面談カテゴリー記事の一覧です

2019年6月28日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, 保護者サポート, 動画添削, 受験, 古文, 塾サポート, 大学受験, 講師ブログ, 進路指導, 面接練習, 面談, 高1, 高2, 高校部

夏休みだからこそ場所を選ばない動画添削!【高校生指導Q&Avol.18】

こんにちは!真花塾塾長ヨシカワです。
今年の関西の梅雨入りは、ついこのあいだ。いよいよこれから本格的に雨が続きます。

夏休みの大敵はなんといっても豪雨に台風。

急な警報や交通機関の乱れにより、学校だけでなく塾も休講にならざるを得ないこともあります。やった休みだ!と思えるのは、はじめのほんの一瞬だけ。とくに大学受験生にもなると、とても複雑な思いを抱えます。

■あー授業の進度が遅れちゃう。小テストの日程も変わるなぁ。
■家で頑張るったって、いつもは自習室にいるから家でやる習慣がない。どうしたらいいんだろう。
振替授業っていつになるんだろう。早く決まらないかなぁ。

もちろん塾長先生にとっても、葛藤は同じだと思います。予測のできない状況における休講対応は、やはりとても大変です。振替授業の日時を決めるための講師の手配、生徒への連絡・・・。

そして何よりも「あの子たち、今ごろ家でどうしてるんだろう。がんばってるのかな。心配だな・・・」という心からの気がかり。

私がこの真花塾を、京都市内でのオフライン塾から動画添削メインのネット塾にリニューアルし、いちばん安堵したのはこれらの解決が図れたことです。

■ネット環境さえあれば家も「最高の勉強場所」になる
■youtube動画やLINEメッセージで、心配なときもリアルタイムに「勉強面を」励ますことができる
※もちろん定期的なzoomによる授業や面談も。

これらはごくシンプルなことですが、私がいちばん大切にしていることは「勉強面」を励ますことです。

ある超一流といわれたプロ野球選手の名言に、「仕事のストレスは仕事で発散する」というのがあります。

受験生ならば「勉強のストレスは勉強で発散する」というレベルに持っていけば最強です。

安易な気分転換につきあってしまったり、こちらがのんきに雑談や愚痴をきいてしまっているうちは、彼らはほんものの受験生にはなれません。

よく「実際に会ったこともないのに」「画面ごしのコミュニケーションなのに」と、ネット指導のデメリットを挙げられることがあります。そのとおり、まさにおっしゃるとおりです。

でもだからこそ、私は対面で授業をするときの5倍のエネルギーを意識して、彼らに動画とメッセージを送り続けています。たとえ「なにも連絡をしない」日も、彼らのことを忘れたことはありません。

一人ひとりに合った、踏み込むべきタイミングを見極めたり、ここぞ!と思うときに声をかけたり、彼らが自分から課題を送ってきたり、連絡をくれるのを待っています。

もうすぐ夏休みです。高3生は一日12時間の勉強に挑ませなければなりません。そんなとき「家では集中できないから塾をずっと開けてほしい」と願い出る受験生もいるそうです。でもそれが果たして現実的なのか、本当の意味で受験生にとって有益なことなのか、大人の立場としてはやはり疑問に感じます。

それに、どれだけ要望に応じようとしても、悪天候になってしまえば身の安全が先です。ではどこでかんばるか?そういった意味でも「家でできる」生徒になってほしい。

生徒も講師も、いい意味で「ひとりでも大丈夫」と言える自信をつける夏休みを過ごし、ますます勉強内容もそれに向き合う姿勢も、ほんものを目指して高めていってほしいと思います。

2019年6月22日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, 保護者サポート, 動画添削, 受験, 古文, 塾サポート, 大学受験, 大学生, 漢文, 講師ブログ, 進路指導, 面談, 高校部

”質問できない受験生”は社会人になっても大ピンチ?!【高校生指導Q&Avol.17】

こんにちは!真花塾塾長ヨシカワです。6月後半からはとくに、高校生の定期テスト、夏休み前の大学受験指導にも熱が入った毎日です。さて、先日友人が転職活動でのインターンについての体験談を聞かせてくれました。今回はそのエピソードから、大学受験指導の
「質問力」と「その後」
を考えてみました。

インターンで「見られていること」とは

彼女は転職にあたり面接などの選考を受けたあと、3時間ほどのプログラムとして実際に配属予定の職場でインターンをしたそうです。そして、「困ったらなんでも言ってくださいね」という言葉とともに紙に書かれた内容と手順を渡され、それにしたがってPC作業をすすめることになったのだとか。

実際に作業に取り掛かってからも、スタッフが何人も声をかけにきたそうです。その友人もあとから知ったそうなんですが、「実は」というべきか「やはり」というべきか、そのインターンはれっきとした採用選考のひとつに含まれていました。

見られていたのは「ちゃんと質問できる人かどうか」ということ。

■初めての業務で、絶対に質問が出るはずなのに「しない」姿勢のままでは、いざ一緒に仕事をしたときに支障が出る

■スタッフがわざとどんどん声をかけて作業の手を止めさせているが、そのときをチャンスととらえて質問してこないようでは、コミュニケーションが心配。入社後の伸びも期待できない。もちろん作業に必死になって、まわりを無視して挨拶も返さないようでは論外。

このような意図があったそうです。

面接の通りいっぺんのやり取りでは、そう簡単に職場に適するかまで見抜くことはできません。でも実際の仕事ぶりを見て判断すれば、たとえ短時間でも、人となりまでしっかりと選考にふくむことができます。すばらしいインターンだと思います。

その友人は、もちろん「どんどん質問する」人でした。そして、いつも私と楽しく時間を過ごす、あのにこやかさのままインターンに励んでいたことと思います。

転職は成功する人とそうでない人で、大きな差があると聞きます。採用段階で、実際の職場で一緒に働く人たちと、仕事の話でしっかりとコミュニケーションをとることが何よりも大切だったのですね。

高校生のココロの葛藤

ところで、高校生は塾講師にも「質」を求めます。この先生は自分をしっかりと引き上げてくれるのか、家族にお金を出させてもいいと思えるレベルの指導が受けられるのかを、無意識に考えています。(そういった意味では保護者よりもシビアなのは生徒。しかも毎回の生徒への授業と進路指導こそが勝負です!)

中学生のときなら、先生との良好な関係が塾選びの決め手であった生徒もたくさんいます。いわゆる「優しい先生」が人気なのも、その代表例です。

でも高校生になり、「大学に合格したい」と本気で思った瞬間、そういえばほかの受験生は、ほかの塾はどんな勉強をしているんだろう?自分はこのままでいいのだろうか?と不安になるのだそうです。

おっと、話がそれてしまいました。でもそれくらい、まず高校生指導には教務力が何よりも重要であるとお分かりいただけるのではないかと思います。

さて、受験勉強に不安になったとき、多くの生徒はどうするでしょうか。大人はもちろん「不安なら自分から言ってくるだろう」「自分から質問してくるだろう」と期待します。そしてつい放置しがちです。ですが、高校生はまだ半分子どもです。はじめの一歩は大人から歩み寄らなければなりません。

それでも、指導を始めたばかりの生徒たちの質問力は、ほぼ壊滅状態です。
■モジモジして「言わない」
■まぁいっかと思って「言わない」
■質問したら怒られそうと決めつけて「言わない」
■友達や家族に「グチ」のように話してしまい、問題の本質と解決の方法を見失う

などしてしまいがちです。

いちばん葛藤を抱えてしんどいのは自分であるのに、受験生という重要な時期を迎えているのに、困っていることを「解決する」のをすっかり忘れてしまっているのです。

これでは、あとから急に講師や保護者が必死になって、何とか対応してあげようとしても、ときすでに遅し・・・!

「言いづらい質問を言わせてあげるのも講師の力量のうち」ではあるものの、すぐれた講師ほど「生徒が自分から言ってくるのを待っている」「ここぞというタイミングにしか進路相談には踏み込まない」などの指導方針を持っていることもあります。このバランスは講師の腕の見せどころでもあり、講師にとってもその見極めはとても難しいものなのですが、これもやはり力量と経験の差というべきでしょう。

でも、大学は成人と認められる年齢である「大人」が通う学校です。本来は受験生自身のリーダーシップですすめていかないといけないことまでも、なんでも周りの大人がおせっかいして「優しく」してあげているままでは、彼らはいつまでも大学生としてのふさわしい姿勢を身につけないまま、進学してしまいます。

彼らがその後どうなるか。その後、どんな社会人となっていくのか。私はいつも想像し、ときどき大きな不安にかられます。

ということで、やはり最終的には勉強も仕事も「自分からいかに質問できるか」に尽きます。大学生になっても、就活生になっても新入社員になっても、もっとさきに仮に転職することになっても、やはり基本は同じなのですね!

「質問上手」は勉強上手!

一方で、毎日の課題提出とLINEメッセージのやり取りで鍛えられ、とても上手に質問ができるようになった生徒さんもいます。
case1)志望校で悩んでいる
「先生、このあいだまでは〇〇大学△△学部が第一志望だったんですけど、というかいまも一応そうなんですけど・・・。でもなんか、××大学も面白そうだと思うんです。来週オープンキャンパスがあって、こんなプログラムがあるみたいなんですけど、行ってみたいんです。見てください」

case2)成績に納得がいっていない
「古文と漢文を毎日がんばるようになって、学校の授業の内容や課題は全然困らなくなったんです!でも模試はまだ全然上がってこなくて・・・。私、こんなに頑張ってるのにとても悔しくて、何をプラスしたらいいか、これから受験までの半年で何をしたらいいか知りたいです。昨日は焦りすぎて、単語集を音読することくらいしかできませんでした。先生、ご相談したいので、今週中にzoomのお時間をいただけないでしょうか」

ここまで丁寧に自分の状況を説明でき、「自分で解決のために行っていること」を知らせてくれるようであれば、もうその問題の半分は解決しているのと同じです。私は、彼らの進路や勉強について、もっと細分化した情報をお話ししながら探り出し、指摘して解決方法を提示するだけです。気合いや励ましは不要。グチを聞く必要もなければ、延々と説経をする時間もいりません。

質問上手は上達上手。
生徒とのコミュニケーションの質を最高に高めていくことも、大学合格指導の大きな柱となります。

まもなく夏休みです。とくに高3生には、一日12時間の勉強を迷いなく適切にすすめてもらうことができるよう、動画添削とzoom面談とLINEを通じてサポートしていきます。

2019年4月7日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, 中学部, 保護者サポート, 受験, 塾サポート, 大学受験, 小学生, 講師ブログ, 関連記事, 面談, 高校部

新年度。”辞めない”非常勤講師たちをこう育てる!【高校生指導Q&A vol.12】

真花塾の古典ネット指導は、塾長吉川が責任を持って、全ての生徒さんを担当しております。これが超・個別指導の名称の由来です。

一方で私はまた、各個別指導塾さんにおいて、生徒指導や指導に関するアドバイスなどもさせていただいております。

今回は新年度ということで、新しく指導を開始される先生方、そして「中堅以上」になっていかれる先生方をとりまとめるための工夫をご紹介します。

それはLINEグループの「ノート」機能です。

週3回を目安に、幼児~中学生の5科目、さらに高校生指導について、皆さんにとってためになり、”今日も授業がんばろう”と元気を出して強固な”講師チーム”になっていただくべく、いろいろな切り口から記事を書いています。

いくつかタイトルをご紹介しましょう。

【古文の辞書の選び方】

【高校生・中学生数学の学び直し】

【〇〇先生と考えました!新中1生の教科別ポイント(国・数・英)】

【きちんとシカケてますか?仕掛学

はなんのために読むの?】

【新中3生保護者向けガイダンス終了レポート】

新高2生、新高3生を担当される先生方へ】

などです。

たとえば、こんな例があります。

社員講師数名、非常勤講師20名以上の講師チーム。
それぞれ個性的で、それぞれの「信念」にもとづいて指導しておられ、「先生よる指導力のばらつき」を保護者に指摘されていた塾さんが、いまではこの「ノート」により、同じ方向性を持って指導されています。非常勤講師の皆さんもやりがいを持って働き、やめる先生はとても少なくなったとのことです(^^♪

我が塾も講師たち向け「記事」がほしい!とお考えの塾長先生がおられましたら、問い合わせフォームからお知らせください。貴塾のご方針や内容についてきめこまかくヒアリングさせていただき、記事作成を代行させていただきます★

2019年3月10日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, ビジネスマナー, 保護者サポート, 動画添削, 受験, 古文, 塾サポート, 大学受験, 漢文, 講師ブログ, 進路指導, 面談, 高1, 高2, 高校部

どう選ぶ?動画添削で伸びる生徒、対面形式で伸びる生徒【高校生指導Q&Avol.11】

多くの高校生にとって、「動画」で「添削を受ける」教わり方は初めてではないかと思います。映像授業やPCを使った授業は、いまやあちこちにありますが、真花塾の動画添削では独自のポイントがあります。

動画添削には、ただ「課題を提出する」という通信講座の要素だけではなく、「文字情報」「文章」による講師との上質なコミュニケーションが欠かせません。

オフライン塾なら、「塾で勉強している間」だけの指導であることがほとんどなのですが、古文漢文特化ネット塾「真花塾」では、生徒の希望進路が本当に実現するまで、受験当日の朝、合格発表のその時間まで、「その生徒のためだけ」にきめこまかく対応しています。

今回は真花塾塾長の吉川が、動画添削のご導入を考えておられる塾長先生、そしてすでに指導を開始している生徒さんをお持ちの塾様に、動画添削で伸びる生徒、対面形式の指導のほうが伸びる生徒にはそれぞれどんな特徴があるのか、高校生指導8年目の経験を土台に、率直にお伝えさせていただきます。

1)3行以上のテキストメッセージもムリなく「読める」「書ける」

LINEなどに代表されるスマホを使ったコミュニケーションツールは、手軽でとても便利です。その反面、「短文」「スタンプ」いわゆる「スルー」になじんだ高校生には、講師からの課題送信&取り組み方の指示や、面談日時の設定など、大事な情報までもスルーして、すれ違いを重ねることがあります。

もちろん、新しい指導やコミュニティを受け入れ、自分の糧にできるまでの期間は、人それぞれです。講師も、その生徒の個性に寄り添うように尽くしています。ですが特性として、「文字情報が好きである」ことは必須に近いかもしれません。

もし、「講師とはよく会話が弾んで好印象だけれど、メールやLINE、電話でのやり取りには反応が鈍くなってしまう、またはなんとなく抵抗を感じている」という生徒さんは、オプションのzoom指導をご活用ください。

(添削とどちらをメインとするか、塾長先生と生徒さん、保護者の方と密にご相談させていただくこともできます。)

2)「返事すること」の重要さを知っている
先日、木村拓哉さんが「カゼを引くことは大罪だと思う」というコメントをしていましたが、私はテレビの前で「そうそう、ほんとそうだよ!」と膝を打って叫びました!笑

さまざまにコメンテーターが取り上げていましたが、

木村さんが言いたかったことは、

本来は自分で防げる、または気を配っておけば避けられることだ。やむを得ずカゼで思うような仕事の質にならず、遅滞などに陥った場合、一体誰にどんな悪影響が出てしまうのか想像しなさい。さらに、カゼを引いてしまったのだから自分は悪くない、と言えてしまう状況にあぐらをかけてしまうことへの怖さを知りなさい

ということではないかと私は思いました。

たとえばLINEの場合、手軽で便利で、言いたいことは時間を問わず言えます。その一方で、読みたくないときは読まなくていいし、言いたくないときは言わずに済ますこともできます。

大きな話では、

・決めた出願先と受験日程を知らせない
・面談後に志望変更したことを伝えない
・受験後、何度も聞かれるまで自分から合否すら言わない
など。

その結果、指導内容が受験する大学の傾向とがどんどん合わなくなるという受験シーズンのトラブルがあります。

これについては、とくに塾長先生なら誰もがその怖さをご存じだと思います。

ですが、このような生徒は、そもそも普段から「受け入れたいものしか見ない、受け入れない、返事しない」という強烈な、そして攻撃性のある静かなワガママを何度も続けているのです。

私はこれを「サイレントハラスメント」と呼んで、生徒に話しています。

(教育現場でのハラスメントは、先生から生徒に行われるものだと思われがちですが、実際はほとんどの場合、違うんです…!)

もちろん彼らは、ハラスメントなんてするつもりもなければ、性格も真面目で明るい頑張り屋さんたちです。私もそれはよくよく分かっています。

でもだからこそ、心がけてほしいことがあります。

視野を閉ざして、スルーを続けて、自分の価値を下げてはいけません。信頼されない行動を重ねてはいけません。

講師からの指導内容と自分の「受け入れたいもの」に齟齬があればあるほど、不合格まっしぐらになるのはあなた方です。そのことにあとになって一番苦しんでしまうのも、あなた方なのです。

でも、がんばろうと思っているのに、どうしても、スマホにメッセージが来ることに拒否反応があったり、返事をすることがしんどくてたまらなくなったとしても、それは決してあなたの性格のせいではないのですよ。

そこには、あなたの「文字ではなく実際に口頭で指導してほしい」という本当の望みが隠れているのかもしれません。ですから、決してムリをして動画添削受講を続けてはいけません。遠慮なく正直に伝えてくださいね。

そんなとき、私はまず、真花塾のzoomを使った指導をおすすめをします。それが私の責務だからです。

でも同時に、あなたに合ったオフライン指導塾の探し方もアドバイスします。もしかしたら他の有名映像授業の話もするかもしれません。どんな可能性も、一緒に客観的に探ります。

ですから、視野を閉ざさないでください。

大学受験が本当の意味で成功するかどうかについては、学力や素質を語る前に、素直さです。いつでも素直で正直な、誠実な高校生であってほしいと、心から願います。

2018年12月11日

Q&A, ネット塾, 保護者サポート, 受験, 塾サポート, 大学受験, 推薦入試, 私立大学受験, 講師ブログ, 進路指導, 面談, 高校部

一般入試出願間近!私立大学受験出願で塾長が気をつけておきたいこと 高校生指導Q&A vol.8

各推薦入試の合否発表もほぼ終わり、高3生の会話にも「友達が合格した」「もう一般入試しか残ってないよ」というフレーズが聞かれるようになりました。保護者の方も何かとご心配になるこの時期、保護者面談を予定されている塾様もおありかと思います。

今回は、真花塾の吉川が、「生徒も保護者も塾も!みんなが納得できる一般入試出願のしかた」を紹介いたします。

すべり止めは「止まる」ためにある。”全滅”だけは絶対に避けること

まずは大学別難易度について。
第一志望校は、生徒自身が強い思いをこめて自分でしっかり出願してくれることでしょう。ここは見守っておいて大丈夫です。問題はすべり止めづくりです。

考慮すべきは、入試日程です。もちろん第一志望校とかぶってしまうときは受けられませんが、「あえてすべり止めの方を受けに行く」という作戦もあります。(詳しくはお問い合わせください。生徒さんの状況に応じてアドバイスさせていただきます)

それほどにすべり止めに確実に合格できる作戦が必要です。

すべり止めには、生徒も保護者の方もあまり気持ちが向いていないからか、日程・受験科目・傾向・受験費用などのすべてにおいて情報が不足していることが多くあります。その分、塾側でしっかり情報提供できると安心です。

とくに合格発表日と、入学金を納める期日は要注意。すべり止めとはいえ、せっかく合格したにもかかわらず、第一志望大学(学部)の発表日にばかり気を取られたために手続きを忘れてしまい、いっそうハラハラすることになるご家庭もちらほらです。第三者である塾長は、とにかく先回り&リスクヘッジが大切です。

一口に「すべり止め」と言っても、さらに2パターンに分けられる

・実力に合い、たとえ通うことになっても後悔しない大学
・ほぼ確実に合格できることが分かっているが、あまり通いたくはない大学

これらも少なくとも一つずつ、受験リストに盛り込んでおきましょう。

もちろん、このようなご提案には、生徒や保護者の方から当然難色を示される場合もあります。ですが「本人が嫌がっているから」というのは、塾としての責務を全うしたことにはならないとお考えください。本当に、長く通って信頼を寄せてくださったご家庭のためを思うならば、何を差し置いても全滅しない道を先に示しておくことをおすすめします。

なお、作戦をしっかり練っておけば、万が一、第一志望校(学部)で不合格となった場合でも、後期日程受験などの立て直しもききやすくなります。浪人するという選択肢になったときにも、全滅した(どこにも受からなかった)浪人生と、ひとつ以上は受かっていたけれどもあえて高みを目指して入学しなかった浪人生とは、新しい一年で大きく差がつきます。模試データ上の成績もそうですし、もちろん生徒本人のメンタルもしかり。

塾講師ならきっと誰もが心当たりあるはずの”生徒の挫折”

かつて、現役で全滅した浪人生を指導したことがあります。高校生になって受験を意識し始めてから、大手の個別指導塾に通っていたとのことでした。「どこも受からなくて・・・」と正直に話してくれたので、面談でいろいろたずねてみましたが、やはり受験のシステムそのものに明るくなく、通っていた塾の先生にも学校の先生にも「気合いで受かる」「きっと大丈夫」、さらに浪人が決定したからも「やっぱり後期日程は倍率が高いから難しかったよね。前期日程でならきっと受かってたのにね」など、無責任とも取れる「アドバイス」を受けていました。

浪人生としてリスタートしても、本人はまったく現実を直視できず、「通ってた塾がよくなかった」とか「どうして自分がこんな目に遭わないといけないのか」と授業でも泣いてばかり。ご家族にも全滅した「自分の実力のなさ」を引け目に感じ、とても苦しんでいました。浪人=恥、という思い込みのままでは、当然ながら受験勉強に集中できません。

絶対に行きたい大学があるなら、学部にこだわらずに最大限受ける!

出願のときに生徒や保護者の方があらためて気づくこと、それは「思っていた以上に自由に受けられない!」ということです。

5日も連続受験できるかな?調べてみたら往復で4時間かかるみたい・・・。

え、受験するだけでこんなに費用がかかるの・・・!

でも、学部よりも大学そのものに「行きたい」気持ちがあるならば、できる限りたくさん、幅広い学部を受けることをおすすめします。複数の合格通知を受け取ってから、通いたい学部学科を選び取っても、決して遅くはありません。

強い意志を持つ生徒は、「行きたい学部ではないから浪人する」と自分で決め、堂々と浪人して実力をつけていくことでしょう。
一方で、たくさん合格した学部のなかから、手続きまでの期間、あらためて自分の興味関心に向き合い、「別の学部も面白そうかもしれない」「合格した学部が縁だと思って頑張ってみたい」と、嬉々として方向転換する生徒もいるのです。

大切なのは生徒の可能性を狭めないこと

とくに大手でない個別塾のメリットは、生徒に親身に寄り添い、目標に向け努力をサポートできることです。だからこそ生徒の目標や進路を近い場所で応援できます。

ですが、こと大学受験において、高校生が最も望むのは「励まされること」ではありません。どうすれば自分が無事に受験を乗り越えられるのか、自分に合った進路をつかみ取れるのか、そのような信頼できる情報提供です。

巣立っていく生徒たちに塾ができる最後で最高の仕事は、生徒が決定できる選択肢をいつも広げておくということです。

2018年11月28日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, 受験, 講師ブログ, 進路指導, 面談, 高1, 高2, 高校部

お医者さんから学ぶ“がんばりたくなる!”コーチング 高校生指導Q&Avol.7

週明けから大きく体調を崩してしまい、ようやくほぼ全快に向かっています。おかげさまで習字の今月の課題提出にも、何とか間に合わせることができました!\(^o^)/

年に1回あるかないかという体調不良ですが、今回はしつこいノドの痛みが引かないまま悪化してしまい、あらためて「体が資本」という言葉をかみしめています。声が命の動画添削において、生徒さんにもさまざまにご気遣いいただき、心からお礼申し上げます。

どうしようもない体調不良は、やはりお医者さんに診てもらうことがいちばんですよね。今回は、私が数年お世話になってる内科の先生とのやり取りと、それを生徒とのコミュニケーションの参考にしようと思い、さらにとっても感動した!というエピソードをお伝えしたいと思います。

診察も処方も土台はコミュニケーション

さて、 処置室でしばらく待っていると、颯爽とお医者さんがやってきます。そして「2週間かー。しつこいね。」といきなり本題。実は事前に問診票に「2週間前からノドの痛みとせき込み」と書いていました。お医者さんの、それを踏まえたこの単刀直入さを、毎回私はとても頼もしいと思っています。

それは、書いていることを細かく丁寧に読んで、自分のために考えてくださっているんだと感じるからです。

たしかに、相談したいときに何度も同じことを説明するのって、話題が先に進まず、しかも「へぇー」と初耳っぽく相槌を打たれてしまうと、なんだかとっても疲れてしまいますよね。

そしてさらに・・・。

うーん。不特定多数の人とを会ったりしますか。お仕事は?

そうですか、塾の先生か。小学生?中学生?学年は?

幼稚園から高校生なら、そりゃ風邪はもう職業病みたいなもんやね。みんな学校は休んでも塾はがんばるもんね(笑)

じゃあ、薬出しますが、眠くなってもいいですか。

眠くならないものだとどうしても治りは悪くなるし、仕事しながらだったらもっと治りにくくなります。だから薬は全部毎回きっちり飲んで、休めるときにはガッと一気にやすむようにしてください。

塾はこれから正念場やもんね。先生も頑張らないとね。じゃあ、きっちり薬を飲んでも悪いままだったらそのときまた相談に来てください。仕事の前に長いことお待たせしてごめんなさいね。

診察を受けるまでぐったりげっそり。気力もあんまりなくて困っていたのが、まだ肝心の薬も飲んでいないのに、よっしゃがんばるぞ!と思えたのは、やはりお医者さんのおかげです。いまきちんと指示通りに薬を飲み、摂生し、丁寧に自己管理して過ごせています。ありがとうございます!

モーレツな安心感と信頼。その秘密は?

病院からの帰り道、やり取りを思い出して、こんなことに気が付きました。

1)単刀直入に本題に入ったあとは、じっくりと毎日の生活スタイルを聞き出す。
2)きっとお医者さんとしての確固たる「風邪の治る方法」は持っているに違いないのに、あえて「薬を飲んでから眠くなってもいいですか」と患者の希望を確認する。
3)「毎回きっちり薬を飲む」と、やることを明確に指示して患者の「自分で治そう!」という真剣さを引き出し、病院に来るだけでは治らないのだ、なんのために治さなければならないのかということを思い出させ、それでももしだめだったときには相談に乗るから、と寄り添ってくれる。

これらはすべて、モーレツな安心感に直結するのではないでしょうか。

受付から2時間待ったことや、お医者さんだけどポロシャツで白衣は来ていないとか、雑談らしいものが一切ないとか、なかにはそれが気になる人もいるのかもしれませんが、そんなことはもはや全て余計な枝葉の話です。

このように、自分をちゃんと見てくれているのだと信じられる気持ちは、どんなものにも代えがたく、そして強烈なモチベーションにつながります。

これは生徒との向き合い方と同じだな、と私はいつも気づかされます。

塾講師はこう使う!お医者さんのコミュニケーションテクニック

・面談前に調べれば分かるような情報はできるだけリサーチをしておく
・ダレないように雑談はできるだけ控える。(余計な励ましはしない)
・結論を伝える前に、生徒の毎日の生活スタイルや勉強の目的目標などを、多様な質問で引き出す
・生徒の指導に対するリクエストを聞き出して応える一方で、「自分のやりたいようにしているままでは伸びない」こともさりげなく伝える
つぎに自分から相談すべきタイミングを明示しておく

もし私のいきつけの内科のお医者さんが「医者の言うことを聞け。そのとおりにしろ」というタイプの方だったら、きっと、感謝はしたのかもしれないし、言われたことは守ったのかもしれませんが、5年もお世話にはなっておらずに「立地がいい病院」を選んだと思います。

ひきつけるものがあるからこそ、「困ったときはあの人だ」と思い出してもらえるのですね。

相手に、数ある同じようなサービスを提供している中から、わざわざ自分を選んでもらう、という点ではどの職業も同じなのかもしれません。

塾講師も生徒や保護者の方にとってそうでありたいものだと、私はいつも思っています。

さぁ、ご一緒に冬の受験シーズンを元気に乗り切りましょう!