる。前もってそのようなそぶりもお見せにならないで、たいそう内密にご準備なさっていたので、突然のことで、それをとがめてご辞退することもおできになれない。内々ではあるが、あれほどのご威勢なので、ご訪問の儀式などは、とても盛大なものだった。

「若菜まゐりたまふ」には「若菜をまゐりたまふ」と格助詞「を」が省略されていますね。さらに、「まゐり」は動詞「参る」の連用形。「参る」は「差し上げる」という意味です。

このように、正月の最初の子の日には、小松を引いたり若菜を摘んだりして、長寿を祈る風習がありました。

若菜とは、食用や薬用になる春の草のことです。いわゆる七草だけでなく、あざみ、さち、せり、わらび、なずな、あおい、よもぎ、たで、すいかん、しば、すずななどの新菜で、食べると若返るとされていました。

このときの源氏のようすは、このように書かれています。

いと若くきよらにて、かく御賀などいふことは、ひが数へにやとおぼゆるさまの、なまめかしく人の親げなくおはします・・・

(源氏は)とても若く気品があって美しく、このように四十の御賀なとということは、年の数え間違いではないかと思われるお姿で、若々しく、子どもがいる親ようには見えないほどでいらっしゃる・・・

さて、受験古文で「重要単語」とされる言葉がいくつかあることに、お気づきでしょうか。

清らなり、ひが〜、覚ゆ、なまめかし、おはします。この機会にぜひ辞書を引いてみてください。現代語とのちがいや、「予想してた意味とはこう違うんだ!」という楽しい発見が、きっとできるのではないかと思います。

この城南宮の「楽水苑」には、源氏物語に登場する花が数多く植えられています。

それというのも、城南宮のあたりは、平安時代後期には院政の拠点である鳥羽離宮が建てられました。白河上皇が光源氏の、四季の庭を備えた絢爛豪華な邸「六条院」に触発されて城南宮の造園を行ったことに、ちなんでいるのだそうです。

『源氏物語』は、多くの人にとって、高校生になって初めて本格的に学ぶものであると思います。高校生になると、古文はすっかり「暗記科目」とほぼ同じ状態になりがちです。

たしかに、作品知識、ことば、文法、和歌、そしていわゆる古文常識・・・。知っておかなければいけないことは山ほどあります。もちろん、源氏物語を学ぶときも同じです。

うぅー覚えることだらけで嫌になっちゃいそう!
イメージが湧かなくてつまらない!

そんなときこそ、ぜひこの城南宮を訪れてみていただきたいと思います。

私も若かりし頃、この神苑を歩きながら「あ、国語便覧で見た遣水ってこれのことか!」と感動したものです。

さらに、「源氏物語の巻名を『桐壺』から『夢の浮橋』まで全部言える」と自慢してくる友達に負けじと、「せーの」で「桐壺」から須磨」あたりまで頑張ってついていったこともよく覚えています。

人は、とくに子どものころや若いころに体験したこと、感動したことは、そう簡単に忘れ去ることができません。皆さんの心のどこかにひっそりとずっと残っていて、ここぞというときにパァっと蘇ってきます。

当然、七草粥の日に若菜を目にすることも、それを味わうことも、きっと皆さんの貴重な体験の一つになりますよ。

2020年6月7日

Q&A, ネット塾, 動画添削, 受験, 塾サポート, 大学受験, 英語, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

【スペシャル講義動画】本気でがんばるあなたに必要な”英語の基本”

”中学のときから英語がニガテ。でも大学受験では何としても克服したい!”

そんなあなたに贈ります。真花塾にて、英語・数学・小論文・現代文を担当しておられる柳田先生からの白熱メッセージです。

2020年6月7日

Q&A, 動画添削, 受験, 塾サポート, 大学受験, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

【必見!スペシャル動画講義】大学受験勉強10大原則

本気で大学合格を目指すなら、毎日の勉強法と自分の意識の改革から!真花塾にて、英語・数学・小論文・現代文を担当しておられる柳田先生からの白熱メッセージです。

2020年5月29日

真花塾にほん伝統文化プロジェクト, 講師ブログ

無鄰菴・山県有朋の“権力”と評価【真花塾にほん伝統文化プロジェクト】

山県有朋は、その生涯を通じて数多くの和歌を残しています。国学を学び和歌にしたしんだ、父の影響をうけたことがきっかけだそうです。
ほかにも漢詩・仕舞・書、さらに作庭という、幅広い趣味を持っていました。この無鄰菴の庭園も、有朋の指示に基づいて、七代目小川治兵衛が手がけた「近代庭園の傑作」と称されるほどのものです。

山県は幕末から明治にかけ、近代日本の政治と軍事に関わった人物ですが、今回、山県について調べていくうちに、彼が「嫌われ者」とみなされていることを知りました。

その根拠のひとつに、同じ国葬であった大隈重信の葬儀は一般の弔問客にあふれていたにもかかわらず、山県有朋のほうは政治家、家族、同郷の者ばかりで閑散としていた、という事実があります。よって、国民から慕われていなかったのだと。

実際、山県の国葬に反対した意見として「山県公は、この民衆政治・政党の発達を阻害したることで世すでに定評がある。いったい山県公はつねに自己の周囲をとりまく人々の言を聞いてこれを信条とし、一般国論・民意を度外して常に耳をおおうた人である」とあります。

自分の浪人時代、ある予備校の先生のテキストのコラムで「人は死んだときに、自分の人生の本当の価値がわかる。いちど自分の葬儀に、どんな人が来て、どんな風に自分を惜しんでもらいたいか考えてみると、今日の過ごし方が自ずと決まる」というような内容を読んだことがあります。

その言葉と相まって、葬儀が閑散としていたという山県有朋は、やはり大衆的ではない人物だったのではと思わせます。

ならば、彼はなにを目指し生きていたのか。

この無鄰菴で庭を歩きながら考えました。もちろんきれいな庭園に茶室、無鄰菴会議が開かれた洋館、そして呈茶(抹茶と和菓子)・・・いま目の前に広がるそれらのどれもが、心に響くものばかりです。

それでもやはり私は、この無鄰菴の主であった山県がどのような人物であったかを知ることに、強い興味を覚えました。

今回、いろいろと調べるなかでとくに印象的だったのは、山県の周りの人物からの、あまりに率直な評価です。まるでどこか、襖ごしに大盛り上がりに聞こえてくる陰口が、じつは自分の知り合いに対しての内容で、決してそのままを肯定したいとは思わないのだけれども、かといって否定できるくらいに外れた悪口というわけではなさそうで、とにかく非常に決まりが悪い。もちらん私は、山県となにかの繋がりがあるわけでもなんでもないのですが、無鄰菴の静けさと大きさと美しさが、その主であった人物と大きくかけ離れたイメージとなり、混乱に近い感覚に陥りました。

一部をご紹介するとこのようなものです。

吉田松陰は、入江文蔵にあてた手紙に、「大見識・大才気の人を待ちて、郡材始めて之が用をなす」と書きました。この手紙のなかで松蔭は、松下村塾の門下生たちの名を挙げています。山県についても、「大見識・大才気」の人物でなく「郡材」の一人であるという内容が読み取れます。

明治天皇は、山県が満州軍総司令官を希望した際、「山県元帥は不適任とは思わないが、あまりにも細かく、且つ鋭い指導をするので軍司令官たちが歓迎しないようだ」と述べられたようです。また、「短慮にして怒り易い」とも。

さらには、「大正天皇は、山県を人間的に嫌っておられたようで彼が参内したときは片っぱしから回りにあるものを下賜して追っぱらおうとされたという」。そして「民衆にとって山県は新らしい時代を作り上げるために邪魔者以外ではなかった」と見方が定着しているようです。「局部に拘泥して大局を達観することができなかったから、総司令官としては適任でなく、むしろ慎重で些細な事柄も見おとさないという点から参謀もしくは副官として適切であった」という評価もあります。

政治記者であった鵜崎鷺城は、「山県有朋の権力は陸軍大臣より重く、参謀総長より大なり。政府と雖も、彼の命に抗する能はず、伊藤の他界するや、軍人殊に山県閥の豪横・驕専、月に日に加わり、今や武断政治の弊その極に違す」と述べています。「山県は股肱腹心の者を自分の周囲におき、これを団結させて自家の勢力の扶植をはかることは、彼が銭財をつむ欲心がもっとも深いのと同じである。山県は客に接するときは必ず羽織・袴をつけ、客が礼服をつけないとその無礼を怒って再び面会しないというほど謹厳であるが、表裏は頗る矛盾している」と、細かい行動についても残しています。

では、ここで山県の自己評価もみてみます。

彼は幼少期、自分に才学があまりないことをすでに自覚していたといいます。「一介の武弁」と劣等感を含めて自己評価しているように、武道で自分の道を切り拓いた一方で、自尊心も実力も自信もないという現実と対峙し続けたといえます。それが結果として「自己の獲得した地位・名声を守るために汲々と努力した」人生に繋がりました。

生涯を通じて権力欲に支配され続けた山県ですが、実際に手にした陸軍と自身の強大な権力は「功罪」となりました。

有名な歴史上の人物は、表面上の逸話の裏に隠されたその人物の本当の人となりや、違った一面が取り上げられることが多いのではないかと思います。また、人生のさまざまな場面で行動や考えに変化が起きていくのがつきものです。

山県のように、こ周囲からの評価や印象がマイナスである程度一貫していて、しかも幼少期の経験と自己評価による影響が晩年まで続いた(と思わせる)行動を取り続けた人物は、きわめて希なことでしょう。仮に政治的信念や目的のため、意図的にそうしていたとしても、です。

もちろん、山県の人物像と政治家、軍人としての側面は必ずしも直結するとは言い切れないでしょう。もし、同じように権力欲の強い人間だったとしても、軍や軍閥と無縁の人物であったならば、彼への評価ももっと複眼的なものになりえたはずです。

私が特筆したいのは、吉田松陰の「郡材の一人」」との評価です。この評価が正しいとすると、内閣総理大臣にまでなった彼は、「権力欲」を持ち、そのまま「郡材」から抜きん出てしまったからこその苦悩や葛藤、矛盾を抱えて生きることとなった。

本来、「郡材」には郡材としての大切な役割があります。おのれの務めと自覚して全うすればもはや”ただの郡材“ではなくなります。それは誰にでもなしうることではありません。彼の欲した「権力」は、「郡材」としての若い頃の自分とはかけ離れたものだったに違いありません。

ときに、私たちは人生において、ずっと自分への評価をされ、自分自身でも自分に評価をし、その評価を気にして生きざるをえません。

「気にする」ということはプラスでもあり、マイナスでもありますが、私たちが苦しむのは、周りからの評価と自己評価の食い違いです。

ですが、自分の受けたい評価を望むあまりに自己演出にかじりついたり、過去にとらわれつづけ、周囲に不安定な自分をぶつけるだけになって健全な思考と行動ができなくなってしまうようでは、その「自己演出」は自分にとって適切ではないでしょう。山県は、自分の過去の受け止め方と自己評価を変えるきっかけをつかめないままに生きて死んだといえるのではないでしょうか。

現代に生きる私たちにとって、周囲から「評価」を受ける経験は、一人前の社会人になるための、いわば通過儀礼です。学生時代は、それはおもに学業成績でしたが、社会に出れば、点数ではないあいまいさをもって評価されます。

自分ではどんなに納得のいかない「評価」も、そのまま受け入れなければならないのが人生です。そして、自分のほしい評価は、自分が変わることによってのみ得られます。たんなるスキルアップだけでなく、心身の充実と向上も必須です。

地球上の生物の長い進化の過程は、周りの環境の変化に対する「適応の歴史」です。

「変わりたくない」「変えたくない」「このままでいたい」「これまでどおりがいい」という稚拙な願いは、「環境に適応できない」「変化に対応できない」ことにつながり、いずれ悲劇的な結末につながりかねません。

ここ無鄰菴で、静寂と東山を借景にした庭園のおおらかさに包まれながら、山県の生き方に思いをはせ、自己と向き合う時間を過ごせました。これからも人生のさまざまなステージにおいて、ふと自分のあり方を見つめなおしたくなったとき、きっとこの場所に訪れるだろうと思います。

オンライン講座
予約はこちら!