進路指導カテゴリー記事の一覧です

2018年6月30日

コミュニケーション, 古文, 大学受験, 学び, 講師ブログ, 進路指導, 高1, 高2, 高校部

知識と言霊と勉強サポート

真花塾生徒の服装や日焼けぶりから、夏休みシーズンもそろそろだなと感じます。「休み」という言葉があるのに、学校課題や補習の多さから「全くもって夏休みじゃない!」と、こぼす高校生が多いというのも、塾長先生にとっては「あるあるトーク」ではないでしょうか。学校課題で苦しむこの時期の勉強サポートをいかにして、点数・成績アップに導くか、腕の見せ所だと思います。今回は真花塾における勉強で、私が意識していることを少しお話しいたします。

日本語教育の経験が指導の根幹に

現在は”古文・漢文特化”の塾長をしておりますが、私には日本語教師として日本語学校で勤務し、尊敬する大先輩の先生方とともにお仕事させていただいていたことがあります。その経験は私にとって宝物とも呼べる、とても貴重なものでした。その経験があったからこそ、いまも塾に来てくれる生徒たちに精一杯に、有意義な勉強サポートを行いたいと思う、原動力になっています。ただ知識を教えるだけでは、生徒たちには響かないことも多くあります。どうすれば身につくか常に視点を考えるようにしています。

点数アップのコツはスタイルの違いから

日本語教育の現場では、学生はもちろん海外の方ばかりです。その方にとっては、「私たちの感覚で用いる日本語」は相当難しいものです。日ごろの生活スタイルや風習がまったく違うということも、その要因の一つでしう。よく英語の長文読解のテーマにも取り上げられていますが、例えば私たち日本人が「おいで!おいで!」と手招きをする仕草は、海外では「あっちへ行け!」と追い払う仕草に似ています。これはあくまで一例ですが、あるものごとを教えるのに、自分たちと真逆の考え方の人に、「私たちが普通と考えている」知識や考え方をただ語って、はたして通用するのでしょうか?このことは、実は、子ども一人ひとりを”見る”塾の指導にも共通することが多いのです。

生徒とのコミュニケーションを大事にして目標へ

私は”イエローカード”のサインが見られる生徒の進路指導では、よく「おぬし、それはやばいぜ」トークをすることも知られていますが、ちちょっとしたときの会話を大事にします。何気ない時の素振りや会話から、その子自身の芯にあるものが見え隠れします。そういうものを大切に、よく観察をして、知識が力になってくれるように「仕向ける」ことが私の指導です。

古来、日本では言葉に力が宿ることを信じて、「言霊」という表現が用いられました。私は指導で用いる言葉にこそ、力が宿るように、その子に通じるように、思いを込めて指導ができる塾を目指しています。いまはSNSが普及して、言葉だけのコミュニケーションで誤解を招いてしまい、トラブルも起きることもよくあります。

「言葉」を大事にする勉強こそ、大学受験やテストだけではなく、実社会で必ず役立つと信じています。これから夏休みでさらに忙しくなりますが、「おぬし、このままじゃやばいぜ。落ちてからでは何もかもが遅い」、そんな思いを言霊にするかのように、真花塾は精一杯やっていきます!合格を目指して頑張りたい人、頑張るきっかけが欲しい人、勉強は任せてください!

2018年6月23日

コミュニケーション, 受験, 大学受験, 大学生講座, 講師ブログ, 進路指導, 面談, 高校部

おぬし!

「おぬし、それはやばいぜ」ごっこの時期です。
なんですかそれ、とよく聞かれますが、ネーミングそのままです。

「入試当日という日は決まっていて、何があっても絶対に変えられない。人生に終わりがあるように、試験勉強にも終わりがある。このままじゃやばいぜ、落ちてからではなにもかもが遅い」

敢えて、ごっこ、と銘打って遊び心を出してから生徒を呼び出しています。
ティーンエイジャーに向かって「人生には終わりがある」と語るのですから、まぁ楽しいものではありません。
みんなサッと顔色を変えます。

でも変えた顔色には、本気さが宿ります。
チャイムが鳴っても勉強をやめず、そろそろ帰らないと、と言っても生返事で、翌日も学校から直行でやってきて、またいつまでも勉強するようになります。

これで一日10時間コースの完成。
あとは、残りの数ヶ月、またサボり始めたときにクギをさしたり、泣きそうなときに笑い話をしたり、ときどき一緒にコーヒーを飲んだりするだけです。

究極のところ、私たち大人は、彼らが思いっきり頑張れるような環境を整備することしかできません。
もちろん授業もその一環ですが、悲しいかなあくまでスパイス程度にしかなりえないと、そう考えておくくらいでちょうどよいのです。
だからこそ、思いっきりさを引き出せていないのならば、我々は強く自己反省が必要です。

生徒の心に火をつける、という名言があります。
逆説的ですが、いざそれをやれる講師は、火をつけようなんて思っていないはずです。当たり前の声かけを、その子のために、当たり前に勇気をもって口に出しているだけなのです。

おぬし、ここまで頑張ってきたのに失速してどうするんだ。あと○日しかない。必ず受験は終わる。どうせ終わるなら、受かって終わりたいでしょ?

おぬし、こんなテキトーに志望校を書いて、それでCだEだと言っても、もとの選択がテキトーなんだからあてにならない。本当に行きたいところはどこなの?模試は本番じゃないぜ。

ここからが勝負です。

2018年4月30日

コミュニケーション, 受験, 講師ブログ, 進路指導

”なんとなく”の功罪

なんとなく、で難しい何かが達成できることはありません。

とりあえず、という軽い気持ちままでいつまでも進めるほど、ほんものの人生は簡単にはできていません。

例えばこんな風に。

「飲食店で専門的に働く仕事がしたいけど、とりあえず大学に行きたい。もしうまくいかなくて、その仕事になれなかったら困るから。…え、大学でどんな勉強するか?なんでもいい。なんとなく〇〇大学って決めてるけど・・・。」

私が、適当に決めるなら適当にしか指導できませんよ、と言って、いまの努力のままで入れる進学先候補を紹介すると、

「それは絶対いやだ」

と彼らは言います。このような生徒に限って、そのなんとなくの「〇〇大学」に入る勉強や努力はしません。
そして、本当にびっくりしてしまうのですが、その専門的な飲食の仕事に関する情報にも、興味を示しません。

「なんとなく」という安易な考えを続けることがいかに人のモチベーションを下げているのか、お分かりいただけると思います。

 

「もしうまくいかなかったときのために」というのも、腑に落ちません。私たちが生きるこの社会は、気づかないところで必ず皆が繋がっています。

「上手くいかないかもしれない」ことを前提にして、別の道に保険をかけて、成功したプロがいるでしょうか。

上手くいかせるための努力があってこそ、プロとして社会に必要とされるのです。

確かにイチローは、中学生のころから、もし野球で何か不測の事態があったら、と考えて、勉強も一生懸命にしたそうです。

ですが「野球がうまくいかなかったら」とは、思っていなかったはずです。あくまで万が一のケガや、引退が早まったときを想定してのことでしょう。

 

高校生も、最近では中学生や保護者の方でさえも、ただなんとなく大学生という肩書きを得たいだけとしか思えない発言が目立つように感じます。

こうなったら仕方がありません、保護者の方も巻き込んで、烈火のこどく叱り飛ばします。

この社会は繋がっています。身近な人間が指摘しないのならば、代わって誰かが叱らないといけないのです。

 

大学は本来、勉強をするために存在しています。勉強しないで、努力を避けておいて、入学できるわけはないのです。高額な授業料をかけて、ただ大学生の卒業証明を手に入れて振りかざしたいだけなのですか?

「やりたいことはまだ見つからないけど、でも大学で何か勉強したい。職業は、好きな大学、環境で、4年間勉強を頑張ってみて、それから決めます。だからいまは成績を上げたい、お願いします。」

と、堂々と明るく言える子は、必ず成功します。これが、本音で語るということです。

 

我々、塾講師は皆、「なんでも相談してね」と、もちろん声をかけます。

でも「愚痴を聞くよ」ということではありません。不安は一緒に解消します。飛躍しましょう。

 

上手くいくための方法を知りたいと感じたら、同時に「やり始めたら後には引かないぞ」という、強い気持ちが必要であることを、忘れないでください。

2018年2月23日

大学受験, 講師ブログ, 進路指導

受験直前、直後のオトナの神対応

受験シーズン。この日のためにと一生懸命に励んできました。

実はこの時期、講師の新しい仕事がひそかに始まります。
物事に「絶対」がないのは受験も同じ。生徒の全員が成功するとは限りません。

もし成果が出たとしても、第2志望以下の合格では、やはり達成したとは言えません。
それが彼らが本当に望む到達レベルだったかどうかは、また別のお話です。

大人への階段を上るのに失敗は付き物ですが、こと受験に関しては、失敗の原因を一番よく分かっているのは本人であることがカギです。
私にも経験がありますが、自分で自分のしてきたことを苦々しく思うのは、やはり辛かった。

こんなときはとにかく聞き役に徹することが肝心。
人間というのは不思議なもので、とにかく横に座り、じっと見つめて、聞いてあげるだけで、ふと勝手に立ち直るものです。

それから満を持して、最後の進路指導、勉強の指導を始めるのです。

次の試験への切り替えをする子もいれば、受かったところで頑張ろうと思い始める子、来年こそはと決意する子、そもそも志望校だと思っていたところに行かなくても夢は叶うんじゃないだろうかと模索を始める子、いろいろいます。
それらのどの選択肢も、いまのその子にとっては必要な検討です。
今までは勝手に突っ走ってきたのが、塾や家族に正直に相談しようとするでしょうし、改めて助言を求めてきます。

そのときに本人とご家族に最適な道を提示するために、塾長はいろいろと調べ、考え、準備をするわけです、

気合いを入れて頑張らせるのは受験前日まで。
なかには受験シーズンからやたらとハイテンションになる講師や家族もいますが、それはちょっと違います。

受験がほかの誰のものでもなく、生徒本人のもの。これまでがんばってきた彼らが、そう簡単に潰れるわけはないのです。
余計な励ましもしません。生徒は絶対に自分の道を見出します。

成功すれば一緒に跳び跳ねて喜び、もし失敗したときには、一緒にコーヒーでも飲みながら、まずは聞き役に徹する。
大人ができる神対応のひとつです。

オンライン講座
予約はこちら!