漢文カテゴリー記事の一覧です

2018年9月24日

Q&A, ネット塾, 動画添削, 受験, 古文, 大学受験, 学校の課題, 漢文, 私立大学受験, 講師ブログ, 進路指導, 高校部

ちょっと耳寄り!高校生指導Q&A VOl.1

今年も高校受験にむけて中学生指導も佳境に入っているという塾様も多いと思います。高校受験生の合格に向けて一直線ですね。今回は、高校生コースを開設したばかり、これから開設するという塾様にちょっとしたアドバイスや耳寄り情報などを紹介いたします。

いま教えている高校受験生たちを継続にもっていくことがベスト

多くの塾様で高校生コースをもっている場合、中学3年生がそのまま継続するという流れを上手に作っています。まだ高校生を塾で迎えるときのシステムが不慣れな場合には気心がしれた生徒の方が安心です。難関高校・進学高校の場合、大学受験にむけて新しいスタートが始まります。上手な塾は、大学受験のパターンが多すぎることや、保護者や生徒だけでは高校のインフォメーションだけでは戸惑いが多くなることなど、中学生の段階から小出しに何度も、アプローチを変えつつガイダンスしています。

新高校生あるあるパターン

新中学生に比べて、新高校生は気のゆるみもあり、成績が下がってからようやく、入塾希望や問い合わせがあります。塾の卒業生も例外ではないでしょう。晴れて合格した後の開放感で気がゆるみ、入学式翌日にある実力テストではなんとも惨憺たる結果に。でも、そのころには実は「手遅れ一歩手前」の生徒もちらほら。
高校の授業ペースは早く、人間関係も不安。そして多くの高校は、入学後すぐに進路志望アンケートまで提出を求められます。こういう時にこそ、気心が知れていて、情報発信・アドバイスを小まめにしていた「前の塾の塾長先生」に問い合わせや復塾(入会)希望が出やすくなります。コツは具体的に「大変さを予言する」というスタイルの情報発信を行っていくことです。「あのときの先生の言う通りだった〜」ということに、必ずなります。

最初だからこそ約束事をしっかり

高校生コースはけっして「質問お答え型」にしないことです。いまは便利な学習アプリなどもあります。塾ですることと、自分ですることとの線引きははっきりと提示しておくことがポイントです。「わからないことはきいてね」とアプローチを始めるよりも、何を基に学習するか、学習時間の使い方(スキマ時間の工夫など)、どう情報を集めるのか、どんなアプリが使えるかなど、質問時の約束事をしっかりすることが貴塾・生徒さん両方のメリットとなります。

情報を基にしたコーチングを念頭におく

「生徒に合わせて」といいますが、あくまでもきっちりと塾主導で行うことが重要です。
徹底的な情報分析や、生徒の進路や目標に合わせた情報収取、学習習慣の定着にこだわったコーチングが理想的です。学校課題をしっかり丁寧にこなす方法の徹底と、問題がわからないときの対応の仕方を身につけさせた方が、大学生や社会人になったときにも非常に役に立ちます。意識して適度な距離を保ち「教えすぎない」ということも念頭に置くべきです。

定期テスト・模試の結果は記録する

テストや模試の返却時期を事前に把握し、生徒の成績を受け取り忘れることなどないよう、心掛けることが大事です。「テストを見せて」とあらかじめ伝えておき、その約束事は絶対としてください。中学の定期テストとは質が異なります。点数や点の取り方、偏差値など、指導に役立つ情報がいっぱい詰まっています。順位なども適度に意識させるには、生徒個人の勉強時間などとも照らし合わせて、それを面談材料にしてください。ベテラン塾にはStudyPlusなど学習記録アプリを併用しているところもあります。無料アプリですので、生徒さんにその都度見せてもらうこともできますし、塾契約で塾管理も可能です。塾長先生だけでなく、授業担当の先生も、その生徒の「全科目の勉強の進捗」を確認しておきたいものです。

自習利用を高校生に許可すると教室の空気が変わる

自習室で高校生が勉強するようになると、中学生・小学生ばかりの塾とは違い、明らかに年上の生徒が勉強しているので塾で私語・雑談が減ります。先輩の勉強の仕方を参考にと言う、学習アドバイスにつなげることもできるので高校生の自習利用はオススメです。高校生自身にも、勉強の習慣化というメリットがあります。「自習においで!」という声かけは意識して行った方が良いでしょう。もちろん自習室などの環境・体制も整えることが先決です。

一律のシステムではなく貴塾オリジナルの体制を

いまオンラインでは様々な情報・サービスやツールの類が豊富にあります。高校生指導あるいは塾そのものの経験が少ない塾長先生が、いざネットでいきなり環境を整えようとすると似たり寄ったりの塾さんになってしまう可能性が高いです。そうなってしまえば、個人塾より、大手塾やその地域で長年続けている塾の方が、はじめはどうしても強くなります。

よろしければ、事前に我々にぜひご相談ください。

貴塾のご様子や塾長様のご要望に合わせたサービスやツールの提案やアドバイスをさせていただきます。Facebookメッセンジャーでのお問い合わせフォーム・お電話など、お好きな方法で構いませんので、気楽にお問い合わせください。

その時に最適と思われるサービスや情報を提案させていただきます。どうぞご検討ください。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

2018年9月15日

学校の課題, 漢文, 講師ブログ, 高2, 高校部

定期テスト対策!『史記』「鴻門之会」問題の予想

蒸し暑かった日々もすこし秋めいて、勉学に集中する高校生たちが真花塾でも目立ちます。10月に入ると中間テストもあり、定期テスト対策でバタバタする高校生が珍しくありません。
そういうときこそ、真花塾はみなさんをサポートするべく、キッチリ指導やアドバイスを行いたいと考えております^^今回は勉強で苦戦する高校生が多い史記の『鴻門之会』について紹介いたします。

いまさらだけど『史記』「鴻門之会」って?

いまは昔、中国が秦と呼ばれていた時の話です。秦(しん)の始皇帝の死後、中国各地で反乱が起きました。
さまざまな者が、次の皇帝の座を狙って、反乱を起こし、反乱軍を指揮していました。その皇帝の座を狙う者たちの中に、有名な項羽(こうう)と劉邦(りゅうほう)がいました。
二人は同じ反乱軍に属していましたが、戦の最中に占領の順番でトラブルが発生し、友軍同士で戦いに発展しそうになります。

この時点では、劉邦の軍勢よりも、項羽の軍勢のほうが強大です。
そのため、もし項羽軍によって劉邦軍がこれから本格的に攻めこまれたら、劉邦軍に勝ち目はありません。
さらに、お互いの陣営には、そのバトルを望まないものがいました。項羽の親戚の項伯(こうはく)も、その一人でした。
彼は劉邦軍にいる張良と親しい関係でしたので、項羽軍の劉邦軍への侵攻計画を張良に伝えることにしました。

この緊急の知らせを聞いた劉邦は、さっそく、和睦(わぼく)の申し入れをします。そして、項伯は、その劉邦からの申し出を項羽に伝えました。その後、劉邦が停戦のため、項羽に面会を申し込み、そして鴻門(こうもん)にて、ある日の朝、項羽と劉邦との面会が始まります。その模様について、詳しく述べられているのが史記『鴻門之会』です。この流れを頭において、話を読み進めないと、暗殺のはかりごとや、殺生沙汰を望まない忠臣の存在などわけがわからなくなります。

スケールの大きい「鴻門之会」もきちんと分かれば漢文の実力者に!

この「鴻門之会」は文章が長く、たとえ現代文や英語の長文に慣れているような高校生でも、かなり苦戦します。教科書でも、「剣の舞」として場面を限定していると思います。

ここをしっかり読み切ることができる高校生の皆さんは、普段からバランスよい勉強をされていると思います。そうでない高校生の皆さんは(^^♪、いまからしっかりポイントを考えながら勉強をしましょう。ここで、そのポイントを真花塾が紹介します。

「鴻門之会」の登場人物をおさえよう

「沛公」(はいこう) = 「劉邦」(りゅうほう)
この話は、将来、天下を取りたいと願う項羽の道を阻むであろう「沛公」(はいこう) = 「劉邦」(りゅうほう)を暗殺する動きを追う話という認識が大事です。

「項王」(こうおう) = 項羽(こうう)
劉邦のライバルと言えば、項羽ですが、じっさいのところ、今回の暗殺に彼自身は興味ありません。あくまでも参謀や家臣が、劉邦の命を狙っているのです。

劉邦を殺したい人
范増(項羽の参謀)、項荘(項羽の従弟で武将)

劉邦を守りたい人
張良(劉邦の部下)、項伯(項羽の部下だけど、劉邦に命を助けられた過去があり、恩義を感じている)

この6人の描写をしっかりおさえましょう!

昔の時代にもパワーシート?方角にも注意!

現代でも車や食事の場所では、目上の方・ゲストなど敬う方を優先とする考え方、交渉に最適な場所「パワーシート」という考え方があります。古い時代でも同じで

席のおきかたは、主従であれば北が主人(えらい人)、南が従(部下・目下のもの)であり、
主客であれば東が主(ホスト…へりくだる人)、西が客(ゲスト…敬う人)という考え方が一般的です。

高校生の皆さんには、改めて座り方をチェックしてほしいです。

鴻門の会における席の構図を読みとってみると、項羽が西に座り叔父の項伯がそれと並び、次の席次の北には項羽の部下である范増が座り、命を狙われている沛公は三番目の南に座り、沛公の部下である張良は最後の末席の東に座ったことがわかります。

この座り方は、項羽の側が沛公よりも優位にあることを視覚的に示したものであったことになります。対等の条件で話し合い、仲直りする場ですが、いろいろな思惑が働いています。

例えば、項羽はバトルのきっかけになったトラブルの誤解を理解して、劉邦を許そうとしています。しかし後に劉邦が危険人物となる可能性を感じ、今回の会談で暗殺したいと主張しているのは参謀である范増なんです。

そのため范増はいろいろ、イライラするようなことをやっていますよ。部下の家族を人質に暗殺を命じたり、早く殺せと目くばせしたり、なかなかのツワモノです(笑)

さあ、そんな状況で、いかに劉邦がピンチを脱するのか?

彼の周囲にいる部下や武将、恩義を感じる項伯がどうするのか丁寧にチェックしてくださいませ。

『鴻門之会』の定期テスト出題ポイント

高校生の皆さんにおさえてほしいポイントを紹介します。

一、なぜ沛公は項羽のもとに謝りに来たのか?
二、於レ是、何-如、今-者、即、遂、尽、賜ヘ、の漢字の読みを送り仮名も含めて答えよ。
三、沛公北嚮シテ坐シということは、沛公はどこに座ったのか、東・西・南・北で答えよ
四、范増がおこなったこと
五、項伯がおこなったこと
六、後に登場する樊噲の言葉「而ルニ聴二キテ細説一ヲ、欲レス誅二セント有功之人一ヲ」の意味とその理由

以上のことを押さえて、音読することから取り組んでみてください。

今回は高校生専門のネット塾・真花塾が史記「鴻門之」』について、読み進める際の考え方やポイントを紹介しました。古文・漢文の勉強なら、真花塾がサポートいたします。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

2018年9月13日

ネット塾, 中学部, 動画添削, 古文, 漢字変換能力, 漢文, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

国語読解力アップの「いろは」は漢字から?

先日、国語指導で高名な出口汪先生のセミナーに参加し、お話を伺いました。長年多くの学生に携わり、言葉の重要性を説くお姿は、いつお見かけしても「私はもっと頑張らねば!」という気にさせてくださいます。今回は真花塾が考える国語の勉強、読解力のポイントについて紹介させていただきます。

語彙力こそが読解のクオリティアップのカギ

先日のセミナーでも取り上げられていましたが、勉強にとって欠かせない要素は、なにをおいても読解です。読解は、ベースとなる基礎知識や語彙力がものを言います。特に漢字の語彙をおろそかにしては危険です。読解の確かな力があれば、勉学以外の場面でも(たとえば日常勝においても、仕事でも)正確に情報を吸収することもできるし、もちろん小中高生のみなさんにとっては、設問を解く際の冷静な判断につなげることも可能です。その恩恵は教科を選ばないということも、間違いないでしょう。

いま一番注目すべきは「漢字変換能力」

真花塾で古文漢文の勉強の始める中学生、高校生に、いつもいつも言っているのは「漢字変換能力」です。

これこそ独自の語彙ですが、当塾では
古文では「ひらがな表記の語彙をいかに適切な漢字語彙に変換するか」
漢文では「その漢字から作れる漢字熟語の中からいかに文脈に沿った適切なものに変換するか」
という力のことを、漢字変換能力と呼称しています。

一時期は漢検ブームなど流行していたのですが、最近は漢字が得意、好き!というこどもたちはだんだん少なくなってきてきます。もし「好き」「得意」という人がいても、それはただ漢字を覚えている、ということに過ぎないことも多々あります。

脳科学的な側面から考えてみると、彼らが漢字をどうも絵文字のようにとらえて、「形を正確に書けること=できること」だと感じていることに起因するのではないかと思います。

漢字テストも「読む」「書く」が中心で、その熟語や語彙の意味までを問うものは、とくに小学生低学年向けにはなかなかありません。

ちなみに、私のおすすめする漢字練習に最適なテキストは
・水王舎『出口先生の頭がよくなる漢字』シリーズ
・奨学社『ハイレベ100小学〇年』の漢字シリーズ
です。

読解に力を入れている塾さんでは鉄板テキストですが、やはり漢字学習(それも教科書で扱われる以上の読みや語彙)といえばコチラです。!

いかん話がそれてる(笑)、お話を戻しましょう。

真花塾オリジナルの指導法「いろはうた」の品詞分解

古文学習のはじめの一歩で、真花塾が中高生にいつもやっていただいているのは「いろはうた」の品詞分解です。 「きいたことある」レベルの人が多いかと思いますが、この「いろはうた」は使い方次第で、とてつもない効果を発揮するのです。

いろはにほへと
ちりぬるを
わかよたれそ
つねならむ
うゐのおくやま
けふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす(ん)

これ、実はれっきとした古文の文章なんですよ。すごいでしょ?(知ってる方はご勘弁)

例えば・・・

いろ=色
にほへ=匂へ
ちり=散り

色がきれいで散りゆくものは、花、ですね?
ではたねあかしを・・・と言いたいところですが、

すみません、ここから先の指導は企業秘密です!お問い合わせはコチラまで(笑)

音・耳・目・気持ち・・・全身で学ぶ

「いろはうた」を筆頭に、真花塾は、生徒さんひとりひとりのこれまでの古文の学習状況を考えて、いろいろな切り口で楽しく古文を攻めてます。中にはそのうちすっかり「いろはうた」にハマった高校生もいて、それに秘められた仏教観についても紹介し、意見を交わしています。

でもそのはじめも、やはり「漢字変換能力」なのです。

漢字、あなどるべからず。

語彙を大切に、徹底的に!

そして古文を、日本語を、ぜひ私と楽しみましょう!

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》