メールサーバーの不具合で4/1~4/22までの期間にいただいたメールが届いていない可能性がございます。
大変お手数ですが、上記期間にお問い合わせいただいた方は再度お問い合わせいただきますようお願いいたします。

講師ブログ

2018年6月30日

コミュニケーション, 古文, 大学受験, 学び, 講師ブログ, 進路指導, 高1, 高2, 高校部

知識と言霊と勉強サポート

真花塾生徒の服装や日焼けぶりから、夏休みシーズンもそろそろだなと感じます。「休み」という言葉があるのに、学校課題や補習の多さから「全くもって夏休みじゃない!」と、こぼす高校生が多いというのも、塾長先生にとっては「あるあるトーク」ではないでしょうか。学校課題で苦しむこの時期の勉強サポートをいかにして、点数・成績アップに導くか、腕の見せ所だと思います。今回は真花塾における勉強で、私が意識していることを少しお話しいたします。

日本語教育の経験が指導の根幹に

現在は”古文・漢文特化”の塾長をしておりますが、私には日本語教師として日本語学校で勤務し、尊敬する大先輩の先生方とともにお仕事させていただいていたことがあります。その経験は私にとって宝物とも呼べる、とても貴重なものでした。その経験があったからこそ、いまも塾に来てくれる生徒たちに精一杯に、有意義な勉強サポートを行いたいと思う、原動力になっています。ただ知識を教えるだけでは、生徒たちには響かないことも多くあります。どうすれば身につくか常に視点を考えるようにしています。

点数アップのコツはスタイルの違いから

日本語教育の現場では、学生はもちろん海外の方ばかりです。その方にとっては、「私たちの感覚で用いる日本語」は相当難しいものです。日ごろの生活スタイルや風習がまったく違うということも、その要因の一つでしう。よく英語の長文読解のテーマにも取り上げられていますが、例えば私たち日本人が「おいで!おいで!」と手招きをする仕草は、海外では「あっちへ行け!」と追い払う仕草に似ています。これはあくまで一例ですが、あるものごとを教えるのに、自分たちと真逆の考え方の人に、「私たちが普通と考えている」知識や考え方をただ語って、はたして通用するのでしょうか?このことは、実は、子ども一人ひとりを”見る”塾の指導にも共通することが多いのです。

生徒とのコミュニケーションを大事にして目標へ

私は”イエローカード”のサインが見られる生徒の進路指導では、よく「おぬし、それはやばいぜ」トークをすることも知られていますが、ちちょっとしたときの会話を大事にします。何気ない時の素振りや会話から、その子自身の芯にあるものが見え隠れします。そういうものを大切に、よく観察をして、知識が力になってくれるように「仕向ける」ことが私の指導です。

古来、日本では言葉に力が宿ることを信じて、「言霊」という表現が用いられました。私は指導で用いる言葉にこそ、力が宿るように、その子に通じるように、思いを込めて指導ができる塾を目指しています。いまはSNSが普及して、言葉だけのコミュニケーションで誤解を招いてしまい、トラブルも起きることもよくあります。

「言葉」を大事にする勉強こそ、大学受験やテストだけではなく、実社会で必ず役立つと信じています。これから夏休みでさらに忙しくなりますが、「おぬし、このままじゃやばいぜ。落ちてからでは何もかもが遅い」、そんな思いを言霊にするかのように、真花塾は精一杯やっていきます!合格を目指して頑張りたい人、頑張るきっかけが欲しい人、勉強は任せてください!