学校の課題カテゴリー記事の一覧です

2018年10月8日

ネット塾, 中学部, 動画添削, 受験, 学校の課題, 小学生, 英語, 講師ブログ, 面談, 高1, 高2, 高校部

え?英語?古典の真花塾が教える英語のレッスン・学習のポイント

高校生の古典学習指導に特化した真花塾ですが、実は英語に関するアドバイスも得意です。意外かもしれませんが、日本語教師として多くの外国人生徒を担当していた時代もあります。そのため、多少の英語・コミュニケーション力は必須でした。今回は英語が苦手な中学生、これから本格的に英語を学び始める小学生、その保護者様のために英語学習のポイントを少し紹介いたします。

1,並び替え問題がニガテな生徒は要注意

英語の勉強で必ず直面する設問といえば、並び替え問題があります。バラバラになった単語を並べて、一つの文を完成させる問題ですが、苦手な子は全くわからないとぼやく時も、、、

小中学生だけではなく、高校生になっても整序問題と名称をかえて、ずっとおつきあいする問題です。大学受験でも必要なのは言うまでもありませんね。

主語(~は/が)と述語(一般動詞/be動詞)と、目的語(~を/に)などの語順がわかっていなければ、誤答につながりやすくなります。単語は覚えれば解決しますが、語順があやふやなままでは長文読解と英作文に大きく影響します。
英文法の固有名称「5文型」という言葉そのものは使わなくても、「英語のことばの順番」と言えば、小学生のお子様にも通用します^^。

2.英単語が覚えられない!

英単語が覚えられない!どうやって覚えればいいの?という質問も絶えることがありませんね。おそらく、ご家庭や多くの塾・学校でも耳にする質問です。この場合、単語を「よみ」「意味」「つづり」の順番で覚えておらず、最初のよみを理解しないまま英単語を覚えようとしている子が多いです。

まず、生徒やお子様に発音させて「ちゃんと音読できるか」確認しましょう。カタカナ読みでもOK。教えている保護者様・先生たちも恐れずにね^^。まずは堂々と言えることが、記憶に残ると言う認識が大前提です。

ある程度発音できる生徒によっては、発音記号のおおまかな読み方(ローマ字的発想でかまいません)を教えて、発音記号を見せてスペルを書かせるのも有効です。ごく普通の単語テストよりも、抜き打ちでこのようなことにチャレンジさせるほうが記憶に残ります。また発音記号を覚えることで、自学でできることが増えて長文学習・語彙力アップに大きく貢献します。

英語を勉強していく・指導していく上でのポイント

この2つに共通するのは、「生徒やお子様自身で学び取れる内容を増やす」ことです。そうすれば勉強中も、先生や保護者様もかかりきりになることが減り、スムーズにご自分の時間を有効活用できますよ(^^♪。

具体的な学習方法についてご興味が湧きましたら、真花塾はいつでも教育相談を受け付けております。また塾指導に興味がある先生も、いつでもお待ちしております。

今回は真花塾の勉強アドバイス「英語編」を紹介いたしました。次回は数学編を予定しております。基礎的な勉強・楽しい数へのイメージ作りにお役立て頂きたいと思います。

※もし「こんなとき教え方どうするの?」「もっとうまく指導するにはどうしたらいい?」などのお悩みがあれば、ぜひリクエストください。お待ちしております。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

2018年9月24日

Q&A, ネット塾, 動画添削, 受験, 古文, 大学受験, 学校の課題, 漢文, 私立大学受験, 講師ブログ, 進路指導, 高校部

ちょっと耳寄り!高校生指導Q&A VOl.1

今年も高校受験にむけて中学生指導も佳境に入っているという塾様も多いと思います。高校受験生の合格に向けて一直線ですね。今回は、高校生コースを開設したばかり、これから開設するという塾様にちょっとしたアドバイスや耳寄り情報などを紹介いたします。

いま教えている高校受験生たちを継続にもっていくことがベスト

多くの塾様で高校生コースをもっている場合、中学3年生がそのまま継続するという流れを上手に作っています。まだ高校生を塾で迎えるときのシステムが不慣れな場合には気心がしれた生徒の方が安心です。難関高校・進学高校の場合、大学受験にむけて新しいスタートが始まります。上手な塾は、大学受験のパターンが多すぎることや、保護者や生徒だけでは高校のインフォメーションだけでは戸惑いが多くなることなど、中学生の段階から小出しに何度も、アプローチを変えつつガイダンスしています。

新高校生あるあるパターン

新中学生に比べて、新高校生は気のゆるみもあり、成績が下がってからようやく、入塾希望や問い合わせがあります。塾の卒業生も例外ではないでしょう。晴れて合格した後の開放感で気がゆるみ、入学式翌日にある実力テストではなんとも惨憺たる結果に。でも、そのころには実は「手遅れ一歩手前」の生徒もちらほら。
高校の授業ペースは早く、人間関係も不安。そして多くの高校は、入学後すぐに進路志望アンケートまで提出を求められます。こういう時にこそ、気心が知れていて、情報発信・アドバイスを小まめにしていた「前の塾の塾長先生」に問い合わせや復塾(入会)希望が出やすくなります。コツは具体的に「大変さを予言する」というスタイルの情報発信を行っていくことです。「あのときの先生の言う通りだった〜」ということに、必ずなります。

最初だからこそ約束事をしっかり

高校生コースはけっして「質問お答え型」にしないことです。いまは便利な学習アプリなどもあります。塾ですることと、自分ですることとの線引きははっきりと提示しておくことがポイントです。「わからないことはきいてね」とアプローチを始めるよりも、何を基に学習するか、学習時間の使い方(スキマ時間の工夫など)、どう情報を集めるのか、どんなアプリが使えるかなど、質問時の約束事をしっかりすることが貴塾・生徒さん両方のメリットとなります。

情報を基にしたコーチングを念頭におく

「生徒に合わせて」といいますが、あくまでもきっちりと塾主導で行うことが重要です。
徹底的な情報分析や、生徒の進路や目標に合わせた情報収取、学習習慣の定着にこだわったコーチングが理想的です。学校課題をしっかり丁寧にこなす方法の徹底と、問題がわからないときの対応の仕方を身につけさせた方が、大学生や社会人になったときにも非常に役に立ちます。意識して適度な距離を保ち「教えすぎない」ということも念頭に置くべきです。

定期テスト・模試の結果は記録する

テストや模試の返却時期を事前に把握し、生徒の成績を受け取り忘れることなどないよう、心掛けることが大事です。「テストを見せて」とあらかじめ伝えておき、その約束事は絶対としてください。中学の定期テストとは質が異なります。点数や点の取り方、偏差値など、指導に役立つ情報がいっぱい詰まっています。順位なども適度に意識させるには、生徒個人の勉強時間などとも照らし合わせて、それを面談材料にしてください。ベテラン塾にはStudyPlusなど学習記録アプリを併用しているところもあります。無料アプリですので、生徒さんにその都度見せてもらうこともできますし、塾契約で塾管理も可能です。塾長先生だけでなく、授業担当の先生も、その生徒の「全科目の勉強の進捗」を確認しておきたいものです。

自習利用を高校生に許可すると教室の空気が変わる

自習室で高校生が勉強するようになると、中学生・小学生ばかりの塾とは違い、明らかに年上の生徒が勉強しているので塾で私語・雑談が減ります。先輩の勉強の仕方を参考にと言う、学習アドバイスにつなげることもできるので高校生の自習利用はオススメです。高校生自身にも、勉強の習慣化というメリットがあります。「自習においで!」という声かけは意識して行った方が良いでしょう。もちろん自習室などの環境・体制も整えることが先決です。

一律のシステムではなく貴塾オリジナルの体制を

いまオンラインでは様々な情報・サービスやツールの類が豊富にあります。高校生指導あるいは塾そのものの経験が少ない塾長先生が、いざネットでいきなり環境を整えようとすると似たり寄ったりの塾さんになってしまう可能性が高いです。そうなってしまえば、個人塾より、大手塾やその地域で長年続けている塾の方が、はじめはどうしても強くなります。

よろしければ、事前に我々にぜひご相談ください。

貴塾のご様子や塾長様のご要望に合わせたサービスやツールの提案やアドバイスをさせていただきます。Facebookメッセンジャーでのお問い合わせフォーム・お電話など、お好きな方法で構いませんので、気楽にお問い合わせください。

その時に最適と思われるサービスや情報を提案させていただきます。どうぞご検討ください。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

2018年9月15日

学校の課題, 漢文, 講師ブログ, 高2, 高校部

定期テスト対策!『史記』「鴻門之会」問題の予想

蒸し暑かった日々もすこし秋めいて、勉学に集中する高校生たちが真花塾でも目立ちます。10月に入ると中間テストもあり、定期テスト対策でバタバタする高校生が珍しくありません。
そういうときこそ、真花塾はみなさんをサポートするべく、キッチリ指導やアドバイスを行いたいと考えております^^今回は勉強で苦戦する高校生が多い史記の『鴻門之会』について紹介いたします。

いまさらだけど『史記』「鴻門之会」って?

いまは昔、中国が秦と呼ばれていた時の話です。秦(しん)の始皇帝の死後、中国各地で反乱が起きました。
さまざまな者が、次の皇帝の座を狙って、反乱を起こし、反乱軍を指揮していました。その皇帝の座を狙う者たちの中に、有名な項羽(こうう)と劉邦(りゅうほう)がいました。
二人は同じ反乱軍に属していましたが、戦の最中に占領の順番でトラブルが発生し、友軍同士で戦いに発展しそうになります。

この時点では、劉邦の軍勢よりも、項羽の軍勢のほうが強大です。
そのため、もし項羽軍によって劉邦軍がこれから本格的に攻めこまれたら、劉邦軍に勝ち目はありません。
さらに、お互いの陣営には、そのバトルを望まないものがいました。項羽の親戚の項伯(こうはく)も、その一人でした。
彼は劉邦軍にいる張良と親しい関係でしたので、項羽軍の劉邦軍への侵攻計画を張良に伝えることにしました。

この緊急の知らせを聞いた劉邦は、さっそく、和睦(わぼく)の申し入れをします。そして、項伯は、その劉邦からの申し出を項羽に伝えました。その後、劉邦が停戦のため、項羽に面会を申し込み、そして鴻門(こうもん)にて、ある日の朝、項羽と劉邦との面会が始まります。その模様について、詳しく述べられているのが史記『鴻門之会』です。この流れを頭において、話を読み進めないと、暗殺のはかりごとや、殺生沙汰を望まない忠臣の存在などわけがわからなくなります。

スケールの大きい「鴻門之会」もきちんと分かれば漢文の実力者に!

この「鴻門之会」は文章が長く、たとえ現代文や英語の長文に慣れているような高校生でも、かなり苦戦します。教科書でも、「剣の舞」として場面を限定していると思います。

ここをしっかり読み切ることができる高校生の皆さんは、普段からバランスよい勉強をされていると思います。そうでない高校生の皆さんは(^^♪、いまからしっかりポイントを考えながら勉強をしましょう。ここで、そのポイントを真花塾が紹介します。

「鴻門之会」の登場人物をおさえよう

「沛公」(はいこう) = 「劉邦」(りゅうほう)
この話は、将来、天下を取りたいと願う項羽の道を阻むであろう「沛公」(はいこう) = 「劉邦」(りゅうほう)を暗殺する動きを追う話という認識が大事です。

「項王」(こうおう) = 項羽(こうう)
劉邦のライバルと言えば、項羽ですが、じっさいのところ、今回の暗殺に彼自身は興味ありません。あくまでも参謀や家臣が、劉邦の命を狙っているのです。

劉邦を殺したい人
范増(項羽の参謀)、項荘(項羽の従弟で武将)

劉邦を守りたい人
張良(劉邦の部下)、項伯(項羽の部下だけど、劉邦に命を助けられた過去があり、恩義を感じている)

この6人の描写をしっかりおさえましょう!

昔の時代にもパワーシート?方角にも注意!

現代でも車や食事の場所では、目上の方・ゲストなど敬う方を優先とする考え方、交渉に最適な場所「パワーシート」という考え方があります。古い時代でも同じで

席のおきかたは、主従であれば北が主人(えらい人)、南が従(部下・目下のもの)であり、
主客であれば東が主(ホスト…へりくだる人)、西が客(ゲスト…敬う人)という考え方が一般的です。

高校生の皆さんには、改めて座り方をチェックしてほしいです。

鴻門の会における席の構図を読みとってみると、項羽が西に座り叔父の項伯がそれと並び、次の席次の北には項羽の部下である范増が座り、命を狙われている沛公は三番目の南に座り、沛公の部下である張良は最後の末席の東に座ったことがわかります。

この座り方は、項羽の側が沛公よりも優位にあることを視覚的に示したものであったことになります。対等の条件で話し合い、仲直りする場ですが、いろいろな思惑が働いています。

例えば、項羽はバトルのきっかけになったトラブルの誤解を理解して、劉邦を許そうとしています。しかし後に劉邦が危険人物となる可能性を感じ、今回の会談で暗殺したいと主張しているのは参謀である范増なんです。

そのため范増はいろいろ、イライラするようなことをやっていますよ。部下の家族を人質に暗殺を命じたり、早く殺せと目くばせしたり、なかなかのツワモノです(笑)

さあ、そんな状況で、いかに劉邦がピンチを脱するのか?

彼の周囲にいる部下や武将、恩義を感じる項伯がどうするのか丁寧にチェックしてくださいませ。

『鴻門之会』の定期テスト出題ポイント

高校生の皆さんにおさえてほしいポイントを紹介します。

一、なぜ沛公は項羽のもとに謝りに来たのか?
二、於レ是、何-如、今-者、即、遂、尽、賜ヘ、の漢字の読みを送り仮名も含めて答えよ。
三、沛公北嚮シテ坐シということは、沛公はどこに座ったのか、東・西・南・北で答えよ
四、范増がおこなったこと
五、項伯がおこなったこと
六、後に登場する樊噲の言葉「而ルニ聴二キテ細説一ヲ、欲レス誅二セント有功之人一ヲ」の意味とその理由

以上のことを押さえて、音読することから取り組んでみてください。

今回は高校生専門のネット塾・真花塾が史記「鴻門之」』について、読み進める際の考え方やポイントを紹介しました。古文・漢文の勉強なら、真花塾がサポートいたします。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

2018年7月25日

ネット塾, 古文, 大学受験, 学び, 学校の課題, 教養講座, 講師ブログ, 高1, 高2

読みやすい作品やアプリをご紹介~古文の読み物習慣をこの夏に~

中学生・高校生の皆さん、学校の宿題は進んでいますか?え、まだ、手を付けていない?それはピンチです!せっかくの夏休みにとれる時間を有意義に使いましょう。”提出物の古文・漢文もわかるようになる”ネット塾・真花塾としては、古典作品にふれてみることも一つの方法として提案しています。 将来、高校を卒業し、晴れて大学生や社会人になっても、言葉使いや人付き合いというものに古典作品はとても役立ちます。真花塾には、社会人の受講生もおられます。今回は、この夏に古典に触れるキッカケとしてオススメの古典作品やアプリについて、どーんと紹介いたします。

大学生・社会人向けの講座はこちらもご覧ください

古典の多くは日本語のご先祖様!まずは声に出して読もう

古文・漢文特化の真花塾で高校生たちと話していると、「古文は助動詞とかが覚えることが多くてとっても苦労する」というコメントが多いです。確かに大学受験やテスト対策で点数アップをするには、助動詞の暗記をはじめとする、文法や基礎知識的な要素はとても重要といえるでしょう。しかし、冷静に考えてみください。古典は現在わたしたちが使っている言葉のご先祖様です。声に出して読んでみると、意外としすっと意味が分かることも少なくありませんよ。

ですから、読みやすい作品などを工夫して読んでみると、ちょっとしたスキマ時間でも、ある程度の古文読解力が期待できてしまいます!高校生ならば、いま使っているスマホのアプリも活用してみると、真花塾の添削指導にプラスアルファで上手にすいすいと勉強がすすみますよ。

古文学習に役立つ作品やアプリを紹介

古文を夏休みに点数が取れる教科にしたいのであれば、読解に自信が持てることには非常に多くのメリットにつながります。あれこれと多くの作品を読むということも決して悪くはありませんが、私は一つの作品をキッチリと読破するということこそが理想的だと考えます。イメージを持ちながらストーリーを読み切った達成感は、想像をはるかに超えて、高校生たちの自信になってくれるはずです。

例えば・・・

中学生で聞いたことがある作品は特にとっつきやすいでしょう。「万葉集」「源氏物語」「平家物語」「徒然草」「奥の細道」 といった作品を一つチョイスして読んでみるのはどうでしょうか?中学生のときに勉強した内容って、結構アタマに残っているものですから、抵抗なく踏み入ることができますよ。

古典作品を読み始めるには、「角川文庫のビギナーズ・クラシックス」がオススメです。学生以外にも社会人にも読みやすい資料や年表付きで、わかりやすい工夫がいっぱいの書籍になっています。高校生の夏休みチャレンジとしても挫折しにくく、とても役に立つ古文常識が盛りだくさん(笑)もちろん私の生徒たちには、スムーズに読破できるように手厚く読解サポートしております!

そして高校生であれば、スマホアプリという活用方法があります。例えば、無料で古文単語暗記に役立つアプリをダウンロードして、スキマ時間にアプリを辞書代わりに作品を読んでいくという方法が使えます。

夏休みに古典作品に触れてみよう

今回は、古文・漢文特化のネット塾「真花塾」が、古典読解のきっかけにオススメの作品やアイテムについて紹介しました。読書をするコツとは、「本の厚みを見ないようにすること」だと聞いたことがあります。目の前のページ一つ一つに意識を集中してひたすらにこなしていくうちに、気がついたら全部読み終わっているよ、という内容でした。勉強もそういうものだと私は考えます。あれこれ考える前に、まずは読んでみる・調べてみる・勉強することから始めちゃいましょう!

他サイトご紹介
難関大動画添削ネット指導塾鍛錬場

2018年7月18日

ネット塾, 動画添削, 古文, 学校の課題, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

そこまでやるの?真花塾はそこまでやる!

まだまだ若輩の身でありますが、真花塾はオンラインで学習指導するネット塾として、多くの高校生、ときには大学生の皆さんと触れ合う仕事をしております。最近ではネットという環境を通して、全国の学習塾様とのつながりも非常に多くなっています。今回は、高校生専門のネット塾・真花塾がこだわっているところは何か?ほかのネット指導型のサービスとの違いや強みについて紹介いたします。高校生のお子様に対する参考になれば幸いです。

普段の勉強が指導になるように動画添削指導

指導教科として古文(漢文)に強いということが、ネット塾の真花塾が誇れるメリットの一つです。そして、何といっても動画添削という指導スタイルをとっていることは大きいと思われます。いまの高校生や大学受験を狙う学生さんの環境には、ネットサービスがたくさんあります。なかには安価で受講できる、「録画した授業を再生する」もの「質問回答に特化したもの」なども少なくありません。一見、類似したサービスを提供している真花塾ですが、”生徒個別に動画を毎日毎日作っている”というこだわりは強くあります。
それは・・・
学校課題や自学を中心とした日常の学習が大学受験につながるような効果が高いものになってほしい!、ということです。その願いを込め、毎日動画撮影しています。

動画添削の質を高める情報と習慣

質問回答という形のサービスも人気はありますが、真花塾は多少の時間をかけてでも、学習習慣を定着させること、学力の正確な判断・分析を目的とした情報収集に徹底しています。高校生から「答えがわからない」と質問があったとしても、その「わからない」というクオリティは決してすべて同じというわけではありません。

 ・知識がないからわからない → 教科書は読んでいますか?
 ・数をこなしているのにわからない → 類題・例題の解説や流れを理解していますか?
 ・この単元が全くわからない → 前の単元から理解できていないかも?

高校生たちが、質問という形でこちらを頼ってくれることは、とても嬉しいものです。一刻も早くリターンしてあげたいのが本音です。しかし、根本的な解決をできるよう指導しないと、指導を受けている高校生たちは、結局同じミスを繰り返すことになってしまいます。そこで、「わからない」の本質を探ることにエネルギーを割いています

指導を受けている高校生たちの反応

普段の勉強改善を目的にしている真花塾では、その日の勉強に対する意識を強く持ってもらうように指導しています。その日の勉強で用いた教材やノートのビフォアフター、その日の勉強で解いた問題への感想や反省を書きまとめたものを、欠かさず画像提出してもらっています。指導を受け始めた高校生たちの(えーそこまでやらなあかんの?)という心の声が聞こえます(笑)うん、もちろんやるで!^^

一定期間、真花塾で動画添削を受けるようになった高校生たちは、目に見えてノートの質が変わってきます。これが大きな特徴です。ただ答えや解説を丸写ししているのではなく、冷静に高校生本人たちにとって必要な情報をまとめたノートや、点数アップや失点予防に役立つコメントがいっぱいになっています。この繰り返しにこそ、大学受験に困らない学力・点数アップが達成できている高校生の、秘密が隠されています。

今回は動画添削指導のネット塾・真花塾の一端について、代表の吉川がご紹介しました。今の時代はネットに囲まれている環境です。ご縁があれば、大学受験や高校生の勉強に強いネット塾「真花塾」をお試しください。

2018年5月23日

コミュニケーション, 受験, 大学受験, 学校の課題, 講師ブログ, 面談, 高1, 高2

”毎日”勉強していましたか?

1学期の中間考査の答案が返ってくるころです。
どう反省しますか?反省させますか?

点数が悪かった
時間が足りなくて全部解けなかった
テスト勉強がはかどらなかった
学校の提出物がギリギリまで終わらなかった

いろいろあると思います。それでいいのです。

むしろ「反省点はない」「分からない」と言ってる人、自覚がないだけに非常に危険ですよ。

さて、上記4つのよくある「反省」ですが、
そんなの生徒の様子を見たらわかります。大事なのはここから。

なぜそんな事態に陥ったのか?

です。

以下、生徒に話すことをそのまま挙げます。非常に厳しいです。ご注意ください。

・毎日勉強できていたのか。テスト前に気合いだけ入れて空回りをしていたのではないか?

・「出るよ」と言われた問題だけを必死に丸暗記して、ほかをおろそかにしていたかったか。そんなずるさで得をしようとして、結果自滅しただけではないのか?

・課題や学校教材は3回繰り返したのか。「範囲発表が遅かったから」は通用しません。学校の授業や予習復習は毎日あります。その日じゅうの復習で1回、数日後の復習で2回、テスト前に3回。意外と簡単ですね(^^)

つまりは自分の取り組み姿勢なのです。

自分の頭の良さでも、もちろん学校の指導詳細のせいでもなく、自分の毎日の自己管理なのです。

だから、いますぐ、塾長先生&生徒の面談をしましょう。科目別の分析は、もちろん授業の先生と。

話の中身は、次の期末テストに向けた取り組み方法の確定です。

確定させるわけですから、守らせなければなりません。
守らせることに関しては、鬼の対応が必要。

よく「テストの点数を見て厳しく指導する」と考える先生や保護者の方もおられます。
でも、点数を見て、落ち込み焦っているのは生徒自身です。輪をかけて叱責しても無意味。

本当の厳しさは、面談後からです。
本当の講師の腕の見せどころは、ここからなのです。