コミュニケーションカテゴリー記事の一覧です

2019年5月21日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, 中学部, 保護者サポート, 動画添削, 受験, 古文, 塾サポート, 大学受験, 学校の課題, 漢文, 英語, 講師ブログ, 進路指導, 高1, 高2, 高校部

【全力応援中】受講開始から定期テスト30点UP!高3生Hくん、第一志望大合格へまいしん中!

こんにちは!真花塾のヨシカワです!古文は比較的短期間で成果を出しやすい科目のひとつです。この講師ブログを通じ、動画添削のご受講で自信をつけてきている生徒さんたちをご紹介させていただきます。

30点UPでいよいよ90点台に突入!

高2の夏の初回面談のときから、熱い思いでひとつの私立難関大をしっかり見すえていたHくん、彼の持ち味は吸収力もさることながら、なんといっても継続力と実直さと丁寧さです。受講開始から半年で、定期テストでは30点アップ!

毎回の提出ノート、たとえばこんな風です。画像↓をご覧ください(^^)

基本に忠実に、品詞分解→分からない単語や古典常識を調べる→訳文、のみ。

プラスで演習問題もあるものの、まずは内容理解を徹底的に行うことを念頭に置いてきました。もちろん学校内容もしかり。

うわーこんなにぎっしり書き込むなんて!と思った、動画添削の後輩にあたる高校生のみなさん、いい意味で驚かないでください。この先輩と同じように、一語ずつ一文ずつ理解しようという気持ちを持ちつづけていれば、自然とこのようなノートになるのですよ^^。

あとは古文だけでなく漢文も、このような知識整理にプラスして問題演習を怠らず、実戦力を養っていきましょう。合格のカギは漢文にあり!

また、彼は英語も、あのN先生をして「大変に素晴らしい!!」と言わしめたほど、丁寧に確実に実力をつけてきています。

当塾の動画添削は、古典は真花塾の塾長ヨシカワがもちろん担当。そして英語や現代文、数学などの他科目は、提携している某塾代表のN先生が担当してくださっています。文系理系問わず、受験に関する豊富な情報量をもとに、全国の高校生を指導させていただいております。大学受験指導の最高タッグ!(詳しくはお問い合わせください)

中学生のころから通っている「いつもの塾」の塾長先生のサポートも!

Hくんはさらに、LINEを使った講師(ヨシカワ&N先生)とのメッセージのやり取りや課題提出も、非常にスムーズです。今年度から月2回のzoom(ビデオ通話アプリ)による授業も開始し、ふだんの動画添削授業の距離感もぐっと近くなりました。

そして、中学生のころから通っておられる塾の塾長先生の愛情と、きめこまかな自習サポートもたっぷり受けておられます。塾長先生、いつもありがとうございます!Hくんがのびのびといつも笑顔で勉強に励んでおられるのは、やはり身近におられる先生が大きく包み込んでおられることにあるなぁと、私はいつも感じています(^^♪

※当塾の強みは、生徒さんがこれまで長く通っておられる塾の塾長先生とも連携し、「動画添削講師&塾長先生&保護者」全員で生徒さんのサポートにあたることができる点です。

教務は「学校内容で大学受験合格レベルに!」をモットーに厳しく丁寧に、進路相談や学校生活の相談は塾長先生からあたたかく、さらにご家庭ではお子さんの将来をみすえた対応を早めに・・・。このバランスの良さで、今後も生徒さんそれぞれの第一志望大学合格を全力応援してまいります。

高3生の正念場はなんといっても夏休み!

動画添削授業において、”合格指導”のためには最低3カ月は必要です。受講生、提携塾の塾長先生方には「受験学年の7月受講開始」を最終受付とさせていただいております。随時、カウンセリングをメインにした入塾面談(zoomを使います)を受付中。お気軽にお問合せください。

高3生の夏休み、最低一日12時間の勉強時間の確保が不可欠です。「やりなさい」「がんばりなさい」だけでは、がんばりやさんの生徒ほどつぶれてしまいます。受験本番までの限られた時間を、いかに有意義に丁寧に、そして充実した気持ちで勉強しつづけられるかが勝負。

ヨシカワ&N先生のタッグで、全力応援させていただきます!

お問い合わせはコチラ

2019年4月27日

Q&A, こどものチカラ, コミュニケーション, ネット塾, 中学部, 保護者サポート, 動画添削, 受験, 古文, 塾サポート, 大学受験, 学び, 学校の課題, 講師ブログ, 進路指導, 高1, 高2, 高校部

進学校で勉強に苦しむ高校生の君へ

君はいま何年生でしょうか。高1生?それとも高2か、受験を控えた3年生かもしれません。部活には入っていますか?きっと一生懸命に練習にはげんでいることでしょう。部活動がないとしても、週末は学校の宿題などの「しなければならないこと」をするだけで、あっという間に過ぎてしまいますね。

頑張り屋さんの君のことです。中学校ではきっとがむしゃらに勉強して、いい点数を取ろうと気合を入れて勉強していましたよね。そして学校の先生からも塾の先生からも、もちろんご家族からも、もしかしたら友達にも「すごい!」とほめられて、きっと「高校生になったらもっと頑張ろう!」と期待を胸に高校生活が始まったと思います。

高校生としての学校の勉強は、君にとってどうですか。

難しい!という実感はそんなにないと思います。ただ「どうしても」「なんとなく」「いつからかよく分からないけど」点数が取れなくなったのでしょう。最初の挫折が学校の宿題だったり、「授業で当てるぞ」と言われて必死に予習した内容がさっぱり分からなかったり、板書をしない先生にびっくりして、授業を聞いていたのになんにもノートが作れずに自分に絶望したり・・・そんな小さなつまずきだったはずです。

でも、君は自分を責めてはいけません。中学生のころの「勉強ができて当たり前だった自分」を忘れないでください。それが本来の君なのですよ。

ただ、高校生としての勉強の心がけを、ガラッと変えてみることだけはおすすめします。

それは

気合いを捨てること
「だれかに教えてもらえて当たり前」という考えをやめること
勉強時間が確保できていない事実を隠さないこと
「わからないときになにかで調べたり、答えを見てはいけない」とは決して思わないこと
テスト前だけ頑張ろうとはしないこと
学校の授業だけやっていたらダメだ、とは思い込まないこと

・・・そう「やるべきこと」ではなくて「やめるべきこと」を意識するのです。

じゃあ、これらのことを捨てることができたとして、君はそれからどうすればいいのか?

まるで空っぽになった水槽にまたきれいな水を貯めるように、「大学受験にふさわしい考え」で頭と心を満たしていくのです。

具体的には

・毎日全科目勉強すること
・学校の授業と宿題の理解に全力投球すること
・学校の先生への文句や悪口をいっさいやめること
・自分から毎日1つは質問すること
・分からない問題はすぐに「調べる」または「答え合わせをして解説を読む」こと
・眠くなったりやる気がなくなったら、音楽を聴いたりせずに教科書などを音読すること
・塾の先生にはグチではなく相談をすること
・家族には「弱音は吐いたりもするけど心配しないで」と言えること

ほかにもまだあります。今すぐ君にできることばかりです。気合いなんて不要。もう気合いだけで乗り切れるようなコドモの勉強は、君は卒業しているんです。

この「考えの切り替え」はそう簡単にできることではありません。人生には崇高な矛盾がつきものです。君が「考えを変えよう!」と決めて実行しようとしたとき、君を心配するあまり、反対する大人も出てきます。

迷うこともあるでしょう。それでも君は、「心配しないで」と笑顔で手を振って告げて、自分の信じた道を、まるで牛が一歩一歩ずっしりと歩みを進めるように行くのです。

君の新しいこの道のしるべになるのは、もしかしたら「ネット添削」です。私はそんな君ためにこの塾を作りました。いま困っていることの相談だけでもかまいませんし、この文章の感想でもいいです。いつでもメッセージをください。

お問い合わせフォームはこちら

2019年4月17日

コミュニケーション, ネット塾, 保護者サポート, 古典教養講座, 塾サポート, 漢文, 真花塾にほん伝統文化プロジェクト, 講師ブログ, 進路指導, 高校部

仕事も学校生活も!新生活だからこそ「あるがまま」を意識【真花塾にほん伝統文化プロジェクト】

2009年の初夏、私は人生初のローンを組みました。「これを聴くだけで売上が爆発する」という営業セミナーのCDセットです。

新卒で入った会社で、美容サロンをまわる営業の仕事に就いて数か月。これがまた、私は全っ然売れない(契約が取れない)ダメダメ新入社員でした(笑)。電話をかけてもかけても、訪問してもしても契約が取れず、「これはマズい」と焦る毎日。もともと接客や人と話すことそのものには自信がありました。相手のお話を聞くのも手ごたえはありました。

でも商談になったらどうしても逃げられてしまう。先輩のアドバイスを受けて工夫しても、どうしても話に「うそっぽさ」があるのが拭えず、うまい人のやり方を真似てもどこか「演じている」ような、しらじらしい自分のトークの録音を聴き、絶望的な感覚に襲われつづけて耐えられなくなりました。そして、最終的に自分で選んだのがこれでした。

選んだ決め手は、その営業プログラムの内容が「テクニックに頼るのではなく本来の自分で勝負すること。そのため、自分を高め、営業に限らずどんな仕事でも、どんな商品サービスででも使える考え方をつかんでほしい」とうたわれていたからです。

実際に、当時の私にとっては目からウロコでしたし、いま聴き直しても感銘を受ける内容ばかりです。ただし、その内容が身につくまでにはたいへんに時間がかかりました。いまにしてようやく、手ごたえが出てきています。いまは、入塾面談でも保護者面談でも、生徒指導や他塾の訪問でも、まったく動じずにいられます。契約がかかっていようがいまいが、普段どおりの自分でお話しすることができています。

私には「本来の自分」で勝負できるまでに、10年も必要だったということです。でも、このことだけで「そのプログラムには価値がない!」と決めつけてはいません。私は、購入したいきさつや今までの自分の変化をトータルで考えて「あぁあのときこのプログラムに出会っておいて一生の財産を得た」と思っています。

ここでいきなりですが”明日使える古典”の話題をば!

「本来の自分で勝負」といえば、「無為自然」で知られる老荘思想があります。高校漢文の教科書におさめられているものの中では、私は荘子の「渾沌」が、本質をついた鋭さに感銘を受けます。生徒は「文章が短くて分かりやすいから好き」と言いますが・・・(笑)これはまた別の機会に^^。

「あるがままに」がキャッチフレーズですが、これは儒教からの形式主義を否定するだけでなく、天下を取る秘策をも示します。

よく知られているのが上善如水。戦国武将・黒田官兵衛や地酒の名称として馴れ親しんでいる人も多いと思います。水のように柔らかく、環境に応じてしなやかに形を変える。それだけでなく、力を一点集中させた場合には、岩をも穿つ強さを持つ。柔らかくあることは鋼のような強さよりも勝るのです。

新しい生活や環境、チャレンジにおいて、少し息苦しさを感じたときには、ぜひ自分の良さを活かす方法を探し続けるのをおすすめします。

「あるがままに」の柔らかさの裏にこそ「天下を取る」という野心的なものが存在することもあると知れば、皆さんの毎日の過ごし方や人生の目標にも、少し膨らみが持てるのではないでしょうか。

2019年4月16日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, 動画添削, 受験, 古文, 塾サポート, 大学受験, 学校の課題, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

10連休は事前準備命の”プレ夏休み”ボーっと生きてんじゃねぇよ!【高校生指導Q&Avol.14】

こんにちは!真花塾 塾長ヨシカワです。

記念すべき令和元年にあたる今年のGW。ほとんどすべての小・中学校、そして高校も10日もの間「授業」はありません。

保護者の方ももちろん塾講師も、もしかすると大学受験勉強を本格化した新高3生たちも、きっと「この10日間どうしたらいいのだろう」と途方に暮れている人も多いでしょう。

かといって、塾も組織であり、塾長先生も講師たちにも「連休」は必要です。NHKのTV番組「チコちゃんにしかられる」では、CG担当さんたちのお休み確保のために、チコちゃんの顔出しを一部やめ、それを逆手に取った面白い演出がされています。

とくに高校生指導についての塾長先生方の目下の不安
1)生徒が10日間“勉強しなくなる”こと
2)“どんな勉強を指示したらよいのか迷う”こと

だと伺っております。

今回はこの2つの「よくあるご質問」にお答えしつつ、この10日間も生徒をしっかりフォローできる事前準備を、ともに考えてまいりましょう!

1)「連休はどこで勉強するのかな?」と勉強場所の決定と確保を促す

塾も学校も「休み」とはいえ、もちろん学校からの連休用課題があるでしょう。宿題はない、としても「自分でやっておきなさい」という学校の先生からの指示は十分に「宿題」に準じます!(「出されていないから勉強できない」という自分都合の拡大解釈には、毅然とした声かけと対応を。)

そのためにはまず「連休中の学校の宿題はどうなりそう?」とこちらからの投げかけが大切です。さらに「部活動の予定」「ご家庭の予定」なども聞いておきます。

→連休中「塾が閉まっている」ならば「どこで勉強すれば集中できるのか」を生徒に話し、「家では集中できない」ならば「工夫すれば家でだって十分に勉強できる」ことを話します。本来、勉強は生徒自身のもの。「連休も先生が塾を開けてくれる」という一時の親切よりも、「家ではできないと思い込んでいたけど、先生のアドバイスを守ったら家でもしっかり勉強できた!」という手ごたえのほうが、一生モノの財産となるでしょう。

2)一度教えた内容、またはその生徒にとって「簡単」なものを「多く」出す。解答解説は必ず配布し、「難しい問題に出会ったらどうするか」を話しておく。

生徒が一人で頑張ると決めたとき、ふつふつと湧き出るやる気と同じくらい気がかりなのが「ほんとに一人で頑張れるかな」という不安です。「頑張ってやれ!」という激励はもちろんですが、「困ったらこうやって調べたり、ここを思い出してみたり、解答解説を音読しなさい。きっとできるものばかり。あなたにはできると思えるものを集めているから、安心してすすめていってね」と話し、あとは生徒それぞれの頑張りを信じます。

→なかには、連休中も生徒とコミュニケーションツールでメッセージのやり取りOK!の塾もあります。でも、依存や甘えは極力排除し、「あなたの不安もつまずきポイントも先回りして指示を出しているから大丈夫だよ。困ったときには遠慮なく連絡してね」くらいにとどめておくとバランスが取れます。

このGWは“プレ夏休み”と位置付け、学校課題の内容と量の特徴を把握し、生活リズムや取り組み姿勢、学習すべき科目や単元の優先順位をつけておくことをおすすめします。とくに高3生は、受験勉強に向け、指導の大きな切り替えを必要とする生徒もいます。

この10連休はチャンスです!

かくいう真花塾も、ネット添削指導塾として、生徒への効果的なLINEメッセージ内容とタイミング、zoom指導でのヒアリング内容など、常に生徒さんそれぞれに応じてさまざまな場面状況を想定して指導をすすめております。提携塾の皆様と力を合わせて、塾長先生との相乗効果を高めていけるよう尽くしてまいります!

2019年4月15日

コミュニケーション, ネット塾, 保護者サポート, 動画添削, 受験, 古典教養講座, 塾サポート, 大学受験, 大学生, 学び, 真花塾にほん伝統文化プロジェクト, 講師ブログ, 進路指導

ニッポンはわさびの味?そして勉強も…【真花塾にほん伝統文化プロジェクト】

こんにちは!真花塾 塾長ヨシカワです。

“明日使える古典”をモットーにする真花塾にほん伝統文化プロジェクトですが、今回はがっつり「大学受験生指導」について。

え、塾なのに伝統文化?と思われた方、ぜひ塾長ヨシカワのプライベートとともに、当塾の指導理念を知っていただけますと幸いです。

さて、わさびといえばあの鼻にくるツーンとした辛さが思い浮かびます。あぁお寿司食べたい!そのたっぷりのわさびにしばし涙したあと、どんな感覚になりますか?

唐辛子なら汗が出て、口の中にも刺激がまだまだ続きますが、わさびはなぜか。すーっと冷静になって食べることに集中できる、私はこの落ち着いていく不思議な感覚がとても好きです。

この同じ感覚が、能楽堂でも味わえます。もちろんお能を「観る」ことも大好きですが、舞台の熱気が高まれば高まるほどに、すーっとどっしり、落ち着いた感覚に襲われるのです。まさに腑に落ちる

何かの本で、このようなことが書いてありました。4年ほど前のことで、著者もタイトルも忘れてしまいましたので、一字一句再現できているわけではありません、ご容赦くださいm(__)m

「西洋音楽では、その高まりに応じて観客の興奮もどんどん高まっていく。指揮者が息を止めれば同じように息を止め、同じように息を吸うことにより、観客の重心もどんどんに向かう。

一方では、観客は演者と同じように息を『吐く』。そのぶんだけ重心はどんどんに行き、ストーリーが進むにつれて心地よさが能楽堂いっぱいに広がる。」

どんなに盛り上がっていても、どこか冷静で心地よく落ち着いている。そしてしっかりと自分の内面に目を向けている。

おぉ、なんか強い

この強さ、いったいどこで発揮できるのかといえば、「いざというとき」です。非常に漠然としていますが、現代に生きる私たちにとって、「いざ!」は精神的な強さを必要とするときです。

なにかの事情で誰かを凌駕しなくてはならない「一時的なたたかい」も十分にそのときですが、大切なのは、なにかを「継続するための強さ」つまり「自分とのたたかい」です。

仕事、対人関係、そして勉強(とくに受験勉強)。もっといえば、人生も数十年単位なのですから、生きること自体が「いざというとき」の連続なのですね。

ということで、真花塾のネット添削では、ことさらに生徒を「あおる」「励ます」「気合を入れさせる」ようは指導はしません。よほど目に余るときや、どうしても急いで生徒に目を覚ましてもらわないといけないときに限り、本気で心をこめて叱り飛ばします。

厳しい指導を受けること = ガンガン叱られること、というわけではありません。いつも怒られ続けて当たり前、大人に気合を入れてもらって成長した気分になって、「先生すみません!次はがんばります!!」と言えばそれだけでなぜか許してもらって、ちゃんちゃん。

こんなことを習慣づけてしまえば、先生がいなければ頑張れない、という残念な受験生を作り出します。

じっくり本人にえさせ、自分の言葉で質問を言わせ、解答解説を自分でませて、辞書や参考書で調べさせる。

この過程を経て、本人が自分から「どうしてもわからない」「調べても考えても解決しない」と言ったときこそが、講師の本領発揮です。

調べつくして考え抜いた生徒は、おなじ「分かりません。教えてください」と言っているように見えて、調べて考え抜いていない生徒に比べるとはるかに重心が下にある状態です。

落ち着いて、解説を受け入れる心身の準備が整っているので、指導する側がことさらに熱を見せすぎずとも、すっと理解します。さらに、「自分がどこで間違ったのか」をよく自覚しているため、自信を持って「もう間違えないぞ」という自分への信頼を築いていきます。

これを繰り返して、人間は成長します。

大学に入学する年齢は「大人」として認められる年齢と重なる。つまり大学受験は精神的に幼いうちには成功しないのだ

とある大学受験指導のプロであるN先生がおっしゃっています。

私もまったく同じ思いです。

かつて大人にふさわしい年齢なれば着物の帯を腰の位置まで下げたのと同じく、重心を下にできる人間がほんものの大人であると強く思います。

2019年4月7日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, 中学部, 保護者サポート, 受験, 塾サポート, 大学受験, 小学生, 講師ブログ, 関連記事, 面談, 高校部

新年度。”辞めない”非常勤講師たちをこう育てる!【高校生指導Q&A vol.12】

真花塾の古典ネット指導は、塾長吉川が責任を持って、全ての生徒さんを担当しております。これが超・個別指導の名称の由来です。

一方で私はまた、各個別指導塾さんにおいて、生徒指導や指導に関するアドバイスなどもさせていただいております。

今回は新年度ということで、新しく指導を開始される先生方、そして「中堅以上」になっていかれる先生方をとりまとめるための工夫をご紹介します。

それはLINEグループの「ノート」機能です。

週3回を目安に、幼児~中学生の5科目、さらに高校生指導について、皆さんにとってためになり、”今日も授業がんばろう”と元気を出して強固な”講師チーム”になっていただくべく、いろいろな切り口から記事を書いています。

いくつかタイトルをご紹介しましょう。

【古文の辞書の選び方】

【高校生・中学生数学の学び直し】

【〇〇先生と考えました!新中1生の教科別ポイント(国・数・英)】

【きちんとシカケてますか?仕掛学

はなんのために読むの?】

【新中3生保護者向けガイダンス終了レポート】

新高2生、新高3生を担当される先生方へ】

などです。

たとえば、こんな例があります。

社員講師数名、非常勤講師20名以上の講師チーム。
それぞれ個性的で、それぞれの「信念」にもとづいて指導しておられ、「先生よる指導力のばらつき」を保護者に指摘されていた塾さんが、いまではこの「ノート」により、同じ方向性を持って指導されています。非常勤講師の皆さんもやりがいを持って働き、やめる先生はとても少なくなったとのことです(^^♪

我が塾も講師たち向け「記事」がほしい!とお考えの塾長先生がおられましたら、問い合わせフォームからお知らせください。貴塾のご方針や内容についてきめこまかくヒアリングさせていただき、記事作成を代行させていただきます★