メールサーバーの不具合で4/1~4/22までの期間にいただいたメールが届いていない可能性がございます。
大変お手数ですが、上記期間にお問い合わせいただいた方は再度お問い合わせいただきますようお願いいたします。

講師ブログ

2018年2月19日

古文, 大学受験, 講師ブログ, 高1

高1生が挑む“中学の復習”

見た目は大人、頭脳は子ども。その名は・・・俺やん(汗)

古典の学校課題をしながらつぶやいた彼。あたり一面の大爆笑でしたが、あーなるほどなぁと思いました。

風波やまねば、なほ同じ所にとまれり。(土佐日記)

これを現代語訳したいのですが、うーんうーんと、まったくすすみません。

やまねば・・・?とまれり・・・?そう、漢字が思いつかないのです。

「風」「波」ときたら、「やむ」といえば「止む」。
(景色の言葉に引っ張られて「山」と言い出すツワモノもいます)

「とまる」は「泊まる」「泊まる」「留まる」と思いうかぶものですが、注釈に「(きのう同様、船が)」と書いてくれているので、それなら「停泊する」という意味だとなります。
(船が「泊まる」「停まる」の使い分けは、現代語でもごちゃごちゃになりやすいので、そこはご愛嬌)

以上を“一瞬で”“自力で”やれる力が必要です。

なぜなら、古典学習の本当のスタートはここから。接続助詞の「ば」、古語の「なほ」、完了の助動詞の「り」・・・。見た目も頭脳もほんものの「高校生」にならなくちゃ!

さぁ現代語訳。

風と波が止まないので、やはり同じ場所にいる。

「その名は俺やん」と、自分の漢字変換能力のなさを自覚した彼は、漢字検定3級の問題集を買って取り組み始めました。

え、これスタートなんやろ?古典ちゃうんやんな。漢字やばいわ。いまのうちに何とかせんと・・・なぁ先生?

この衝撃の「高校デビュー」を経て、いまの彼があります。

勉強の本質を理解した彼は、公立高校合格で燃え尽きることなく、むしろ中学よりも楽しそうに勉強しています。
校内上位10%をキープしつつ、4月からはいわゆる「受験学年」。

飛躍のきっかけは、たったひとつの「古文の宿題」であり、ささいな「漢字」でした。

でもおろそかにしなかった。初めの一歩で自分に足りないものを見つけ、何をどうすべきか気づいたのです。

あっぱれ^^