講師ブログ

2018年9月27日

コミュニケーション, 学び, 教養講座, 狂言のことばをみんなで読んでみる会, 講師ブログ

好奇心をくすぐる!真花塾は一般教養講座を今後も提供~河田氏との対談ファイナル!

間もなく申し込みを締め切る予定の真花塾主催・一般教養講座第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ曲《仏師》。PR企画の対談イベントも長く続けてまいりましたが、今回が最終回になります。当日の講師であります河田圭輔さんには、今回のインタビュー企画の発案から、真花塾ともども吉川がお世話になりました。今回は、今後の展望についてもお話しさせていただきました。

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申込み10/10まで!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

いままでの対談をふりかえり

Y:私たち、とりあえず、何かしよう!何かしよう!という思いだけで、このイベントを続けていますけど、河田さん、何かご意見はありますか?今後も続けていくにあたって?

K:古典芸能、とくに狂言には現代では感じることが少ないパワーがあると思うんです。だから頭で考えるのではなく、感じてもらえるイベントであり続ければいいと思います。

Y:私は、これから社会に出ていく学生さんや、普段は何かと時間に追われている社会人の方に、人付き合いやコミュニケーションの原点を感じてもらえたら!という気持ちが強いです。狂言には本当に、いろいろな人が言葉でやり取りしていますから。

K:そうですね。狂言には不思議なエネルギーがあって、現代の人にも楽しんでもらえる要素がたくさんあると思います。どんな時代だったの?という好奇心さえあれば、狂言は楽しんでいただけるのでは。

大人も子供も声に出して読むという時間を大切にしてほしい

Y:高校生や中学生の勉強に携わる仕事をしていますが、声に出すっていうことを、最近しない人が多くなっています。だから声に出してセリフを読むというイベントは、とても大事なものだと真花塾は考えています。

K:大人の人も子供も一緒になって、セリフを通してコミュニケーションというものを見直すこと、単純に戦国時代とか昔に思いをはせるきっかけになれば嬉しいですね。

Y:こういう時代でした!ってガイダンス入れながら、セリフをつなげていくことでわけがわからないということはないですしね。河田さん、長い時間、対談に協力していただきありがとうございました。これからも、力をお貸しください!

K:こちらこそ、よろしくお願いします。精いっぱいやらせていただきます。

真花塾は温故知新のイベントを続けていきます

10月中旬に予定している一般教養講座第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ曲《仏師》の申し込みも、間もなく締め切らせていただきます。普段の生活では、なかなかじっくり触れ合うことのない古典芸能の狂言ですが、エネルギーに満ちて、いまを生きる私たちにも役立つものがきっとあるはずです。

有名な言葉に、古きことから新しいことに役立つ気づきを得る意味を示す「温故知新」があります。まさに、そんなイベントを続けていきたいと真花塾代表・吉川は考えています。

普段は高校生をメインとした学生に触れ合うことが多い真花塾ですが、今後も一般教養講座で地域や伝統文化の発展に、少しはお役に立てるよう努めていきたいと思います。7回に分けて行った対談シリーズ、最後までお読みいただきありがとうございました!

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》