講師ブログ

2018年9月24日

コミュニケーション, コラム「まことの花」, 学び, 教養講座, 狂言のことばをみんなで読んでみる会

“目からウロコの面白さ”に出会えるイベント【10/10申し込み締め切り】

いつもなら高校生専門に指導するネット塾・真花塾ですが、今回は狂言のことばをみんなで読んでみる会コーディネーターの吉川としてお知らせいたします。

当塾の名前、真花塾の名の由来は、世阿弥の「まことの花」です。一時的な成績のよしあしや他人との点数の比較、受験の不安を振り切り、受験による成功をも飛びこえて、もっと大局的な学びを提供する塾でありたいと、開校当初から考えていました。
その大局的な学びの一つが、次回は10月に行うイベント「狂言のことばをみんなで読んでみる会」です。今回はコーディネーターとしての私の思いを熱く紹介いたします。

ポイント3つ!シンプルだからインパクト大

学びイベントの構想を練っていた時の折、お世話になっている方から狂言という切り口を示していただきました。「台本」をみんなで音読しその「ことば」についての解説を受ける、というシンプルな講座です。小さな小さな、面白いかも?という予感は練るにつれてインパクトがある魅力的なものへと変化を遂げていきました。そして、これまでに実施した会を振り返ってみると・・・これが目からウロコの面白さなんです!大きく3つのポイントをご紹介いたします。

1,目の前で「舞台の声」が聞ける

講師のお一人ある河田圭輔さんは、おもに台詞の音読や舞台上の場面などの「見せ方」を教えてくださいます。

「では私のあとについてご一緒に」

との穏やかな声から一変。台詞の音読は「えーこの声どこから出てくるのー?!」と圧倒され、感動します。そして引っ張られるように、ご参加の方もどんどんいいお声が出てくるんです。こんな体験、ほかではなかなかできません^^
大きな発声はストレス発散効果も!すっきりしますよ~

2,台本の背景の深さに驚き!

おもにストーリーやことばの「背景」を解説してくださるのは、朝原広基さんです。仏教に関する知識、登場人物や当時の人々の暮らしぶりや考え、そして流派による描かれ方の違いなど、とてもわかりやすく解説してくださいます。

ご参加の方々からは、音読の声のほかには「おぉー」「へぇー」「えー!」の歓声の数々(笑)

また、講座にひきつづいて行われる「質疑応答」の時間では、皆さんからの疑問質問、感想に丁寧にお答えくださいます。「そういえば狂言ってテレビでちょっと見た」「あんまり覚えてないけど、そういえば校外学習のときに観に行ったかも」という人たちも、ぜひそのときの記憶もたどりながら、新しい「狂言についての記憶」を重ねてみてください。
そしてイベントの翌日は、誰かにウンチクを語りたくなる(笑)

3,お茶とお菓子も選りすぐり!

真花塾を強力にサポートしてくれるスタッフに、女子大生Nさんがいます。彼女は好奇心旺盛で礼儀正しく、仕事で何が起きても「学べてよかった」「経験できてよかった」と言えるすばらしい感性の持ち主です。当日、受付や茶話会の時間も、にこにこと皆様をおもてなしします。
講座がメインではありますが、この会が皆さんにとっての素敵な交流の場となるべく、お菓子もご参加の方々や講座のテーマに合わせて心をこめて選んでいます。ぜひその趣向も楽しんでいただければと思います。

ご一緒に狂言のことばの世界を味わいましょう。イベント当日の出会いを心よりお待ち申し上げております。
※お申込み締め切りは10/10です。どうぞお早めに!

【真花塾一般向け教養講座 お申込み締め切り迫る!(10/10まで)】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社