メールサーバーの不具合で4/1~4/22までの期間にいただいたメールが届いていない可能性がございます。
大変お手数ですが、上記期間にお問い合わせいただいた方は再度お問い合わせいただきますようお願いいたします。

動画添削カテゴリー記事の一覧です

2019年4月16日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, 動画添削, 受験, 古文, 塾サポート, 大学受験, 学校の課題, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

10連休は事前準備命の”プレ夏休み”ボーっと生きてんじゃねぇよ!【高校生指導Q&Avol.14】

こんにちは!真花塾 塾長ヨシカワです。

記念すべき令和元年にあたる今年のGW。ほとんどすべての小・中学校、そして高校も10日もの間「授業」はありません。

保護者の方ももちろん塾講師も、もしかすると大学受験勉強を本格化した新高3生たちも、きっと「この10日間どうしたらいいのだろう」と途方に暮れている人も多いでしょう。

かといって、塾も組織であり、塾長先生も講師たちにも「連休」は必要です。NHKのTV番組「チコちゃんにしかられる」では、CG担当さんたちのお休み確保のために、チコちゃんの顔出しを一部やめ、それを逆手に取った面白い演出がされています。

とくに高校生指導についての塾長先生方の目下の不安
1)生徒が10日間“勉強しなくなる”こと
2)“どんな勉強を指示したらよいのか迷う”こと

だと伺っております。

今回はこの2つの「よくあるご質問」にお答えしつつ、この10日間も生徒をしっかりフォローできる事前準備を、ともに考えてまいりましょう!

1)「連休はどこで勉強するのかな?」と勉強場所の決定と確保を促す

塾も学校も「休み」とはいえ、もちろん学校からの連休用課題があるでしょう。宿題はない、としても「自分でやっておきなさい」という学校の先生からの指示は十分に「宿題」に準じます!(「出されていないから勉強できない」という自分都合の拡大解釈には、毅然とした声かけと対応を。)

そのためにはまず「連休中の学校の宿題はどうなりそう?」とこちらからの投げかけが大切です。さらに「部活動の予定」「ご家庭の予定」なども聞いておきます。

→連休中「塾が閉まっている」ならば「どこで勉強すれば集中できるのか」を生徒に話し、「家では集中できない」ならば「工夫すれば家でだって十分に勉強できる」ことを話します。本来、勉強は生徒自身のもの。「連休も先生が塾を開けてくれる」という一時の親切よりも、「家ではできないと思い込んでいたけど、先生のアドバイスを守ったら家でもしっかり勉強できた!」という手ごたえのほうが、一生モノの財産となるでしょう。

2)一度教えた内容、またはその生徒にとって「簡単」なものを「多く」出す。解答解説は必ず配布し、「難しい問題に出会ったらどうするか」を話しておく。

生徒が一人で頑張ると決めたとき、ふつふつと湧き出るやる気と同じくらい気がかりなのが「ほんとに一人で頑張れるかな」という不安です。「頑張ってやれ!」という激励はもちろんですが、「困ったらこうやって調べたり、ここを思い出してみたり、解答解説を音読しなさい。きっとできるものばかり。あなたにはできると思えるものを集めているから、安心してすすめていってね」と話し、あとは生徒それぞれの頑張りを信じます。

→なかには、連休中も生徒とコミュニケーションツールでメッセージのやり取りOK!の塾もあります。でも、依存や甘えは極力排除し、「あなたの不安もつまずきポイントも先回りして指示を出しているから大丈夫だよ。困ったときには遠慮なく連絡してね」くらいにとどめておくとバランスが取れます。

このGWは“プレ夏休み”と位置付け、学校課題の内容と量の特徴を把握し、生活リズムや取り組み姿勢、学習すべき科目や単元の優先順位をつけておくことをおすすめします。とくに高3生は、受験勉強に向け、指導の大きな切り替えを必要とする生徒もいます。

この10連休はチャンスです!

かくいう真花塾も、ネット添削指導塾として、生徒への効果的なLINEメッセージ内容とタイミング、zoom指導でのヒアリング内容など、常に生徒さんそれぞれに応じてさまざまな場面状況を想定して指導をすすめております。提携塾の皆様と力を合わせて、塾長先生との相乗効果を高めていけるよう尽くしてまいります!

2019年4月15日

コミュニケーション, ネット塾, 保護者サポート, 動画添削, 受験, 古典教養講座, 塾サポート, 大学受験, 大学生, 学び, 真花塾にほん伝統文化プロジェクト, 講師ブログ, 進路指導

ニッポンはわさびの味?そして勉強も…【真花塾にほん伝統文化プロジェクト】

こんにちは!真花塾 塾長ヨシカワです。

“明日使える古典”をモットーにする真花塾にほん伝統文化プロジェクトですが、今回はがっつり「大学受験生指導」について。

え、塾なのに伝統文化?と思われた方、ぜひ塾長ヨシカワのプライベートとともに、当塾の指導理念を知っていただけますと幸いです。

さて、わさびといえばあの鼻にくるツーンとした辛さが思い浮かびます。あぁお寿司食べたい!そのたっぷりのわさびにしばし涙したあと、どんな感覚になりますか?

唐辛子なら汗が出て、口の中にも刺激がまだまだ続きますが、わさびはなぜか。すーっと冷静になって食べることに集中できる、私はこの落ち着いていく不思議な感覚がとても好きです。

この同じ感覚が、能楽堂でも味わえます。もちろんお能を「観る」ことも大好きですが、舞台の熱気が高まれば高まるほどに、すーっとどっしり、落ち着いた感覚に襲われるのです。まさに腑に落ちる

何かの本で、このようなことが書いてありました。4年ほど前のことで、著者もタイトルも忘れてしまいましたので、一字一句再現できているわけではありません、ご容赦くださいm(__)m

「西洋音楽では、その高まりに応じて観客の興奮もどんどん高まっていく。指揮者が息を止めれば同じように息を止め、同じように息を吸うことにより、観客の重心もどんどんに向かう。

一方では、観客は演者と同じように息を『吐く』。そのぶんだけ重心はどんどんに行き、ストーリーが進むにつれて心地よさが能楽堂いっぱいに広がる。」

どんなに盛り上がっていても、どこか冷静で心地よく落ち着いている。そしてしっかりと自分の内面に目を向けている。

おぉ、なんか強い

この強さ、いったいどこで発揮できるのかといえば、「いざというとき」です。非常に漠然としていますが、現代に生きる私たちにとって、「いざ!」は精神的な強さを必要とするときです。

なにかの事情で誰かを凌駕しなくてはならない「一時的なたたかい」も十分にそのときですが、大切なのは、なにかを「継続するための強さ」つまり「自分とのたたかい」です。

仕事、対人関係、そして勉強(とくに受験勉強)。もっといえば、人生も数十年単位なのですから、生きること自体が「いざというとき」の連続なのですね。

ということで、真花塾のネット添削では、ことさらに生徒を「あおる」「励ます」「気合を入れさせる」ようは指導はしません。よほど目に余るときや、どうしても急いで生徒に目を覚ましてもらわないといけないときに限り、本気で心をこめて叱り飛ばします。

厳しい指導を受けること = ガンガン叱られること、というわけではありません。いつも怒られ続けて当たり前、大人に気合を入れてもらって成長した気分になって、「先生すみません!次はがんばります!!」と言えばそれだけでなぜか許してもらって、ちゃんちゃん。

こんなことを習慣づけてしまえば、先生がいなければ頑張れない、という残念な受験生を作り出します。

じっくり本人にえさせ、自分の言葉で質問を言わせ、解答解説を自分でませて、辞書や参考書で調べさせる。

この過程を経て、本人が自分から「どうしてもわからない」「調べても考えても解決しない」と言ったときこそが、講師の本領発揮です。

調べつくして考え抜いた生徒は、おなじ「分かりません。教えてください」と言っているように見えて、調べて考え抜いていない生徒に比べるとはるかに重心が下にある状態です。

落ち着いて、解説を受け入れる心身の準備が整っているので、指導する側がことさらに熱を見せすぎずとも、すっと理解します。さらに、「自分がどこで間違ったのか」をよく自覚しているため、自信を持って「もう間違えないぞ」という自分への信頼を築いていきます。

これを繰り返して、人間は成長します。

大学に入学する年齢は「大人」として認められる年齢と重なる。つまり大学受験は精神的に幼いうちには成功しないのだ

とある大学受験指導のプロであるN先生がおっしゃっています。

私もまったく同じ思いです。

かつて大人にふさわしい年齢なれば着物の帯を腰の位置まで下げたのと同じく、重心を下にできる人間がほんものの大人であると強く思います。

2019年4月14日

Q&A, ネット塾, 保護者サポート, 動画添削, 古文, 塾サポート, 大学受験, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

ついでに腹筋も鍛えろ!音読のすすめ【高校生指導Q&Avol.13】

こんにちは。古文漢文ネット指導の真花塾 塾長吉川です。

高校生指導Q&Aも今回で13回目。
いつもお読みいただいている塾長先生方、ありがとうございます!

ネット添削指導には、おもにyoutubeの限定公開をつかっています。
今年度からはさらにzoomというビデオ通話アプリによる対面授業(オプション)でパワーアップ。

対面形式だとこんなこともできちゃいます。

それは・・・生徒の音読が「聞ける」こと!

例えば

ヨシカワ:
よし、自分がこれまで取り組んできた方法で解き終えたんやね!
28分経ってるよ。

高3男子くん:
うーん・・・手ごたえないっす。

ヨシカワ:
そうかー。ほんなら次、何したらいいとおもう?

高3男子くん:
え?

ヨシカワ:
そりゃアナタ、音読

高3男子くん:
え、音読?あ、そうか。じゃあ・・・「福島角座衛門は、生国、播州姫路の者なり」

ヨシカワ:
ううん、解答解説のほう。

高3男子くん:
え、こっちっすか?おぉ。「問題文の概要。あらすじ」(以下非常に長いので略)

10分経過。

その間「この漢字なんて読むんすか」「あ、なんやわかった!」「あぁ・・・噛む」「しんどい」「が切れる」「づまりにはこたえる」など、心の声を発すること数回。がんばれ!

高3男子くん:
おーそうか。わかりました。てか、音読ってめっちゃ集中力要りますね!すげー。

ヨシカワ:
ちなみに続けると腹筋も割れるらしいよ。(ただし根拠薄(‘◇’)ゞ)

高3男子くん:
おぉーがんばります!割りたいっす!(笑) 音読すげー!

※解答解説を熱心に音読する生徒さん、塾長先生もぜひよく観察してみてください^^。
見ても聞いてもとっても面白いですし、成長がつぶさにわかり、保護者の方へのご報告もスムーズになります。
ご本人にとっても、聞いててもらえるというのはうれしいみたいです(^^♪

2019年3月10日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, ビジネスマナー, 保護者サポート, 動画添削, 受験, 古文, 塾サポート, 大学受験, 漢文, 講師ブログ, 進路指導, 面談, 高1, 高2, 高校部

どう選ぶ?動画添削で伸びる生徒、対面形式で伸びる生徒【高校生指導Q&Avol.11】

多くの高校生にとって、「動画」で「添削を受ける」教わり方は初めてではないかと思います。映像授業やPCを使った授業は、いまやあちこちにありますが、真花塾の動画添削では独自のポイントがあります。

動画添削には、ただ「課題を提出する」という通信講座の要素だけではなく、「文字情報」「文章」による講師との上質なコミュニケーションが欠かせません。

オフライン塾なら、「塾で勉強している間」だけの指導であることがほとんどなのですが、古文漢文特化ネット塾「真花塾」では、生徒の希望進路が本当に実現するまで、受験当日の朝、合格発表のその時間まで、「その生徒のためだけ」にきめこまかく対応しています。

今回は真花塾塾長の吉川が、動画添削のご導入を考えておられる塾長先生、そしてすでに指導を開始している生徒さんをお持ちの塾様に、動画添削で伸びる生徒、対面形式の指導のほうが伸びる生徒にはそれぞれどんな特徴があるのか、高校生指導8年目の経験を土台に、率直にお伝えさせていただきます。

1)3行以上のテキストメッセージもムリなく「読める」「書ける」

LINEなどに代表されるスマホを使ったコミュニケーションツールは、手軽でとても便利です。その反面、「短文」「スタンプ」いわゆる「スルー」になじんだ高校生には、講師からの課題送信&取り組み方の指示や、面談日時の設定など、大事な情報までもスルーして、すれ違いを重ねることがあります。

もちろん、新しい指導やコミュニティを受け入れ、自分の糧にできるまでの期間は、人それぞれです。講師も、その生徒の個性に寄り添うように尽くしています。ですが特性として、「文字情報が好きである」ことは必須に近いかもしれません。

もし、「講師とはよく会話が弾んで好印象だけれど、メールやLINE、電話でのやり取りには反応が鈍くなってしまう、またはなんとなく抵抗を感じている」という生徒さんは、オプションのzoom指導をご活用ください。

(添削とどちらをメインとするか、塾長先生と生徒さん、保護者の方と密にご相談させていただくこともできます。)

2)「返事すること」の重要さを知っている
先日、木村拓哉さんが「カゼを引くことは大罪だと思う」というコメントをしていましたが、私はテレビの前で「そうそう、ほんとそうだよ!」と膝を打って叫びました!笑

さまざまにコメンテーターが取り上げていましたが、

木村さんが言いたかったことは、

本来は自分で防げる、または気を配っておけば避けられることだ。やむを得ずカゼで思うような仕事の質にならず、遅滞などに陥った場合、一体誰にどんな悪影響が出てしまうのか想像しなさい。さらに、カゼを引いてしまったのだから自分は悪くない、と言えてしまう状況にあぐらをかけてしまうことへの怖さを知りなさい

ということではないかと私は思いました。

たとえばLINEの場合、手軽で便利で、言いたいことは時間を問わず言えます。その一方で、読みたくないときは読まなくていいし、言いたくないときは言わずに済ますこともできます。

大きな話では、

・決めた出願先と受験日程を知らせない
・面談後に志望変更したことを伝えない
・受験後、何度も聞かれるまで自分から合否すら言わない
など。

その結果、指導内容が受験する大学の傾向とがどんどん合わなくなるという受験シーズンのトラブルがあります。

これについては、とくに塾長先生なら誰もがその怖さをご存じだと思います。

ですが、このような生徒は、そもそも普段から「受け入れたいものしか見ない、受け入れない、返事しない」という強烈な、そして攻撃性のある静かなワガママを何度も続けているのです。

私はこれを「サイレントハラスメント」と呼んで、生徒に話しています。

(教育現場でのハラスメントは、先生から生徒に行われるものだと思われがちですが、実際はほとんどの場合、違うんです…!)

もちろん彼らは、ハラスメントなんてするつもりもなければ、性格も真面目で明るい頑張り屋さんたちです。私もそれはよくよく分かっています。

でもだからこそ、心がけてほしいことがあります。

視野を閉ざして、スルーを続けて、自分の価値を下げてはいけません。信頼されない行動を重ねてはいけません。

講師からの指導内容と自分の「受け入れたいもの」に齟齬があればあるほど、不合格まっしぐらになるのはあなた方です。そのことにあとになって一番苦しんでしまうのも、あなた方なのです。

でも、がんばろうと思っているのに、どうしても、スマホにメッセージが来ることに拒否反応があったり、返事をすることがしんどくてたまらなくなったとしても、それは決してあなたの性格のせいではないのですよ。

そこには、あなたの「文字ではなく実際に口頭で指導してほしい」という本当の望みが隠れているのかもしれません。ですから、決してムリをして動画添削受講を続けてはいけません。遠慮なく正直に伝えてくださいね。

そんなとき、私はまず、真花塾のzoomを使った指導をおすすめをします。それが私の責務だからです。

でも同時に、あなたに合ったオフライン指導塾の探し方もアドバイスします。もしかしたら他の有名映像授業の話もするかもしれません。どんな可能性も、一緒に客観的に探ります。

ですから、視野を閉ざさないでください。

大学受験が本当の意味で成功するかどうかについては、学力や素質を語る前に、素直さです。いつでも素直で正直な、誠実な高校生であってほしいと、心から願います。

2019年3月2日

Q&A, ネット塾, 動画添削, 塾サポート, 大学受験, 講師ブログ, 高校部

今こそ知りたい!受かる小論文のススメ【高校生指導Q&Avol.10】

古文漢文特化のネット塾・真花塾では、実は古文漢文の指導だけではなく、提携しているプロ講師の先生による、小論文動画添削指導も承ります。この柳田先生、医学部を含む難関大学にばっちり受かる!ための小論文指導を長年行っておられるのです。

今回は柳田先生に突撃インタビュー!合格するための小論文3つのヒミツをこっそりお教えします。

1、ニュース記事を詳しく盛り込む
「新聞とってないからムリです」と、さも知ったような口ぶりの高校生たちに喝!笑。アナタ、その握りしめてるスマホ、どんな風に使ってるのよ(^◇^;)

ネットニュースでいい、といいますか、ネットニュースが一番役立ちます。とくに海外のyahoo!ニュースを見てみると、新聞社による見解にとらわれないありのままの事実が見えてきます。

物事の日付などの具体的な数字情報もしっかり調べて、書けるように覚えておきましょう。自分の論はもちろん自分のものてすが、ニュースによって客観性が出るばかりでなく、しっかり事実を知った上での考えなのだと採点官に伝わるのです。

2、タイムマシン作戦を忘れずに
過去、現在、未来。これを英語文法の用語だと思ってしまうのは、ちょっと待った!

前にこんなことがあった、いまはこうである、だからこれからはこうなると思われる、という流れを忘れて、「いま」どうであるかばかりを書いてしまったり、「これから」どうなるかという自分の想像ばかりでは、論が飛躍してしまいます。ひとつの課題で、しっかり過去から現在、未来までタイムマシンでめぐるように考え、書くことが大切です。

そのためにも、いかに「過去起きた事実」であるニュース記事が必要か、きっとお分かりいただけますよね(^^)

3、型にガッツリはまろう
料理を考えてみましょう。初心者さんでもレシピどおりにすすめると、とてもスムーズに、そしていい状態に仕上がりますよね。

えー、みじん切りはめんどくさいからテキトーにでっかく切っといたらいいや!とかいって、そんなでっかい玉ねぎをハンバーグにいれてしまえば、見た目も味もイマイチ…。

だからレシピって大切なんです。小論文指導の場合、まずは先生が指示する「型」にしっかりはまるようについてきてください。

人それぞれ、本当の意味で身につくには時間がかかります。「書けた」から満足するのではなく、受験会場で一人で、時間内に合格する答案が書けるのかを常に自問し、それにふさわしいレベルアップに取り組み続けましょう。

最後に…番外編!志望理由書の受かるコツ

「〜たい」は避けます。「将来〇〇したい」ではなく、「〇〇する」と断言して、自分の意志を示しましょう。

2018年11月14日

Q&A, ネット塾, 保護者サポート, 動画添削, 塾サポート, 大学受験, 大学生, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

分かれば納得!大学入学共通テストの受け止め方 高校生指導Q&Avol.6

真花塾は現在、動画添削をメインに、提携する塾の生徒さんの古典授業をさせていただいております。皆さまお世話になっております!

先日、現在の大学入試センター試験にかわる新しい共通テストが試験的に実施されたとのニュースがありました。昨年11月は惨憺たる結果だったようで、今年度は2回目のリベンジとも考えられます。皆様は、どのような感想を持たれたでしょうか?今回は大学入試共通テストと、今後の試験への大切なポイントについて紹介いたします。

身の周りの高校生のリアクション

私が携わる生徒さんの中にも、この大学入試共通テストを試験的に受けられるチャンスに恵まれた高校生がいます。この生徒さんの場合、問題内容は周りに見せてはいけないとの指示もあったそうで、私は実際の問題を目にすることはできませんでしたが、ネット上にはモデル問題や実際に出題された問題なども公表されています。また、これまでの形式と違うことに戸惑った高校生が顕著だとのことでした。私が直接感想を聞いた生徒さんも、不安だ、難しかった、戸惑ったと語ってくれました。

あれ?古典いけるかも?

ですが、とくに国語の古典、「いける!」という手ごたえがあった受験者も、中にはいると思います。なぜなら、すでに公立高校入試では、このような問題もよく出ているからです。特に夏休み、“高校入試問題で全国縦断”という目標を掲げ、全国の高校入試古典問題を解いた私には、この傾向は強く感じられました。

例)出題の本文内容について、生徒が複数人で意見を出し合う会話文がある。そして、そのそれぞれの見解についてまとめられた選択式の問題があり、適切なものを選ぶ。

もしかしたら高校受験を目指す中学生のほうが、かえってこんなの珍しくないという印象を受ける可能性も・・・?!

もちろん、現段階では都道府県ごとの出題傾向によります。一度、皆さまも全国の公立高校入試問題が掲載された問題集を手に取っていただけると、より明確になるのではないかと思います。

慣れない形式に苦戦する高校生

仮に中学生には簡単に思えるようなものであっても、これまで違う形式の問題ばかりに立ち向かってきた高校生はにとっては、なかなか難しく感じられたに違いありません。しかし高校生の皆さんにとっては、たしかに面食らったとは思いますが、出題内容自体、決して怖いものではありません。

そこまでの気づきにいたらず、ぱっと見たときの印象で、「いやだ」「なんでこんなのを解かないといけないんだ」「もし浪人したらこれを受けなくちゃいけないのか」と、自分を追いつめても仕方のないことですよね。とってももったいない!

では、どんな対策をすればよいのでしょうか。

基本は正しく読み取り、正しく手順を理解すること

それは日頃から「自分の意見は横に置いて、他人の意見に耳を傾けて、内容を整理しながら聞くこと」、古典の本文も「書かれていることを正確に文法的に読み取り、自分の拡大解釈はしないこと」です。
ですから、今回のケースのように、「なんでこんな問題が出るんだ!」と自分本位で物事を裁こうとする幼い思考パターンはオススメできません。これから受験生になる中高生の生徒さんは、まだ改善させられる余裕や時間があります。その練習をしていけば間に合います。

あくまで学んだ知識を活用し、解答することは奇をてらったものではありません。いかに冷静に考えられるかがポイントとなるでしょう。

ただ状況や変化が具体的に理解しにくい立場である保護者は、これまでと同じ「受験」という視野で考えてしまうと、お子様との認識のズレを起こしてしまう可能性があります。“受験は家族プレーだ”と私はいつも保護者面談で申し上げていますが、やはりこれからは、このような保護者へのフォローがより必要になってきます。不慣れなことを頑張るのはお子様だけではありません。家族の受験への理解とスクラムがあった方が、受験にはめっぽう強いのです。私は毎年「親御さんのサポートって、生徒にとってはいちばん安心して頑張れる原動力になるんだなぁ」としみじみ思っています(^^)

”家族プレー”の受験アプローチ

私は近年いつも、このようなメッセージを保護者様へ送っています。

ここ数年、すでに公立高校入試はこのように記述力はもちろん、思考力と論理力を問うものもあります。ご本人が将来、実社会で活躍なさるときには、これらの力はすでに「訓練をしているもの」とみなされる世代です。かつて「ゆとり世代」と呼ばれた若者が、社会に出ても一括りにされてしまったのと同じですね。

ただ「変な問題」と思う以上に、「こうやって、自分の意見を横に置いて、他の人の意見を読み取ってまとめあげることも大切なのだな」と視点を変えて取り組んでいただけるよう、私もこれからじっくりと時間をかけて生徒さんに向き合ってまいります。

ただ新テストについての情報をお伝えするのではなく、そう考える理由や目的をはっきりご家庭や生徒に伝えた方が、ご家庭でも応援くださる場合が多いです。

塾長先生へのアドバイス
戸惑い、焦るあまりにいら立ちを見せたり、行動が乱暴になったりしがちなのは生徒も保護者様も同じです。頑張っている受験に対して不安に感じていればこそなので、致し方ないのかもしれません。
でもそれはSOSです。そんなときこそ、それを和らげ、より上の視点や段階で物事を理解させてあげられると、塾への信頼度も増すというものです。
いま述べられている2020年の教育改革は「学校現場は10年は混乱する」と言われています。
その混乱する現場に追いやられた生徒と保護者様を、「勉強」以外の視点からも大きく包み込んであげる存在になれたらと、吉川は考えております。

いま多くの塾長先生が力を入れておられるジュニアの思考力やプログラミングなども、最終地点は「大学入試」「実社会での活躍」であると聞いております。このようなつながりを見すえて、ともに前進してまいりたいと考えております。
どうぞこれからの高校生指導についても、お気軽にお問い合わせくださいませ。これまで培った経験やスキルをフル活用して、貴塾の生徒さんをサポートいたします!