高1カテゴリー記事の一覧です

2020年6月7日

Q&A, ネット塾, 動画添削, 受験, 塾サポート, 大学受験, 英語, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

【スペシャル講義動画】本気でがんばるあなたに必要な”英語の基本”

”中学のときから英語がニガテ。でも大学受験では何としても克服したい!”

そんなあなたに贈ります。真花塾にて、英語・数学・小論文・現代文を担当しておられる柳田先生からの白熱メッセージです。

2020年6月7日

Q&A, 動画添削, 受験, 塾サポート, 大学受験, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

【必見!スペシャル動画講義】大学受験勉強10大原則

本気で大学合格を目指すなら、毎日の勉強法と自分の意識の改革から!真花塾にて、英語・数学・小論文・現代文を担当しておられる柳田先生からの白熱メッセージです。

2020年5月2日

Q&A, ニュース, ネット塾, 塾サポート, 大学受験, 学校の課題, 推薦入試, 講師ブログ, 進路指導, 面談, 高1, 高2, 高校部

【最新お知らせ】真花塾に”英語・数学・現代文・小論文”が仲間入り!

古文漢文特化のオンライン塾「真花塾」において、みなさんの大学受験合格を強力にサポートする”他科目部門”がスタートしました!

https://sanakajyuku.com/othersubject/

難関大合格(医学部含む)を心から志望する、ホンキの高校生や中高一貫校の中学生は必見!

2020年4月27日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, 動画添削, 受験, 古文, 塾サポート, 大学受験, 学び, 学校の課題, 講師ブログ, 進路指導, 高1, 高2, 高校部

“あなたのためだけ”の動画添削を受けるその前に【高校生指導Q&A vol.21】

こんにちは。真花塾塾長の吉川です。2020年4月現在、オンライン授業が普及し、自宅にいながらにして勉強に集中できる環境がめざましく整いつつあります。

大学受験合格を目標とする場合だけでなく、不安なく学校の勉強の予習や宿題の質問をしたいみなさんにとっても、オンラインは強い味方になってくれます。

真花塾では、オンラインで顔を合わせて授業をするのは、実は「オプション」となっています。メインは動画添削です。講師はあなたのためだけに動画を作ります。学校の宿題、学校内容、そして本当に必要な大学受験サポートは、あなたのために作った動画での解説と声かけが一番だと考えています。

みなさんにとっては、YouTubeといえば気分転換や遊びのものという意識があるかもしれませんね。実際YouTubeで「勉強」と検索してみると、ルーティン動画や勉強のしかたについての動画が多いです。

ただ、興味深くてためになる情報はたくさんあっても、いま本当に自分が知りたいと思っている勉強単元についてや、宿題内容の解き方についての動画はなかなか見つからないのではないでしょうか。そんなときにも、大学受験指導のプロの手による動画添削があれば大丈夫。

ここで、おっ動画添削ってなんかすごそう!と思ったあなた、ここで少し一緒に確認させていただきたいことがあります。

1)勉強はあなたにとって大切なものですか

“あったり前じゃないか!だってテストもあるし受験もある。大切に決まってるじゃん!”

そうですね。中学生高校生のみなさんにとって、学校生活はいまある人生そのものです。

ただし、その「当たり前」を本当に心から、みなさん自身が望む必要があることを忘れないでください。まして動画添削は、講師がみなさんのそばで「ペンを持って書けているか」「解説にしっかりと耳を傾けているか」という確認はできません。

いくらいい勉強環境を手に入れたとしても、実際に行動するのはあなた自身です。自分自身で勉強の高みに上ろうとしているのだという強い思いと誇りをいつも心にとどめましょう。それが必ずホンモノの自信につながります。

★「大学くらい出ないといけないと家族に言われたから」「〇〇大学くらい出ないと就職がないから」というちっぽけな思い込みにとらわれている方は、もう一度よく「自分の勉強する意味」を考え直してから、ご受講を開始してください。大学は高度な学問を追及するところです。「いいところに就職するための保証機関」ではけっしてありません。

2)講師からのコミュニケーションにていねいに応えられますか

LINEやメールは好きですか。3文以上のメッセージも最後まで集中して読めますか。私たち大人が、若い皆さんにぜひ身につけていただきたいのは、文字を使ったメッセージに強くなれることです。

あなただけの添削動画は、LINEまたはメールでお届けします。また、皆さんからの質問や課題の提出もやはりLINEかメールです。

とても不思議なことなんですが、文字によるコミュニケーション(や画面を通したコミュニケーション)は、直接会ってお話しするときよりも、人の“よくない面”を如実に映し出してしまいます。こういった意味では、直接会って講師から授業を受けるほうが何倍も「優しい指導」になるでしょう。

例えば、このような場合、皆さんが自分で思っている以上に、講師への印象は悪くなります。(何回もすれ違いを重ねた結果、指導に支障をきたし、ともに勉強をつづけることが難しくなることもあります。)

・課題や質問を提出するときに「お願いします」と文字で伝える習慣がない

・動画や解答を受け取ったときに「ありがとうございます」と文字で伝える習慣がない

・講師からの「さきほどの説明で納得できますか(わかりますか)」というメッセージに返事しない

・提出期限に遅れたときに「遅くなってすみません。実は・・・」と事情を説明することができない

・電話連絡やオンライン面談の、いちど話し合って決めた日時を何度も変更する。または約束の時間をすっかり忘れている。

★デジタルツールを使いこなすのは人間です。画面の中のつながりであっても、講師はいつもがんばるあなたのことを気にかけ、常に準備をしています。この、ごく当たり前の現実に気づけない皆さんではないはずです。ともに志望大学合格に向けて歩むための、ゆるぎない信頼関係を構築していけたらと心より願います。

2020年4月12日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, 動画添削, 古文, 塾サポート, 大学受験, 講師ブログ, 進路指導, 面談, 高1, 高2, 高校部

2020年に新たにオンライン授業を導入する個別指導塾の先生へ【高校生指導Q&A vol.20】

まさかこんなことになるなんて・・・!と誰もが思う2020年が始まったわけですが、大きな変化に戸惑うのは生徒と保護者も同じです。

(逆説的にあえて「同じ」と申し上げます。どんな人にとっても未曾有の状況であることに変わりはありません)

さて、今回は動画添削&オンラインにて、古典に特化して大学合格指導をして3年目になる真花塾の吉川が、自分の経験を振り返りつつ、オンラインでの生徒指導を成功させるちょっとしたポイントをお伝えしたいと思います。

1)画面とメッセージで伝えきれないからこそ言葉を尽くす

オンラインの導入に踏み切るのを躊躇される先生方は、きまって「メールやLINEだけではこちらの意図もちゃんと伝わらないし、講師がいないのに生徒がちゃんと勉強をがんばっているのかも疑わしいし、しっかり理解できているのかもわからないですよね?」とおっしゃいます。

はい、その通りです。講師の目の前ですべて完結する対面授業とは異なりますから、まさにおっしゃるとおりです。だからこそプラスαで、創意工夫を積み重ねていくのが「プロ講師によるほんもののオンライン指導」です。

対面授業では、「ちゃんと」「しっかり」という感覚的な判断は、見守っている我々講師に委ねられました。「ちゃんとやりなさい」というあいまいな指示であっても、生徒のほうがその意図を汲んでくれていた、と考えることもできるのではないでしょうか。

(ものの本で、「副詞や擬態語ばかりを使って相手を指導しようというのは指導とはいえない」という内容を読んだことがあります。)

オンラインでは、そのあいまいさを払拭し、細かすぎるほど言葉をていねいに正確に駆使して、相手に自分の意図を届かせる必要があります。

例)

・いまは前の画面を見ててね。なんて書いてるか、読み上げてみてくれる?

・お手元にテキストはあるかな?◯ページを開けてね。

・この「大問1」は見えるかな?

・いまは青ペンを持ってノートに書き込んでね。書き終わったら「終わったよ」って知らせてね。

など。

「生徒がしゃべってくれるだろう」「返事してれるだろう」という安易な考えは通用しません。生徒だって画面越しに緊張しています。

気心の知れた生徒であっても、オンラインではオンラインの、新たな信頼関係を構築しないといけません。対面授業のように、勝手にしゃべり出してくれることはほぼありません。

また、問題と宿題のやりとりをする上で、メールやLINEでの文字でのコミュニケーションもおそらく増えます。(先生方のスタイルによる部分もありますので、必ずというわけではありません)

そんなときも、長文や書き言葉に不慣れな生徒たちに向けて、必ず「届く」「読んでもらえる」ように工夫してメッセージを送ることが大切です。

ポイント

・冒頭では必ずほめる、または「ありがとう」と伝える

例)宿題提出を確認しました。見やすく写真を撮ってくれましたね!ありがとう。

・返事がほしいときははっきりと書く

例)授業のながれを組み立てたいので、赤ペンで上書きしている「問題1」について質問があるかどうか、聞かせてください。明日の18時からの授業までに、準備をします。すみませんが、明日の16時までにお返事ください。お願いします。

・文面ではできる限りストレートには叱らない。

例)原稿用紙のマス目から思いっきりはみ出てしまっている字は、きっと小論文試験本番でも、大学の先生は読みづらく思うはずです。受験当日まではまだ数ヶ月ありますが、いまのうちから練習しましょう。せっかく提出してくれたのですが、はみ出た部分だけでも書き直して、もう一度メール添付してもらえませんか?今日の20時までにお願いできるととても助かります!

2)授業時間内で“プチ面談“を必ずする

幸いなことに、オンライン授業はご家族がご在宅中であることもほとんどです。お皿を洗うなどの家事をしながら、リビングでお子様と一緒に授業を聞いてくださっています。進路指導や学習アドバイスをする上で、非常に心強い状況です!

例)

・そういえば先月は◯△高校に興味があるって教えてくれていたけど、あれから何か気持ちが変わったことはある?

・毎日単語を覚える!と話してくれていたけど、いまも続いてる?今日は何番から何番の単語を覚える予定?

・明日は自習の日だけど、その時間でどの教科の、どんな本の何ページを勉強するか、予定は決めてあるかな?

ご家族もきっと一緒にお考えいただけますし、場合によってはそのまま保護者の方も画面にお顔を出していただけて、面談することができます。オンラインならではですが、ネット上にある情報やPC内にある資料をそのまま画面共有して、進路指導につなげることもできます。

3)講師がリズムよく話せばあっと言う間!に授業が終わる

「あっという間!」というのは「授業時間が短い」こととは違います。画面ごしに話すのは、それだけでとても体力を使います。80分授業がベースにあるとしても、その時間を守ることにこだわりすぎると長続きしない小中学生がいます。授業時間の柔軟な調整は不可欠です。

さらに、その濃密な授業時間を楽しんでもらうために必要なのはリズムです。序破急を意識しましょう。いつもの個別指導で話すペースの⒈2倍速で、間延びせずに話すことが大切です。一方で、生徒が考えている時間はたっぷり待つ。この使い分けがポイントになります。

気分はYouTuberです。多少大きな身振り手振り(顔を近くで手を広げて指を折りながら数を示すなど)でも、相手を不快にさせることはありませんので、講師側のエネルギーを満タンにして画面から生徒に言葉のビームを届けるような、明るく強い雰囲気を演出できると最高です!

2019年11月22日

ネット塾, 動画添削, 受験, 古文, 塾サポート, 大学受験, 学校の課題, 講師ブログ, 進路指導, 高1, 高2, 高校部

“また塾に通おう”も大歓迎!高3国語7月記述模試 学年1位になれる古典勉強のヒミツ

無事に高校合格した直後の生徒たちは、入学先の高校からしっかりと宿題を出されます。本当にお祝いモードで遊べるのは、ほんのわずかな時間のみ。高校進学は“勉強するために自分で選んだ進路なのだ”と、いきなり再確認させられます。

さらに、入学後もやるべきことが盛りだくさん。週末課題、提出する問題集、授業の宿題と予習と復習。さらには小テストの勉強もあります。

このように、毎日求められる標準的な勉強時間が、中学生だったころよりも格段に長くなります。プラスして部活動やアルバイトをしたり、友達や家族と遊びに行きたいとなると、もう一日が24時間じゃとても足りない!

ですから、もちろん新高1生のときからしっかりと「将来の大学受験生」のつもりで勉強を続けるほうがいいのです。大学受験は“全国大会”です。通っていた中学校、合格した高校の仲間と比べて満足していても、それが本当に大学受験で通用する力であるとは言い切れません。

・・・と、急に脅すようなことを言ってみました。
いま高2生、高3生の皆さんは、「そんなこと言われてももう時間は戻らない。手遅れなのか・・・?!」と、焦りにふるえているかもしれませんね(笑)でも大丈夫。

「もう一度塾に通おう」「このままじゃアブナイからちゃんと勉強しなくちゃ!」と、自分からやろう!と決めて塾を探そうとしている人は、起死回生ができる素質をちゃんと持っています。あとは、いまのこの思いをしっかりと努力に昇華させることです。

■高2の2学期で「また塾に通おう」と決めたKさん
彼女とは、中学生のときに高校受験勉強をいっしょにしました。晴れて、あこがれの進学校に合格して、そのまま卒塾。でも、暗記は得意だけど、記述問題を解答するのには不安がある生徒さんでした。

高2の2学期に、また塾に戻ってきてからは、徹底して学校の授業の予習と宿題サポート、テスト対策を行い、3学期から本格的に受験対策を開始しました。高3の7月の模試では、国語の校内順位が1位になりました!そんな彼女にちょっとインタビューです。

質問1)また塾に通おうと思ったきっかけは?
Kさん:だんだんと行きたい大学や学部がみえてきた高2の夏休みに、ふと「このままでは絶対受からない!」と思って、また先生に教えてもらおうと決めて、親にお願いしました。アルバイトもしていたし、高1のときは学校の授業も、板書をテキトーに丸写しして丸暗記していただけでめっちゃ成績も悪かったけど、ちゃんと教わりたいと思いました。

質問2)復塾する前と、勉強の取り組み方は変わりましたか?どんなことに気をつけましたか?
Kさん:現代語訳の丸暗記をやめて、先生に言われた品詞分解をしっかりやるように変えました。そしたら、学校で配られた訳文の意味と文法がよくわかるようになって、勉強のやり方がわかりました。どんな文も全部品詞分解するのって、慣れるまでは時間がかかりましたけど、きっちり絶対やるんだといつも先生が言ってくれたのでできました!

質問3)進学校である高校校内で国語が学年1位になりましたね!
kさん:はい!めっちゃうれしかったです。その模試の成績票はお母さんにすぐに見せました(笑)あと、自分は関西の難関私立大学に行くと決めたんですが、古文で自信がついてきたので、英語、世界史や現代文の勉強時間を長く取れるようになって、ほっとしました。

彼女の大学受験勉強もあと数か月。いまでは、安定した古文を武器に、他科目にもバランスよく時間をかけつつ、より志望大学の問題傾向に合わせた演習に力を入れています。がんばれ、目指すゴールまであともう少し!!

※ここまでお読みいただいた方のなかには、「なんだ、品詞分解なんて当たり前じゃないか」「なんにも特別なヒミツや裏技でもないじゃないか」と感じられる方もおられるかもしれません。

そうです、おっしゃるとおり、なんにも特別なことはしていません。

でも、品詞分解を本当におろそかにしたまま「精確な訳文」に「内容理解」ができるものではありません。

私たちが「ふだん現代文読解において品詞分解をしない」のは、それはほとんどの皆さんにとって現代語が母国語であるからです。でも、古文はそうではありませんよね。まずは語彙と文法、古典常識にのっとって正確に解釈できるよう、当たり前のことを当たり前に行い、続けることが何よりも大切です。

Kさん:あ、先生、もうちょっと言いたいことがあるんですけどいいですか?

お、はいどうぞ^^。

Kさん:自分にとってめちゃ“特別”と思ったこと、ありますよ!先生の辞書の引き方とか見方と、文法書の使い方と国語便覧の使い方とか、教えてもらって参考になりました。あんなふうにちゃんと使ったことってなかったから。すごいと思いました!

ありがとう。そうですね。せっかく受験勉強のいい“道具”を持っているのに、正しく効果的に活用しないと成績には結びつきません。ちゃんと調べる、ちゃんと使いこなすという姿勢は、自分から積極的に楽しみを持って、迷いなく勉強できる訓練につながっていきますね!

さぁ、“またあらためて塾を探している”という迷えるアナタや“とにかく今より古文ができるようになりたい”と心から願っているアナタ、お気軽にお問合せください。

塾長ヨシカワが心をこめてお待ちしています!

オンライン講座
予約はこちら!