ことばは語る

「古典や社会って、いま勉強したって将来なんの役に立つの?」とか、「文学部に行っても就活には不利だ」とか、学生だけでなく、教職にある人間にすらからも聞きます。

年代を問わず、人の発言は、その人自身の経験によって生み出されます。

「なんの役に立つの?」の思考しか持たないということは、その程度の経験や努力しかしてこなかったということです。

「暗記は苦手か得意か」「自分は文系か理系か」といった二者択一の短絡的な主張もしかり。

本当に学びを知った人間は、本人の自覚無自覚に関わらず、それを越えた経験をきちんとしているものです。

何を学んだかではなく、何を得たか、何を得るべきかを語れる学生が、一人でも多く、社会人として成長してほしいと思います。