ケーススタディカテゴリー記事の一覧です

2019年6月13日

ケーススタディ, コミュニケーション, 古典教養講座, 古文, 真花塾にほん伝統文化プロジェクト

【開催しました】狂言の登場人物に学ぶ!役立つコミュニケーション講座inOBPアカデミア

去る6月9日(日)午後、真花塾にほん伝統文化プロジェクト主催講座を行いました。狂言台本を講師とともに音読し、登場人物のセリフや行動から学べることを考えます。会場はこれまでの「塾教室」から飛び出して、OBPアカデミア(大阪市中央区)セミナールームです。能楽堂の座席をイメージしました。

狂言《魚説経》からの一場面からのオープニングです。「実際に狂言の演目を見たのは初めて。演じる声、伝えようとする声に圧倒され引き込まれた」とのお声も。

第一部。真花塾という塾名は世阿弥の「まことの花」に由来します。古典、古典芸能という切り口からいかに気づきを得るか、そしてどのように自分に活かすか、塾長吉川の狂言鑑賞経験からの気づきとともにお話しします。

第二部。いよいよ狂言台本《仏師》を音読します。本講座は一般的な音読や、接客研修にも取り入れられるような発声練習とは少し異なります。それは「セリフ」「登場人物の持つ背景」に着目しているからです。

「伝わる」コミュニケーションのポイントのひとつに「声」があります。また、実際の身振り手振りから、体と声を組み合わせて「伝える」ための工夫やアイデアを学びます。いわゆる「詐欺師」である仏師の、だましがばれそうになるときの必死の抵抗も面白い!

当塾では一般の方向けの講座後、かならずお菓子とお茶をお出ししています。お菓子は第1部の隠れたテーマでもあった「2020年」にちなみお選びしました。(写真は後日、塾長吉川の振り返りの場にて)

喫茶去の精神と、体験後の和気あいあいとした意見交換が活発化し、多くの方に「教えられる」こと以上に、「ご自身で気づきを得ることの大切さ」を感じていただける場となりますよう、今後も活動を続けてまいります。

そして「よし、明日自分は自分の活動において、どんな工夫をしてみようかな」と思いをめぐらすことの面白さを体感していただきだいと願っています。

最後に、ともに時間を過ごされたご参加の皆様、講師を務めてくださった河田圭輔(狂言実演講師)さん、朝原広基(能楽研究家)さん、当塾スタッフ、3月の会場さがしのときからご縁をいただいたOBPアカデミアのスタッフの方々、本当にありがとうございました!

皆さんの「まことの花」が、それぞれのフィールドで大きく咲き誇ることを夢見つつ、古典を「使う」ことへの可能性を追い続けます!

2019年5月28日

ケーススタディ, コミュニケーション, 古文, 大学生, 大学生講座, 学び, 就活, 真花塾にほん伝統文化プロジェクト, 講師ブログ

必見!体験型コミュニケーション研修をお探しの企業研修ご担当者様へ【真花塾にほん伝統文化プロジェクト】

初めまして。真花塾の吉川真梨と申します。当塾は、古文漢文を武器に大学受験を目指す高校生のためのオンライン塾です。いわゆる「お勉強」の古典を教えています。

じゃあ、なぜ古典を教える大学受験指導塾の人間が、社会人向けの体験型コミュニケーション講座を開催するのか?

とてもよく質問されます。

私の思いはただ一つです。

古典を”明日使える知恵”として活かしてほしい。勉強科目として学んだ人がたくさんいるからこそ、今度は実社会のコミュニケーションの場で、それを本当の意味で役立ててほしい。

このようなわけで、就職活動に励む大学生や若手社会人の方にも”明日使える古典”として学びを深めるための【真花塾にほん伝統文化プロジェクト】を立ち上げました。最近では、学校や塾の先生をはじめとする教育関係者の方々も関心を寄せていただいています。

明るい”アホ”がいちばん強い

ただいまご参加お申込み受付中の、狂言の登場人物に学ぶ!役立つコミュニケーション講座inOBPアカデミアは、狂言《仏師》の台本を音読しつつ、「アホの強さ」つまり「取り繕わない自分でいることの強さ」を知るのを目的としています。

音読と一口に言っても、これもまた「お勉強」とは異なります。

狂言の実演講師に「サラリーマン狂言」でおなじみの河田圭輔氏を、さらに関西を拠点に能楽研究を長年続けておられる能楽研究家の朝原広基氏をお迎えし、いわゆる座学研修とは一線を画す講座づくりをしています。

もちろん、「人を育てる」「人をやる気にさせるコミュニケーション」の切り口から、真花塾塾長の吉川もお話しさせていただきます。

2017年に春に当塾が大学生に行ったアンケート結果によると、社会人として身につけておくべきスキルは何か?という問いについて、103名のうち97名が「コミュニケーション能力」と回答しました。

若者も「社会に出たらこのままではいけない!なんとか自分のコミュニケーション力を高めないと!」と、なにか突破口を探しつづけています。

ですが、コミュニケーションの質は「相手がいること」を前提としています。

だれかれ構わず話しかけてみたり、やみくもに経験を積もうとしたり、方法論を学ぶだけでできるようになるというものではありません。

ときに空回りしつづける若手社会人の皆さんに、狂言の登場人物に自分自身を投影させつつ、「台本の音読」という体験型の講座を通して、自分の殻を破ってほしいと考えています。

実社会で必要とされるコミュニケーションは、”明るいアホ”でいられること。

そこにいるだけで場が明るくなりお話もはずんだ結果、お客さんがどんどん集まったり、チームを活性化させるような人、そして周りから一目置かれるような人って、いませんか?

その第一歩は、自分がまずコミュニケーションに対するこれまでの意識を変え、考えや行動を「ほんものの社会人」としてふさわしいよう変えていくことなのです。

企業向け「狂言をつかった体験型ビジネスコミュニケーション講座」お問い合わせも随時

また、当塾では企業向け研修講座(御社に出張します)のお問い合わせも随時受け付けております。

狂言を使った体験型ビジネスコミュニケーション講座とは

お問い合わせはコチラ

真花塾にほん伝統文化プロジェクトは”明日使える古典”を、社会で活躍する皆さまにお届けする全く新しい古典教養講座です。

【お申込み受付中!】2019年6月9日(日)狂言の登場人物に学ぶ!役立つコミュニケーション講座inOBPアカデミア

2018年11月9日

ケーススタディ, コミュニケーション, 古典教養講座, 大学生, 就活, 真花塾にほん伝統文化プロジェクト

真花塾にほん伝統文化プロジェクト「2019年度 新ビジネス古典講座始動!」

古典に特化した高校生指導を行っているネット塾・真花塾では、学生以外にも社会人や大学生といった一般向けのイベントや企画も数多く行っております。その中でも、台風21号の影響で10月から延期中のビジネスマンのための”営業&プレゼン”お悩み解決!狂言からみる「こんなときどうする?」ケーススタディ講座・・・名称仮(笑)があります。

現在は、開催を楽しみに待ってくださっている参加者の方々のお声をチカラに、さらにパワーアップすべく企画中です。今回は、先日、会場のOBPアカデミアさん(大阪・JR京橋駅すぐ)に、大学生スタッフNと下見に行かせていただいたときのレポートを紹介いたします!

OBPアカデミアご担当の島村瑞穂さんとの出会い

ご挨拶もそこそこに、さっそく「コーヒーでもいかがですか^^?」とお気遣いくださいます。

いえいえ、おかまいなくー!

「ご遠慮なさらずどうぞ、私も飲みたいので^^。コーヒー以外にもいろいろあるんですよ」

うぉー!変な遠慮をさせないまっすぐなお優しさに、塾長吉川はすぐに島村さんのファンになりました!

そしてコーヒーサーバーもあるフリードリンクコーナーを案内していただき、女子大生スタッフNともわいわい盛り上がりながらドリンクをGET。

そして、いよいよ講座教室の候補を実際に見せていただきながら、お話を伺います。

・・・おっとっと。ココから先、具体的な内容はざっくりカットです。当日までお楽しみに!(笑)

OBPアカデミアさんと詳細な打ち合わせをスタート

10月向けに作っていたチラシを持参し、「若手ビジネスマンの応援をしたい」とお伝えして、より具体的に、講座の見せ方とOBPアカデミアさんにお願いしたいことを打ち合わせていくなかで、こんなことがありました。

吉川:島村さん、やはり狂言やお能には、お詳しいですね。

島村さん:大学時代、能楽部でした。

吉川&スタッフN:おぉー!それは心強い!

島村さん:ただ「観る」のではなくて、実社会に活かす、という視点で見るならば、たとえば営業さんやプレゼンをする人たちにとっての「ケーススタディ」というフレーズはどうですか?

吉川:おぉー!それ使わせていただいてもいいですか?

即決です(笑)。まさに私が2017年の真花塾の開校以来、すっと試行錯誤を重ねて「古典を現代の私たちの実社会に活かせる」ようにしたいと考えつづけてきた問いの、いわば「答え」だと直感しました。

島村さん、このときに鳥肌のあの感覚を、私は忘れません。有難うございます(^^♪

これからの社会を生きる大学生のために

OBPアカデミアさんとのお話は、吉川だけではなく、女子大生スタッフNにも大きな「気づき」をいただきました。

それは、彼女が後日作成した「下見レポート」の最後にも表れています。

【Nのレポートを一部抜粋】
就活について:⾯接は、すごく緊張して異常に饒⾆になるか、喋れなくなるかの2つのタイプに分かれる。どちらもバランスよくとれた緊張に持っていくことによって、会話のキャッチボールがぐんと楽になる!
↓↓
就活を目前に控えた大学3回生にとって、だたの「下見の同行」を超えた有意義な時間となりました。本当にありがとうございました!

ということで、OBPアカデミアさんと真花塾で意見交換し、練り上げた学生や一般の方向けの教養講座を、真花塾は今後も発信していきます。女子大生スタッフN、真花塾ではチラシづくりにもアイデアを出してくれていて、教養講座の企画・広報の仕事を通じ、ぐんぐん成長しています!

打ち合わせの段階でも「気づき」が多い企画です。さらに精度や効果を高めて、参加いただける皆様にとって実りあるものにしたいと考えております。

ビジネスマンのための”営業&プレゼン”こんなときどうずる?狂言からみる「こんなときどうする?」ケーススタディ講座・・・名称仮(笑)

2019年初夏をめどに開催日時を検討中です。

このブログ記事をはじめ、続報をどうぞお楽しみに!