中学部カテゴリー記事の一覧です

2018年10月13日

こどものチカラ, コミュニケーション, ネット塾, 中学部, 受験, 小学生, 講師ブログ, 高校部

キッズから高校生までなんのその!指導を円滑にするテクニック基礎編VOL.2

前回は生徒さんを正しく評価する「ほめる」ということについて、基礎的なアドバイスを紹介させていただきました。第2弾となる今回は、成績やテストに対する評価方法についてのポイントを紹介させていただきます。点数そのもの以外にも気をつけることが多いというのが大事な認識になります。

テスト成績の目のつけどころ

私たちは、ネット経由の勉強サポートをする際に、塾長様へも全教科の点数管理をお願いしています。また同時に「コメントのしかたのコツ」についても細心の注意をお願いしたいと考えております。いかに正論であっても、何気ない一言で生徒さんの意欲やご家庭の感情を害するリスクも潜んでいます。返却されてくる答案や成績には、ぜひ次につながるコメントを生徒さんにしてあげてほしいです。

まずは生徒からリーディングする(情報をひきだす)

小学生・中学生でも同じですが、生徒さんが何も言わないときに、点数だけをみて評価をするのはNGだとお考え下さい。どんな点数でも、先生方から言葉でコメントする前に、まず生徒の感想を聞いてあげてください。ここで生徒さんの心身の状況がわかるので、心を折らずに、次への勉強に持っていけるかどうかの手がかりになるからです。例えば、真花塾・吉川だったらこうするという例を紹介いたします。

はい、先生、点数…。
「ありがとう。(ちらっと見て)どうだった?」

これだけです。

あとは生徒自身が、必要な情報や気持ちを、たくさん話してくれるので、その言葉に対するリターンを意識するだけです。どんな生徒にも真剣に聞いてあげましょう。たまに見当違いな感想も出てきますが、とりあえず聞いてあげてください笑。

ココが一番大事!成績は保護者様の最大の関心事項

「ご家族はなんて言ってくれた?」
意外と使えるセリフです。ご家族の感想に対して、リターンの言葉も多少は微調整する必要があります。

保護者の方の意向と違うことを述べたあと、実は生徒さんから「点数を見せたらお父さんお母さんに怒られた」という言葉があると大変です。たとえ私たちから見たらいい成績でも、ご家族の認識は異なっていたりします。ここは最もアンテナを張る必要があるのです。常に、生徒さん、保護者様、指導スタッフのバランスは意識しておいた方がいいでしょう。

たとえ小学生や中学生でも、けっして力で押さえつけず、あくまで「彼らが自分で伸びていく力」を引き出すのも大切です。毎回のひとつひとつの言動が「長く大学受験まで通える塾」の運営につながります。以上、真花塾・吉川から指導を円滑にするテクニック第2弾でした。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

2018年10月12日

こどものチカラ, コミュニケーション, ネット塾, 中学部, 小学生, 講師ブログ, 高校部

キッズから大学受験生までなんのその!指導を円滑にするテクニック基礎編

塾をされている先生方の多くは、独自の指導方法やコツというものをお持ちの方が多いと思います。そういう情報の交流も今後、いろいろと役立つことが多いのではないでしょうか?今回はオフライン塾で幼稚園から大学受験生まで指導経験がある真花塾・吉川の指導で気をつけていることを紹介いたします。

生徒ごとに1授業につき5コほめる!

学校とは違い、塾での生徒さんの叱り方は難しいですが、ほめるのもなかなか大変です。しかし、正しく評価してあげることで、教えている生徒たちのモチベーションは大きく変わります。学年を問わず、テストが続いて生徒もプレッシャーを感じやすいこの時期、ぜひ「5コの法則」を意識してみてください。吉川がオススメしたい5つのほめ方について紹介いたします。

例)
・誤解なく読んでもらいやすいような字が書けてるね。(他人への意識をほめる)
・前にできなかった分数の計算ができるようになったね。(成長に対してほめる)
・学校の課題、前よりも計画的にすすめられるようになったやん!(自立に対してほめる)
・答えを自分で読んで、覚えるべきところに自分で線を引いてるね、すごいね(自主性に対してほめる)
・前はよく立ち歩いてたけど、だいぶ長いこと集中できるようになったね。(改善に対してほめる)

など。

あいまいにほめることより、具体的にほめることは自信を促すことに繋がります。ポイントは前よりもできるようになったこと
をこちらが見つけてあげて、それをそのまま伝えることです。

生徒が勉強ができるようになる、勉強でほめてもらい、楽しめるようになる、というのが私たちの最も重要な仕事です。それが本当にできていれば、ことさらに盛り上げたり楽しませようとせずとも、自然とわきあいあいとした雰囲気づくりにつながりますよね。

そしてその「勉強での自己肯定感」の土台は、彼らが高校生になったときに、必ず花開きます。”気合い”や”励まし”が効果的なのは高校受験生、つまり中3生までです。高校生への「橋渡し」でいちばん足かせとなってしまうのは、実は勉強内容そのものよりも、勉強に向かう姿勢の浅さ勉強での自分の強みを確信できないことなのです。

高校部の開設をご検討中の塾長様、より具体的な方法や指導内容につきましてはぜひお問い合わせください。

以上、真花塾・吉川からの指導テクニック基礎編でした。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

2018年10月8日

ネット塾, 中学部, 動画添削, 受験, 学校の課題, 小学生, 英語, 講師ブログ, 面談, 高1, 高2, 高校部

え?英語?古典の真花塾が教える英語のレッスン・学習のポイント

高校生の古典学習指導に特化した真花塾ですが、実は英語に関するアドバイスも得意です。意外かもしれませんが、日本語教師として多くの外国人生徒を担当していた時代もあります。そのため、多少の英語・コミュニケーション力は必須でした。今回は英語が苦手な中学生、これから本格的に英語を学び始める小学生、その保護者様のために英語学習のポイントを少し紹介いたします。

1,並び替え問題がニガテな生徒は要注意

英語の勉強で必ず直面する設問といえば、並び替え問題があります。バラバラになった単語を並べて、一つの文を完成させる問題ですが、苦手な子は全くわからないとぼやく時も、、、

小中学生だけではなく、高校生になっても整序問題と名称をかえて、ずっとおつきあいする問題です。大学受験でも必要なのは言うまでもありませんね。

主語(~は/が)と述語(一般動詞/be動詞)と、目的語(~を/に)などの語順がわかっていなければ、誤答につながりやすくなります。単語は覚えれば解決しますが、語順があやふやなままでは長文読解と英作文に大きく影響します。
英文法の固有名称「5文型」という言葉そのものは使わなくても、「英語のことばの順番」と言えば、小学生のお子様にも通用します^^。

2.英単語が覚えられない!

英単語が覚えられない!どうやって覚えればいいの?という質問も絶えることがありませんね。おそらく、ご家庭や多くの塾・学校でも耳にする質問です。この場合、単語を「よみ」「意味」「つづり」の順番で覚えておらず、最初のよみを理解しないまま英単語を覚えようとしている子が多いです。

まず、生徒やお子様に発音させて「ちゃんと音読できるか」確認しましょう。カタカナ読みでもOK。教えている保護者様・先生たちも恐れずにね^^。まずは堂々と言えることが、記憶に残ると言う認識が大前提です。

ある程度発音できる生徒によっては、発音記号のおおまかな読み方(ローマ字的発想でかまいません)を教えて、発音記号を見せてスペルを書かせるのも有効です。ごく普通の単語テストよりも、抜き打ちでこのようなことにチャレンジさせるほうが記憶に残ります。また発音記号を覚えることで、自学でできることが増えて長文学習・語彙力アップに大きく貢献します。

英語を勉強していく・指導していく上でのポイント

この2つに共通するのは、「生徒やお子様自身で学び取れる内容を増やす」ことです。そうすれば勉強中も、先生や保護者様もかかりきりになることが減り、スムーズにご自分の時間を有効活用できますよ(^^♪。

具体的な学習方法についてご興味が湧きましたら、真花塾はいつでも教育相談を受け付けております。また塾指導に興味がある先生も、いつでもお待ちしております。

今回は真花塾の勉強アドバイス「英語編」を紹介いたしました。次回は数学編を予定しております。基礎的な勉強・楽しい数へのイメージ作りにお役立て頂きたいと思います。

※もし「こんなとき教え方どうするの?」「もっとうまく指導するにはどうしたらいい?」などのお悩みがあれば、ぜひリクエストください。お待ちしております。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

2018年9月13日

ネット塾, 中学部, 動画添削, 古文, 漢字変換能力, 漢文, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

国語読解力アップの「いろは」は漢字から?

先日、国語指導で高名な出口汪先生のセミナーに参加し、お話を伺いました。長年多くの学生に携わり、言葉の重要性を説くお姿は、いつお見かけしても「私はもっと頑張らねば!」という気にさせてくださいます。今回は真花塾が考える国語の勉強、読解力のポイントについて紹介させていただきます。

語彙力こそが読解のクオリティアップのカギ

先日のセミナーでも取り上げられていましたが、勉強にとって欠かせない要素は、なにをおいても読解です。読解は、ベースとなる基礎知識や語彙力がものを言います。特に漢字の語彙をおろそかにしては危険です。読解の確かな力があれば、勉学以外の場面でも(たとえば日常勝においても、仕事でも)正確に情報を吸収することもできるし、もちろん小中高生のみなさんにとっては、設問を解く際の冷静な判断につなげることも可能です。その恩恵は教科を選ばないということも、間違いないでしょう。

いま一番注目すべきは「漢字変換能力」

真花塾で古文漢文の勉強の始める中学生、高校生に、いつもいつも言っているのは「漢字変換能力」です。

これこそ独自の語彙ですが、当塾では
古文では「ひらがな表記の語彙をいかに適切な漢字語彙に変換するか」
漢文では「その漢字から作れる漢字熟語の中からいかに文脈に沿った適切なものに変換するか」
という力のことを、漢字変換能力と呼称しています。

一時期は漢検ブームなど流行していたのですが、最近は漢字が得意、好き!というこどもたちはだんだん少なくなってきてきます。もし「好き」「得意」という人がいても、それはただ漢字を覚えている、ということに過ぎないことも多々あります。

脳科学的な側面から考えてみると、彼らが漢字をどうも絵文字のようにとらえて、「形を正確に書けること=できること」だと感じていることに起因するのではないかと思います。

漢字テストも「読む」「書く」が中心で、その熟語や語彙の意味までを問うものは、とくに小学生低学年向けにはなかなかありません。

ちなみに、私のおすすめする漢字練習に最適なテキストは
・水王舎『出口先生の頭がよくなる漢字』シリーズ
・奨学社『ハイレベ100小学〇年』の漢字シリーズ
です。

読解に力を入れている塾さんでは鉄板テキストですが、やはり漢字学習(それも教科書で扱われる以上の読みや語彙)といえばコチラです。!

いかん話がそれてる(笑)、お話を戻しましょう。

真花塾オリジナルの指導法「いろはうた」の品詞分解

古文学習のはじめの一歩で、真花塾が中高生にいつもやっていただいているのは「いろはうた」の品詞分解です。 「きいたことある」レベルの人が多いかと思いますが、この「いろはうた」は使い方次第で、とてつもない効果を発揮するのです。

いろはにほへと
ちりぬるを
わかよたれそ
つねならむ
うゐのおくやま
けふこえて
あさきゆめみし
ゑひもせす(ん)

これ、実はれっきとした古文の文章なんですよ。すごいでしょ?(知ってる方はご勘弁)

例えば・・・

いろ=色
にほへ=匂へ
ちり=散り

色がきれいで散りゆくものは、花、ですね?
ではたねあかしを・・・と言いたいところですが、

すみません、ここから先の指導は企業秘密です!お問い合わせはコチラまで(笑)

音・耳・目・気持ち・・・全身で学ぶ

「いろはうた」を筆頭に、真花塾は、生徒さんひとりひとりのこれまでの古文の学習状況を考えて、いろいろな切り口で楽しく古文を攻めてます。中にはそのうちすっかり「いろはうた」にハマった高校生もいて、それに秘められた仏教観についても紹介し、意見を交わしています。

でもそのはじめも、やはり「漢字変換能力」なのです。

漢字、あなどるべからず。

語彙を大切に、徹底的に!

そして古文を、日本語を、ぜひ私と楽しみましょう!

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

2018年8月21日

こどものチカラ, コミュニケーション, 中学部, 受験, 大学受験, 学び, 講師ブログ, 面談, 高校部

あの尾木ママも怒りをみせた宿題への姿勢

動画添削指導のネット塾・真花塾の吉川です。さて、中学生・高校生の皆さま、そして保護者の皆さまに突然ですが、質問です。

宿題の答え合わせ、誰がしてますか?

真花塾で指導を受けている生徒たちなら、答え合わせの受け止め方、間違えた解答をしてしまった状況を精査して、次へ生かす重要さを身に染みて理解していると思います。しかし、幼いあいだに知らず知らずにクセづいた勉強の仕方や丸つけを、中学生・高校生にもなって続けていると、いざ受験期や実社会で大変な目にあうというリスクも存在します。今回は宿題に対する考え方について、真花塾のスタンスを紹介いたします。

塾であるあるケース「宿題は終わった」けど

小学生が無邪気に語る言葉「宿題終わった!」の言葉には、重要な情報が隠れていることがあります。
例えば私なら、こう褒めます。

「おめでとう。自分で丸つけも頑張ったんやね!」

でも意外と塾では、こんな答えが返ってくることが珍しくありません。
「ううん、お母さんがやった」

多くの学校の宿題にははっきり「自分で丸つけをして間違い直しをしましょう」とありますので、やっぱり自分で丸つけする練習も促してみようとします。
「じゃあ間違い直しのときは、自分で丸つけしてみようよ」。

保護者様は、そんなつもりではないのですが、お子様は意外なほど強固に反対することが多いのです。
「いまこのページの間違い直し、してごらん。正解かそうでないかは言ってあげられるから、自分で赤ペン持って書いてみたら?」と声掛けしても

「えーそんなんしたら、怒られる!わからないところだけ教えてもらえってお母さんに言われたから、ここの答えだけ教えて」
分からないことを原因も含めて考える勉強、そのため家族にも協力をお願いしようとすると、自分で〇付けをするなという指示を塾に告げ口したと家族に怒られると過度に恐れ、指導がたちいかない状況になることも少なくはないのです。

勉強は、考えた結果を受け止め、そしてそれに対する「気づき」「反省」こそが重要なファクターです。そういう勉強方法を身につけることは早ければ早いほど良いのですが・・・。

学校や塾でも難しいケース「方針の解釈」

「ご家庭がその方針なら、それでいくしかないかも」
大事なプロセスが多い勉強のほとんどは、家庭で行うアクションが多いです。その学習には家庭の習慣が大きく影響を及ぼしています。

意外と見落としがちなのが、保護者様が言わなくても「わかっているだろう」と思っておられることでも、その考え方がお子様に身についておらず、そのまま成長をつづけてしまうことです。その結果、丸つけを自分でしない、答えだけ知ればいいということにつながり、そして「〇さえもらえればいい」という発想から抜け出せなくなってしまうのです。

仮に小学生のうちはそれでいいとしても、中学生・高校生になっても自分で解答を読み込めないとか、そもそも読まずに人にきいてしまうとか、そんな安直な勉強をしてしまう生徒になってしまいます。その生徒がさらに大人になったら・・・怖いですね。

優しい先生は答えを言ってくれる先生?

2020年に実施される教育制度の改革では、自分で考える人材にするカリキュラムが重視されます。結果を受け止めず、悩まず、すぐ解決したがるという考え方は、評価から遠く離れた存在になります。
時折、提携塾や関係がある先生方の声を聞くと、答えを教えず考えさせる調べさせる先生が「厳しい先生」、叱ることがなく答えもすぐ教えてくれるのが「優しい先生」だという認識も、最近はあるとのことでした。しかし、2020年以降は間違いなく、真逆です。

現実問題、答えやテストの答案を自己処理や分析できない子に、本当の学力あるとは思えません。思考が追い付かない結果、もしどの大学にも受からないとなると、そのほうが塾・学校。保護者様、いずれにしても大変なことにはなりませんか?

この子は「大学なんて行かない」「専門学校に行きたい」と言ってますから、心配しなくてもいいですよ(笑)。

という意見もあると思います。大学には行かなかったとしても、社会では生きるためにはどうしてたって働かなくてはなりません。ある程度の判断力・分析力を身につける必要はあることは間違いないのです。私たち大人には、お子様・生徒への指示や姿勢を細かく微調整する責任があると思えてなりません。

宿題代行業者と尾木ママ

今でもTVに見かける教育評論家に、尾木ママこと尾木直樹さんがいます。いつもニコニコしている方ですが、子供の教育問題や事件が起きると険しい顔をされることが印象的です。数年前にも学校や夏休みの宿題を、親や子供の代わりに代行する業者と意見をぶつけていたことにインパクトを感じました。仮に親が丸つけを代行することが子供とのコミュニケーションになったとしても、答えや答えを出すプロセスまでビジネス代行することは子供の未来にメリットとならないと、激しい怒りを見せておられました。

教育を考える方のまっすぐな怒りはTVでも鮮明に映ったと思います。

最後に

今回は真花塾の吉川が宿題に対する考え方を少し紹介させていただきました。小学生や中学生などの宿題に、なんだそこまで大げさに、というような感想を持たれた方もいると思います。しかし、小さなプロセスを正しく積み重ねてこそ、思考力や学力は上がってしていきます。早い段階からの正しい苦労が、これからの時代にきっと必要になると思いませんか?

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

2018年8月2日

中学部, 動画添削, 古文, 大学受験, 学び, 講師ブログ, 高校部

好きこそ物の上手なれ?突き詰めると百人一首

古文・漢文の言葉一つ一つを大事にして、意味や状況を想像して学んでいくことが大事ですよ!と、真花塾では勉強サポートを続けています。私自身の経験を踏まえてアドバイスすることも多いですが、勉強は丸暗記ではなく、理解した上で覚える方が、ただ数をこなすことよりもダンゼン効果が高いです。仮に今は理解が追い付かなくても、後になって脳トレのように”アハ体験”と”点数”が押し寄せてきます。なぜそんなことわかるの?と思われるかもいるかもしれません。実は私、吉川も経験者の一人なんです。今回は、高校生の皆さんに、私の思い出話を少しご紹介しょう。今回の大事なキーワードは”百人一首”です。

高校生時代の実話!理系だったので古文・漢文とは無縁

真花塾で指導を受けている生徒さんや、一般教養講座を受講している社会人・大学生の皆さんは、私がずっと文系畑を猛進してきたと考えておられるのかもしれませんね。実は、私は高校時代はリケジョ(なんか古い?笑)で、古文・漢文の勉強にはさほど関心を持ってはいませんでした。いま振り返ってみると、勉強の仕方が分からずじまいだったからだとは思いますが、いまこのように、その古典を使って仕事をしている理由の一つである「高校生が困らないような古典の勉強の仕方を伝えたい」という思いにもつながっています。そういうターニングポイントを与えてくれたのは、なにを隠そう百人一首でした。

カルタや百人一首大会!”地味に役立つ”イベントです

大学受験勉強をしていたころ、よくわからないままなんとなーく古文の現代語訳をしていたときです。ふと目に入ってきたちょっとした表現に、ハッとさせられました。どっかでコレ見たことある・・・なんかわからないけどなんか意味がわかる・・・?そうだ!小5のときに必死で覚えたあの百人一首のやつだ!!
今では継続している学校が少ないのが、非常に残念なのですが、私のころは、百人一首を覚えてみんなで札の数を競うイベントがありました。なぜか昔の言葉の「音(オト)」を覚えること、その言葉の意味を考えることが、当時の自分のツボにはまり、マンガ「百人一首」という解説本を読みながら、ひたすら音読していた小5の冬休み。まさか高校卒業後、浪人生になって試験問題で出会うとは・・・驚きました。
あ!あの時の表現って、これのことだったんだ!そう思った瞬間から、古文・漢文は、私とっての大事な教科に生まれ変わりました。

音(オト)が大事なポイント!丸暗記と「暗唱」の違い

このように、ちょっとした古文・漢文に関する過去を思い出したきっかけから、勉強項目と、そうでなくても「それを使っているもの」とのリンクが増えてくると、いっそう勉強が楽しくなったんです。受験勉強も、大学での研究や学びも、そして社会人になってからも同じです。学びが深まり多くの方々に出会い、インスパイアされて、今の真花塾代表、吉川が構成されている気がします。
自分自身の経験を振り返ってみると、もし百人一首のとき「早口言葉のように」丸暗記をしていたら、状況は変わっていたと思います。しっかり当時の人々の住まいや装束を調べ、言葉の意味を調べ、情景を想像し、誰かに語りかけるように覚える「暗唱」だったからこそ、その後の「気づき」につながったのは間違いありません。ただ札を取るためだけ、100個覚えるためだけによくわからないまま「丸暗記」しても、「気づき」や「着眼」には至らなかった可能性は非常に高いですね。

学校のイベントって大事なことにつながります

今回は、真花塾の吉川の、百人一首についてのエピソードを一つご紹介しました。私たち大人の小中学校時代よりも、いまの中学生や高校生の皆さんはずっと忙しいかもしれません。
ただ、ときどき皆さんが口にする「〇〇のイベントや教科って、テストや社会で役に立たないよね」という言葉を聞くと、待て待て、それをいま決めるのはちょっと早いんじゃないかな?と感じます。いま世の中で有名になった人や成功した人というのは、多くの人が関心持たなかったものにチャレンジや継続をした結果、それぞれの成功につながってきたのです。一見「コレ意味あるのかなぁ?」と感じてしまうような学びも、まずはやってみよう!楽しんでみよう!という姿勢で取り組めば、あとから必ず実を結びます。
中学生・高校生の皆さんには、先入観持たずにいろいろな行事に取り組んでみることをオススメしますよ^^

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》