メールサーバーの不具合で4/1~4/22までの期間にいただいたメールが届いていない可能性がございます。
大変お手数ですが、上記期間にお問い合わせいただいた方は再度お問い合わせいただきますようお願いいたします。

古文カテゴリー記事の一覧です

2019年4月16日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, 動画添削, 受験, 古文, 塾サポート, 大学受験, 学校の課題, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

10連休は事前準備命の”プレ夏休み”ボーっと生きてんじゃねぇよ!【高校生指導Q&Avol.14】

こんにちは!真花塾 塾長ヨシカワです。

記念すべき令和元年にあたる今年のGW。ほとんどすべての小・中学校、そして高校も10日もの間「授業」はありません。

保護者の方ももちろん塾講師も、もしかすると大学受験勉強を本格化した新高3生たちも、きっと「この10日間どうしたらいいのだろう」と途方に暮れている人も多いでしょう。

かといって、塾も組織であり、塾長先生も講師たちにも「連休」は必要です。NHKのTV番組「チコちゃんにしかられる」では、CG担当さんたちのお休み確保のために、チコちゃんの顔出しを一部やめ、それを逆手に取った面白い演出がされています。

とくに高校生指導についての塾長先生方の目下の不安
1)生徒が10日間“勉強しなくなる”こと
2)“どんな勉強を指示したらよいのか迷う”こと

だと伺っております。

今回はこの2つの「よくあるご質問」にお答えしつつ、この10日間も生徒をしっかりフォローできる事前準備を、ともに考えてまいりましょう!

1)「連休はどこで勉強するのかな?」と勉強場所の決定と確保を促す

塾も学校も「休み」とはいえ、もちろん学校からの連休用課題があるでしょう。宿題はない、としても「自分でやっておきなさい」という学校の先生からの指示は十分に「宿題」に準じます!(「出されていないから勉強できない」という自分都合の拡大解釈には、毅然とした声かけと対応を。)

そのためにはまず「連休中の学校の宿題はどうなりそう?」とこちらからの投げかけが大切です。さらに「部活動の予定」「ご家庭の予定」なども聞いておきます。

→連休中「塾が閉まっている」ならば「どこで勉強すれば集中できるのか」を生徒に話し、「家では集中できない」ならば「工夫すれば家でだって十分に勉強できる」ことを話します。本来、勉強は生徒自身のもの。「連休も先生が塾を開けてくれる」という一時の親切よりも、「家ではできないと思い込んでいたけど、先生のアドバイスを守ったら家でもしっかり勉強できた!」という手ごたえのほうが、一生モノの財産となるでしょう。

2)一度教えた内容、またはその生徒にとって「簡単」なものを「多く」出す。解答解説は必ず配布し、「難しい問題に出会ったらどうするか」を話しておく。

生徒が一人で頑張ると決めたとき、ふつふつと湧き出るやる気と同じくらい気がかりなのが「ほんとに一人で頑張れるかな」という不安です。「頑張ってやれ!」という激励はもちろんですが、「困ったらこうやって調べたり、ここを思い出してみたり、解答解説を音読しなさい。きっとできるものばかり。あなたにはできると思えるものを集めているから、安心してすすめていってね」と話し、あとは生徒それぞれの頑張りを信じます。

→なかには、連休中も生徒とコミュニケーションツールでメッセージのやり取りOK!の塾もあります。でも、依存や甘えは極力排除し、「あなたの不安もつまずきポイントも先回りして指示を出しているから大丈夫だよ。困ったときには遠慮なく連絡してね」くらいにとどめておくとバランスが取れます。

このGWは“プレ夏休み”と位置付け、学校課題の内容と量の特徴を把握し、生活リズムや取り組み姿勢、学習すべき科目や単元の優先順位をつけておくことをおすすめします。とくに高3生は、受験勉強に向け、指導の大きな切り替えを必要とする生徒もいます。

この10連休はチャンスです!

かくいう真花塾も、ネット添削指導塾として、生徒への効果的なLINEメッセージ内容とタイミング、zoom指導でのヒアリング内容など、常に生徒さんそれぞれに応じてさまざまな場面状況を想定して指導をすすめております。提携塾の皆様と力を合わせて、塾長先生との相乗効果を高めていけるよう尽くしてまいります!

2019年4月14日

Q&A, ネット塾, 保護者サポート, 動画添削, 古文, 塾サポート, 大学受験, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

ついでに腹筋も鍛えろ!音読のすすめ【高校生指導Q&Avol.13】

こんにちは。古文漢文ネット指導の真花塾 塾長吉川です。

高校生指導Q&Aも今回で13回目。
いつもお読みいただいている塾長先生方、ありがとうございます!

ネット添削指導には、おもにyoutubeの限定公開をつかっています。
今年度からはさらにzoomというビデオ通話アプリによる対面授業(オプション)でパワーアップ。

対面形式だとこんなこともできちゃいます。

それは・・・生徒の音読が「聞ける」こと!

例えば

ヨシカワ:
よし、自分がこれまで取り組んできた方法で解き終えたんやね!
28分経ってるよ。

高3男子くん:
うーん・・・手ごたえないっす。

ヨシカワ:
そうかー。ほんなら次、何したらいいとおもう?

高3男子くん:
え?

ヨシカワ:
そりゃアナタ、音読

高3男子くん:
え、音読?あ、そうか。じゃあ・・・「福島角座衛門は、生国、播州姫路の者なり」

ヨシカワ:
ううん、解答解説のほう。

高3男子くん:
え、こっちっすか?おぉ。「問題文の概要。あらすじ」(以下非常に長いので略)

10分経過。

その間「この漢字なんて読むんすか」「あ、なんやわかった!」「あぁ・・・噛む」「しんどい」「が切れる」「づまりにはこたえる」など、心の声を発すること数回。がんばれ!

高3男子くん:
おーそうか。わかりました。てか、音読ってめっちゃ集中力要りますね!すげー。

ヨシカワ:
ちなみに続けると腹筋も割れるらしいよ。(ただし根拠薄(‘◇’)ゞ)

高3男子くん:
おぉーがんばります!割りたいっす!(笑) 音読すげー!

※解答解説を熱心に音読する生徒さん、塾長先生もぜひよく観察してみてください^^。
見ても聞いてもとっても面白いですし、成長がつぶさにわかり、保護者の方へのご報告もスムーズになります。
ご本人にとっても、聞いててもらえるというのはうれしいみたいです(^^♪

2019年3月10日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, ビジネスマナー, 保護者サポート, 動画添削, 受験, 古文, 塾サポート, 大学受験, 漢文, 講師ブログ, 進路指導, 面談, 高1, 高2, 高校部

どう選ぶ?動画添削で伸びる生徒、対面形式で伸びる生徒【高校生指導Q&Avol.11】

多くの高校生にとって、「動画」で「添削を受ける」教わり方は初めてではないかと思います。映像授業やPCを使った授業は、いまやあちこちにありますが、真花塾の動画添削では独自のポイントがあります。

動画添削には、ただ「課題を提出する」という通信講座の要素だけではなく、「文字情報」「文章」による講師との上質なコミュニケーションが欠かせません。

オフライン塾なら、「塾で勉強している間」だけの指導であることがほとんどなのですが、古文漢文特化ネット塾「真花塾」では、生徒の希望進路が本当に実現するまで、受験当日の朝、合格発表のその時間まで、「その生徒のためだけ」にきめこまかく対応しています。

今回は真花塾塾長の吉川が、動画添削のご導入を考えておられる塾長先生、そしてすでに指導を開始している生徒さんをお持ちの塾様に、動画添削で伸びる生徒、対面形式の指導のほうが伸びる生徒にはそれぞれどんな特徴があるのか、高校生指導8年目の経験を土台に、率直にお伝えさせていただきます。

1)3行以上のテキストメッセージもムリなく「読める」「書ける」

LINEなどに代表されるスマホを使ったコミュニケーションツールは、手軽でとても便利です。その反面、「短文」「スタンプ」いわゆる「スルー」になじんだ高校生には、講師からの課題送信&取り組み方の指示や、面談日時の設定など、大事な情報までもスルーして、すれ違いを重ねることがあります。

もちろん、新しい指導やコミュニティを受け入れ、自分の糧にできるまでの期間は、人それぞれです。講師も、その生徒の個性に寄り添うように尽くしています。ですが特性として、「文字情報が好きである」ことは必須に近いかもしれません。

もし、「講師とはよく会話が弾んで好印象だけれど、メールやLINE、電話でのやり取りには反応が鈍くなってしまう、またはなんとなく抵抗を感じている」という生徒さんは、オプションのzoom指導をご活用ください。

(添削とどちらをメインとするか、塾長先生と生徒さん、保護者の方と密にご相談させていただくこともできます。)

2)「返事すること」の重要さを知っている
先日、木村拓哉さんが「カゼを引くことは大罪だと思う」というコメントをしていましたが、私はテレビの前で「そうそう、ほんとそうだよ!」と膝を打って叫びました!笑

さまざまにコメンテーターが取り上げていましたが、

木村さんが言いたかったことは、

本来は自分で防げる、または気を配っておけば避けられることだ。やむを得ずカゼで思うような仕事の質にならず、遅滞などに陥った場合、一体誰にどんな悪影響が出てしまうのか想像しなさい。さらに、カゼを引いてしまったのだから自分は悪くない、と言えてしまう状況にあぐらをかけてしまうことへの怖さを知りなさい

ということではないかと私は思いました。

たとえばLINEの場合、手軽で便利で、言いたいことは時間を問わず言えます。その一方で、読みたくないときは読まなくていいし、言いたくないときは言わずに済ますこともできます。

大きな話では、

・決めた出願先と受験日程を知らせない
・面談後に志望変更したことを伝えない
・受験後、何度も聞かれるまで自分から合否すら言わない
など。

その結果、指導内容が受験する大学の傾向とがどんどん合わなくなるという受験シーズンのトラブルがあります。

これについては、とくに塾長先生なら誰もがその怖さをご存じだと思います。

ですが、このような生徒は、そもそも普段から「受け入れたいものしか見ない、受け入れない、返事しない」という強烈な、そして攻撃性のある静かなワガママを何度も続けているのです。

私はこれを「サイレントハラスメント」と呼んで、生徒に話しています。

(教育現場でのハラスメントは、先生から生徒に行われるものだと思われがちですが、実際はほとんどの場合、違うんです…!)

もちろん彼らは、ハラスメントなんてするつもりもなければ、性格も真面目で明るい頑張り屋さんたちです。私もそれはよくよく分かっています。

でもだからこそ、心がけてほしいことがあります。

視野を閉ざして、スルーを続けて、自分の価値を下げてはいけません。信頼されない行動を重ねてはいけません。

講師からの指導内容と自分の「受け入れたいもの」に齟齬があればあるほど、不合格まっしぐらになるのはあなた方です。そのことにあとになって一番苦しんでしまうのも、あなた方なのです。

でも、がんばろうと思っているのに、どうしても、スマホにメッセージが来ることに拒否反応があったり、返事をすることがしんどくてたまらなくなったとしても、それは決してあなたの性格のせいではないのですよ。

そこには、あなたの「文字ではなく実際に口頭で指導してほしい」という本当の望みが隠れているのかもしれません。ですから、決してムリをして動画添削受講を続けてはいけません。遠慮なく正直に伝えてくださいね。

そんなとき、私はまず、真花塾のzoomを使った指導をおすすめをします。それが私の責務だからです。

でも同時に、あなたに合ったオフライン指導塾の探し方もアドバイスします。もしかしたら他の有名映像授業の話もするかもしれません。どんな可能性も、一緒に客観的に探ります。

ですから、視野を閉ざさないでください。

大学受験が本当の意味で成功するかどうかについては、学力や素質を語る前に、素直さです。いつでも素直で正直な、誠実な高校生であってほしいと、心から願います。

2018年9月24日

Q&A, ネット塾, 動画添削, 受験, 古文, 大学受験, 学校の課題, 漢文, 私立大学受験, 講師ブログ, 進路指導, 高校部

ちょっと耳寄り!高校生指導Q&A VOl.1

今年も高校受験にむけて中学生指導も佳境に入っているという塾様も多いと思います。高校受験生の合格に向けて一直線ですね。今回は、高校生コースを開設したばかり、これから開設するという塾様にちょっとしたアドバイスや耳寄り情報などを紹介いたします。

いま教えている高校受験生たちを継続にもっていくことがベスト

多くの塾様で高校生コースをもっている場合、中学3年生がそのまま継続するという流れを上手に作っています。まだ高校生を塾で迎えるときのシステムが不慣れな場合には気心がしれた生徒の方が安心です。難関高校・進学高校の場合、大学受験にむけて新しいスタートが始まります。上手な塾は、大学受験のパターンが多すぎることや、保護者や生徒だけでは高校のインフォメーションだけでは戸惑いが多くなることなど、中学生の段階から小出しに何度も、アプローチを変えつつガイダンスしています。

新高校生あるあるパターン

新中学生に比べて、新高校生は気のゆるみもあり、成績が下がってからようやく、入塾希望や問い合わせがあります。塾の卒業生も例外ではないでしょう。晴れて合格した後の開放感で気がゆるみ、入学式翌日にある実力テストではなんとも惨憺たる結果に。でも、そのころには実は「手遅れ一歩手前」の生徒もちらほら。
高校の授業ペースは早く、人間関係も不安。そして多くの高校は、入学後すぐに進路志望アンケートまで提出を求められます。こういう時にこそ、気心が知れていて、情報発信・アドバイスを小まめにしていた「前の塾の塾長先生」に問い合わせや復塾(入会)希望が出やすくなります。コツは具体的に「大変さを予言する」というスタイルの情報発信を行っていくことです。「あのときの先生の言う通りだった〜」ということに、必ずなります。

最初だからこそ約束事をしっかり

高校生コースはけっして「質問お答え型」にしないことです。いまは便利な学習アプリなどもあります。塾ですることと、自分ですることとの線引きははっきりと提示しておくことがポイントです。「わからないことはきいてね」とアプローチを始めるよりも、何を基に学習するか、学習時間の使い方(スキマ時間の工夫など)、どう情報を集めるのか、どんなアプリが使えるかなど、質問時の約束事をしっかりすることが貴塾・生徒さん両方のメリットとなります。

情報を基にしたコーチングを念頭におく

「生徒に合わせて」といいますが、あくまでもきっちりと塾主導で行うことが重要です。
徹底的な情報分析や、生徒の進路や目標に合わせた情報収取、学習習慣の定着にこだわったコーチングが理想的です。学校課題をしっかり丁寧にこなす方法の徹底と、問題がわからないときの対応の仕方を身につけさせた方が、大学生や社会人になったときにも非常に役に立ちます。意識して適度な距離を保ち「教えすぎない」ということも念頭に置くべきです。

定期テスト・模試の結果は記録する

テストや模試の返却時期を事前に把握し、生徒の成績を受け取り忘れることなどないよう、心掛けることが大事です。「テストを見せて」とあらかじめ伝えておき、その約束事は絶対としてください。中学の定期テストとは質が異なります。点数や点の取り方、偏差値など、指導に役立つ情報がいっぱい詰まっています。順位なども適度に意識させるには、生徒個人の勉強時間などとも照らし合わせて、それを面談材料にしてください。ベテラン塾にはStudyPlusなど学習記録アプリを併用しているところもあります。無料アプリですので、生徒さんにその都度見せてもらうこともできますし、塾契約で塾管理も可能です。塾長先生だけでなく、授業担当の先生も、その生徒の「全科目の勉強の進捗」を確認しておきたいものです。

自習利用を高校生に許可すると教室の空気が変わる

自習室で高校生が勉強するようになると、中学生・小学生ばかりの塾とは違い、明らかに年上の生徒が勉強しているので塾で私語・雑談が減ります。先輩の勉強の仕方を参考にと言う、学習アドバイスにつなげることもできるので高校生の自習利用はオススメです。高校生自身にも、勉強の習慣化というメリットがあります。「自習においで!」という声かけは意識して行った方が良いでしょう。もちろん自習室などの環境・体制も整えることが先決です。

一律のシステムではなく貴塾オリジナルの体制を

いまオンラインでは様々な情報・サービスやツールの類が豊富にあります。高校生指導あるいは塾そのものの経験が少ない塾長先生が、いざネットでいきなり環境を整えようとすると似たり寄ったりの塾さんになってしまう可能性が高いです。そうなってしまえば、個人塾より、大手塾やその地域で長年続けている塾の方が、はじめはどうしても強くなります。

よろしければ、事前に我々にぜひご相談ください。

貴塾のご様子や塾長様のご要望に合わせたサービスやツールの提案やアドバイスをさせていただきます。Facebookメッセンジャーでのお問い合わせフォーム・お電話など、お好きな方法で構いませんので、気楽にお問い合わせください。

その時に最適と思われるサービスや情報を提案させていただきます。どうぞご検討ください。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

2018年9月20日

コミュニケーション, 古文, , 学び, 教養講座, 狂言のことばをみんなで読んでみる会, 講師ブログ

重苦しいイメージの裏側にある真の伝統芸能~河田氏と対談⑤~

これまで狂言や能との違い、時代背景や言葉、役者さんならではの目線など、真花塾の一般教養講座「第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ曲《仏師》」イベントPR企画の対談も、今回を入れて残すところあと3回となりました。お相手の河田圭輔氏には、私、吉川の質問に気さくに答えていただき、本当に感謝しております。第5回目の対談は、伝統芸能のイメージについてお話しいただきました。

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

前回の続き「笑う」ということについて

Y:河田さん、「わーはっはっは」みたいな笑い方、やはり感情のままに、というわけでなはいとのことですが、最初のころは、その笑い方もご指導をうけたりするのですか?

K:そうですね。稽古をしますし、師事いただいています。

Y:具体的には、どのようなアドバイスがあるのですか?

K:大きな声で出す必要はあるけど、不自然にならないように「力を抜け」というようなことはいわれますね。

重苦しいイメージとは対照的にリラックスが大事

Y:あとは、それぞれの型みたいな感覚になるのですか?

K:時代は違うけど、人間のリアリティみたいなものを表現するので、不自然さを出さないためにはリラックスすることをアドバイスいただきますね。本番でも緊張はもちろんしますが、いかに自然体で行えるかが大事になります。

Y:じゃあ、緊張している間は、まだまだ未熟という感じになるのですか?

K:そうですね。

Y:仕舞や日舞などでも同じようなお話を伺いますが、そうなると「緊張しました」というコメントは、もしかしたら本来はほめてあげられるものではないのかもしれませんね。「まだ緊張してんの?」って(笑)

K:(笑)。緊張しているのは一生懸命な証だとは思うのですが、役者や何かで人前に立つには、さらにもう一歩こえないといけない境地みたいなものがあるかもしれません。

誰でもイベント参加可能!狂言のセリフは対話することが大事

Y:イベント当日なんですけど、狂言という伝統芸能に参加することに腰が引けてしまうというご意見と、参加しても大丈夫ですか?という問い合わせもあるのですが、これについてはいかがでしょうか。

K:難しく考えないで、台本を複数人で読むという楽しいイベントだと思って、ぜひお気軽にいらしてほしいです。ただ読むというより、数人でセリフのトーク(やりとり)を実際に行うという感じです。おしゃべりが好き、お笑い話が好き!という方にとって、とくに楽しめるのはないかと思います!

Y:なるほど!難しく考えずに、会話すという感覚を参加される全員で楽しめばいいわけですね。

一般教養講座は、力強く生きてこられた先人たちの痕跡を狂言というスタイルを通して再現するものです。会話や笑いを通して、日常生活を見直すきっかけになれば?と真花塾は考えております。今後も定期的に続いていく一般教養講座について、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

2018年9月14日

古文, 古文を訪ねる, 学び, 教養講座, 狂言のことばをみんなで読んでみる会

11月1日は古典の”記念日”

高校生や一般の方・大学生の方など、古典の情報発信を真花塾は心掛けております。開校当初から、先人たちが現代にまでつなげてきた文化や伝統のリレーを絶やしたくないという思いを持ち続け、いまがあります。そのため、受験古典の指導者の身ではありますが、真花塾代表の吉川も定期的に古典や古典芸能のなどの情報収集に努めています。今回は私が近々参加する予定のイベントいついて、少し紹介いたします。

ご存知ですか?11月1日は「古典の日」

いまではコンピューターを始めとするITが普及したことで、さまざまな史実がいつ起きたのか、それはどんな日だったのかなどを、正確に知ることができます。何気なく過ごしているような365日も、歴史をたどると毎日「何かの日」ということになります。
11月1日は古典の日と呼ばれることもあります。紫式部の記録に、11月1日に『源氏物語』に関する記載があったことが端を発しているようです。また11月1日には、教育の日だともされています。学びの秋さながら、この日は学びにあふれている日と言えるのかもしれません。

11月1日に古典フォーラムが京都で開催

歴史的な建造物や人物にまつわる事柄多い関西エリア。イベントも多く行われています。今年も京都では「古典フォーラム」が開催されます。無料で参加もしやすく。誰もが和歌や古典文学、または、そのゆかりの場所に関する講演を聞くことが出来ます。文化的な意味合いが多い11月1日、足を運んでみる価値が大いにあります。古典の重要性を日ごろから口にしている私からしても、とても興味深いフォーラムで、今年こそはと参加することを決めました。

「いま」という日の土台を振り返りませんか?

仏教的な思想にもよるのではと思いますが、生きるということは命のリレーが続いていることの証なのだと言われることもあります。もしなにかの理由で、それが途中で途切れてしまったら、いまの私たちは存在していません。いまの私たちに繋がっている一日一日の繰り返しをたどっていくと、かならずさまざまな、歴史上で話題になった時代にぶつかります。その過去の一日の積み重なりにより、古典芸能は生まれました。いまの私たちのご先祖様が目にし、耳にしたであろう文学や作品に触れることが出来る一日として、11月1日を迎えるのもよいと思います。

今回は真花塾の吉川が古典イベントの一つを紹介させていただきました。ちなみに当塾では、一般向け古典教養講座を定期開催中です。詳細は以下をご覧ください^^

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社