講師ブログ

2018年9月10日

受験, 大学受験, 学び, 就活, 推薦入試, 講師ブログ, 進路指導, 面接練習, 面談, 高校部

どこからでもかかってこい!究極の面接練習のひみつ

塾講師の仕事番外編、それは面接練習です。 面接対策は真花塾でも、人気と実績ある指導の一つです。高校生や大学生の就活、教員採用試験対策、各種推薦入試や医学部入試での面接対策など、一口に面接練習といっても、目的はいろいろです。

今回は就職試験に向けた、面接練習の模様を少しお見せします。 真花塾での受講を検討されている方、面接対策に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

オーバーコーチングしないことが大事

良くない面接練習で代表的なものは暗唱大会になってしまうことです。質問をしている相手の顔を見ず、ただ頭の中にあるセリフを一言一句間違えることなく答えようとしがち。

そうなると、「生きた回答」にはならず、相手の記憶には残りません。下手にセオリー通りのものだけで安心してしまうと、「その他大勢の受験者」と同じように見なされてしまうかもしれません。こんなときに手取り足取り、講師の側でオーバーコーチングすると、指導者の文言だけの答弁になりがちで個性が見えないというリスクもあるのです。だから文例ばかり追い求める面接対策はNGと言わせていただきます。

真花塾ならではの面接対策とは?

真花塾で面接練習のときは、志望動機や自己PRを中心に、非常に幅広くさまざまな質問を投げかけるようにしています。 よくある質問に、「合格するための答え方」などのテンプレートはいっさい用意しません。皆さん自身が、どのように考えて答弁するか、何を好み目指している人材であるのかが学校や企業で評価するところだからです。だから面接練習で行う質問は、いろいろ用意しています。

えーそんなの本当に試験で聞かれるんですか、とよくびっくりされますが、面接練習は、なにも受け答えの練習という位置づけだけではありません。 セルフジャッジという点でも非常に重要です。受け答えの正解なんてものを考えるのではなく、自分自身を冷静に見つめなおす材料にすることをオススメします。

自分がどうなりたいのか、なぜこの道を選ぼうとしているのか、なぜその職種や大学が好きなのか、本当に頑張れるのか。それらの「最終確認」をしてもらうため、私はトータル4回以上の授業においてじっくり対話します。

ある高校3年生男子とのエピソード

高校生:「私は、子どもの頃から父がその仕事をしているのを見ていて、自分もやってみたいと思いました!」

胸を張って答えてくれます。

私:では、お父さんのどのような姿を見て、自分もやってみたいと思われましたか?詳しく教えてもらえませんか?

高校生:「…え?え?えっと…えっと…分かりません」

んなアホな!と思いますが、意外ととてもよくあることです。もちろん、就職面接の練習だけでなく、大学の推薦入試や就活向けの練習もしかり。

きっと本当は自分なりの理由があるのに、「エピソード」を振り返っていないため、どうしても「誰かに言わされているような」「生きていない返答」に聞こえてしまいがちです。

いざ、合否を分ける指導

だから、ここから時間をかけます。

私:お父さんはご自身の仕事について、どんな話をしてくれたの?^ ^

高校生:「残業だとか、あんまり面白くないとか、疲れたとか…いろいろ」

私:でも、きっと何かがカッコいいなと思ったんでしょ?

高校生:「疲れてても、頑張るっていうか…あ!お客さんが待ってるから明日も早起きするねんって、言ってた」

私:そう^ ^じゃあどんなお仕事内容か、聞いたことある?

こうして、どんどん掘り下げていきます。そして、ご家族の話や企業見学の話など、ぐいぐい聞き出して盛り上がったあと、ラストはロープレ形式で締めくくります。

私:では志望動機を聞かせてください。

高校生:「私は、父が同じ仕事をしていたこともあって、もともとお客さんのために〇〇で役に立つ仕事に就きたいと思っていました。そして、学校の先生にも相談して自分の進路を考えていたところ、御社の求人票に…」

内容がぐっと深くなりました。そして何より、本人がもう、こちらが感動するほどイキイキと誇りを持って受け答えしています。

これでどんな担当者であっても、どんなことを聞かれても大丈夫(^-^)!

私は心の中でガッツポーズをして、「いまの本来の自分で行っておいで」と声をかけて、あとは受かってくるのを待ちます。 正直、こういう指導が出来れば合格することが殆どです。

面接は会話であり対話

「何を言えば受かるか」「自分をどう見せようか」と思っているうちは、担当者と会話ができません。自己PRもマナーもちゃんとできたのに、なんで落とされたんだろう、と言う人が、ときどき大人の中にもいますが、「ちゃんとできたか」ではなく「ちゃんと伝わったか」にウエイトを置いてみてください。

面接を受ける方の多くは、入社後の仕事内容や入学後の学問の知識なんて、なくて当たり前です。それをちょいとパンフレットを見たり聞いたりしただけで、さも「自分はできます!」みたいに振る舞ったところで、見る人が見たらすぐわかります。

誰かのために頑張れる人、仕事を通じて誰かや何かの役に立ちたいというシンプルな思いこそが、皆さんのチカラになります。そういう前向きなエネルギーや意欲を面接で感じるようにすることが大事です。正確に暗記することを念頭に置くと、大事なことが伝わらない可能性が大です。

取り繕わないことがなによりも大事

面接で伝えたいことを考えるには、自分にしか話せない、自分の感じたエピソードを伝えること。 頑張れます、頑張りたいですという思いを忘れないこと。 それが鉄則です。もちろん、ただ「頑張りたいです!」「入りたいです!」のたいたいモードに入ってしまってはいけません。ひとりよがりの会話にならないように、目的意識を持ってきっちりと指導を受けてください。

ごくまれに、「自分はこんなにも強い思いを持ってがんばっているのに、練習とはいえダメ出しをされるなんて信じられない!」とパニックになってしまう人もおられます。(とくに大学生以上の社会人の方)

でも、その思いの先にあるものを伝えたいと思いませんか?誤解なく伝えられるスキルを身につけたいと思いませんか?

リラックスして、とか、気合いだ、笑顔だ、などというただの励ましではなく、「どんな質問にでもニコニコと対応できる」ココロの持ち方を伝えるのが、塾長ヨシカワにできる真花塾ならではの面接練習だと思っています。

今年もこの時期、面接対策が忙しくなる時期がやってきました。
頑張れ(^-^)

2018年9月4日

ネット塾, 動画添削, 受験, 推薦入試, 講師ブログ, 進路指導, 高校部

「お願い」よりも効くよ! 受験に強いのはルーティン

大雨や台風などに苦しんだ日本列島ですが、皆様のお住いになっている地域はいかがでしょうか?真花塾がある関西でも全国区のニュースで流れると、とくに今年の大雨・台風の被害は並大抵ではありません。さて9月に入り、高校生専門の真花塾らしく、まずは大学受験スタートといえばコレ!推薦入試が始まります。今回は、大学受験に必要なポイントとは何かについて紹介いたします。

大学受験の足音はすぐそこに

お母さんがお守りをくれた、とか初詣で合格祈願した、とか、これから受験期に向かうなかで、よく見かけるシーンですね。年末年始には全国の受験生たちの合格祈願の様子がニュースで取り上げられます。でも私立大学が多い関西エリアでは、この9月10月からすでに、願掛けやお守りの類は、あるあるトークなんです。

そうです!
公募制推薦入試や指定校推薦やAO入試などを受ける高校生にとっては、もう受験はすぐそこなのです。

ごめんね!でも鬼になると決めた「わたし」

この時期に質問で決まってきかれるのが、「どの神社に行ったらいいか」です。
私は神社もお寺も大好きなので、学業成就と言えばいろいろと思いつきます。 もちろん神社はおすすめスポットです。ついでに神仏習合のおもしろさや、近くの和菓子店なども紹介できるくらい好きです。
でも、心をオニにして、毎年、毎回、こう言います。

お守りがなくても受かるよ。それでも行くの?

頑張りで得られる受験勉強の方が効果がある

いきなりこう返された高校生たちはみんな言葉を失います。うぅーごめんねー(´;ω;`)ウッ…

わくわくとした表情で同じことをご質問になる保護者の方もいらっしゃって、そのときも心の中でごめんなさいと言いながら、やはり同じことを言います。

人気が高い大学を受験される場合、あとわずかの差を決めるのは神頼みではなく、いま小論文練習にかける一分一秒、試験併用型ならつかみかけているその問題ひとつひとつをばっちりマスターした方が、やはり合格率は上がると思うのです。勉強よりも合格祈願に気持ちが向いてしまい、実際にその時間を割いてそちらに出かけてしまうということは、指導する立場からみると本当に不安です。

正直、私も言いたくないセリフです。しかし、お子様を合格させると決めた以上、より確実に合格していただくためには、やはりオニになります。だから、少々辛くても頑張って言わせていただいています。

「合格お守りやお願いをしなくても、ご本人のがんばりと取り組み次第で受かりますよ。それでも遠いところに時間をかけて、願掛けに行かれますか? 」

ときには表情いっぱいに反抗の意思をぶつけられたことも、何度かあります。しかし、そんな生徒たちも、いまでは立派な大学生になっています。「あのときはごめんね(笑)」と懐かしむこともあります。それもやはり合格してこそ。安易な励ましの言動で、万が一落ちていてしまったらと思うと、やはり私は自分の責任を思います。

有名人の”お守り”はルーティン

スポーツやプロの世界では、ルーティンというものがそのまま、自身のお守りになります。いまでは誰もが知るメジャーリーガーのイチロー選手が有名ですが、例えばバターボックスに入るときの屈伸やバットを回すといった動作です。練習でも、本番でも同じ動作を合間合間に取り入れることで、心のスイッチを切り替えることに役立てています。そうすることで、どんな大舞台であっても緊張せずに、いつものプレーができるのだそうです。同じ理由でも日本の女子バレー選手が、ルーティンを取り入れて試合での動きが変わったという報道もありました。受験生こそ、ルーティンが必要ではないでしょうか?

真に強い受験生の共通点

本当に「受かる」人はわざわざ神社を探してまで合格祈願はしません。受験で必要なのは、特別なことやアイテムではなく、普段からの勉強ひとつにかかっているのを、身をもって体験しているからだと思います。 ボロボロになっても大切に「いつも」使っている勉強の問題集、文房具、辞書などの方を大事にして、ペースを崩さずに勉強に励んでいます。

元気をくれるものは何でもお守り

お守りとは「がんばる気持ちを思い出すアイテム」です。 お守り袋やゲン担ぎグッズは、「それを持っていると勇気が出る」から持つのです。 ならば、いつも使ってる問題集やノート、いつも使ってるシャーペンが、みなさんを力づけてくれます。

ポイントは「いつも」使ってるもの。

「いつも」「心をこめて」勉強に向かうときのいつもの相棒です。 そして、ルーティンのように、いつも通りの取り組みを受験時にも続ける方が効果は倍増します。

ここまでくると、受験や推薦入試について、もうこれ以上、私からお伝えすることはありません。
「いつも」はそう簡単には作れない。 いまならまだ間に合います。

みなさんは何を「お守り」にしますか。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

2018年9月2日

コミュニケーション, ネット塾, 動画添削, 受験, 学び, 就活, 講師ブログ, 面談, 高校部

ビリヤード思考

ビリヤード、雅な言葉では球突き、なわけですが、要するに「自分の打った球がほかにどう影響しているか」を考えるのが肝心です。どのように突けば、狙い通りに進んでくれるのか、壁にぶつかったときに、どの方向へ行くのか頭で意識しながらアクションを考えていくことが醍醐味です。この考え方は、実は社会でも勉強でも必要なことだと真花塾の吉川は考えています。今回は、「ビリヤード思考」ともいうべきこの考え方について紹介いたします。

ビリヤード思考は経験で得た発想法

ビリヤードというゲームを難しくする要因は、ボールやバンク(壁)など、自球や狙い球と入れるべきポケットのコース上には、幾多のものが存在していることです。それぞれの動きは変則的で、遠回りに思えることでも、それらすべてにも何らかのアクションをしないと道は開けないということです。また、向こうも何らかのアクションをしてくれることを前提で、待ち構えていることもあるという部分もあります。

実は、私は新卒で入社したITっぽい会社で、全く結果が出せず、自分なりに努力はしましたが、失意のまま辞めたという黒歴史があります。そこで学んだことも多く、いまでは逆に元気いっぱいの毎日を過ごしています。いま当時を振り返ってみると、いろいろ原因はありましたが、相手からきたアクションにリターンする「レスポンス力の差」というものの重要さを痛感しました。

人は誰かを巻き込んで行動するもの

大切なのは「自分のアクションを待っている人がどこかにいる、もしかしたら自分のまだ見知らぬ誰かかもしれない」と、少し思いを巡らせて、とにかく「来た球」にはレスポンスをすることです。

困っているなら困っている、途中までできるならその期日、教えてもらいたいことはその内容、それを素直に迅速に伝えるのは、アタマでは分かっていても勇気が要ります。

この踏み出す一歩に躊躇するか、しないか、これは後になって非常に大きな差となります。

勤務中は同じことをしているように見えても、同期は時間外の携帯メールでの連絡にも、きちんとすぐに返信していました。
その分、上司からの指示も細かく受け取れて、互いに気持ちよく相談が進んでいたのだと思います。

一方の私は、そんなに緊急でもなさそうだし…、今日は日曜日だし…、もう夜遅いし…、明日会ったときでいいかな…とか、結局はワガママな自己判断で、上司の意図を汲み取ろうとしませんでした。

いまタイムマシンがあったら、過去の私にハリセンもって説教に行きます(笑)

私が学んだこと・そして「ビリヤード思考」的行動

リターンした先にあるお客さんのことや社会のつながりのことなんて、考えもしなかった未熟な私。それが、いまだからこそ言える私の若かりし頃の反省ポイントです。

もちろん仕事へのやる気はありましたが、発想がこんなことですから、そりゃ結果にはならなくて当たり前です。今でも、書いていて恥ずかしいし、情けなく思います。当時の上司はじっと、私が気づくのを待っていたのだと思います。

こんなできごとを経て、私はようやく、今回お伝えしている「ビリヤード思考」の重要さに気づいたというわけです。

認められたい、しっかり働きたいと望むならば、〇〇スキルや知識の多さよりもまずは「適切なレスポンス」です。

そうすれば・・・そう、「あの人ちゃんとしてるよ」って言ってもらえます。「ちゃんとやる」「ちゃんとしなさい」は、子どもの頃は全くつまらない言葉に思えても、大人にとっては死活問題なのです(^-^)
高校生のみなさん、最近はレスポンス問題ありませんか?

時間に追われている学生の皆さんへ

最近、塾のスタッフやその他関わり合って仕事している方々にお話ししたことでもありますが、真花塾代表の吉川がビリヤード思考としてアドバイスすることは一つです。

「自分が何も打たないでいる間にも、それが打たれるのをずっと待っている人がいる」ということ

その一点です。

できるけどどうしようか考え中だった、忙しかった、体調がすぐれなかった、それに取り掛かる優先順位を低く設定していた、など、キューで球を打たない理由にもさまざまあります。それはそれで構いません。その1打1打を後で振り返ってみて、次につなげてみてください。

でもいまの若い人たち、とくに高校生、大学生の「コミュニケーションツールを使いこなせる」年齢の皆さんには、ぜひ今からでもすぐに実践してほしいです。若手の社会人ならばなおさらです^ ^

そうすると、意外なほど、メリットがあることに気づくと思います。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

2018年8月26日

ネット塾, 動画添削, 受験, 古文, 学び, 教養講座, 狂言のことばをみんなで読んでみる会, 講師ブログ

音と文学のコラボにふれるひと時「宝塚観劇」

先日、久しぶりに気分転換に宝塚に出かけてまいりました。高校生の皆さんに、将来や夢の大事さを語っている以上、人生なんでも学びが隠れていることもお伝えしたい!そのため定期的に、いろいろなところに足を運び、見聞を広げることを意識しております。宝塚は以前からも通っておりますが、日本が誇るエンターテイメントだけあっていつも、「よし、エネルギーをもらって頑張ろう!」という気にさせられます。

今回は真花塾の吉川が、宝塚の魅力について「語り」ます(笑)

宝塚にしかない空気

海外のブロードウェイミュージカルに例えられる宝塚ですが、やはり女性のエネルギーが強く感じられる場所です。もちろん男性のファンもたくさんおられるのですが、女性比率の高さは、観劇前後の大劇場のロビーのにぎやかさ、華やかさなどを見てもよく感じられます。

また、舞台の生演奏と歌声で演じられるストーリー、音や光がさく裂する中でのダンスパフォーマンスは、やはり日常では考えられないものです。「夢の世界」と評されるゆえんでもありますね。普段は古典作品を音読しているような私にとっても、新鮮な音や光のシャワーにウキウキします。

古典作品や現代アニメなどのアレンジも多い

真花塾では一般の方向けにも、古典作品の教養講座を行っております。宝塚作品は王道のような有名な作品ストーリー(巌窟王やベルサイユのばら)以外にも、さらにそれらを現代風にアレンジされたシナリオが本当に多いです。日本の古典作品の中では、「義経千本桜」や「里見八犬伝」に始まり、「るろうに剣心」「戦国無双BASARA」といったアニメ・ゲームものまで、まさに何でもありです。

だから、世代を問わず性別も関係なく、なにかとっかかりになる作品が必ずあります。このようなエンターテイメントはなかなかほかに存在しません!きっと経験する価値はあると思います。

お気に入りは「あかねさす紫の花」

古典作品に触れあい、古典芸能や作品を大事にしていきたい真花塾吉川のお気に入りです。初演は1976年から始まり、それから何度も再演されているシナリオです。日本史にも出てくる有名な中大兄皇子、大海人皇子、額田女王にまつわる恋愛模様が表現されていて、何度でも観劇したくなります。

タイトルでもあり、そして主題歌にもそのまま引用されている

あかねさす紫野行き標野(しめの)行き 野守は見ずや君が袖振る

という額田女王の歌にも、ぜひぜひ着目です。万葉集にありますが、女性ならではの心の動きが感じられて、「おぉこんな気持ちってあこがれる!」「わかるわかる!」と印象に残っている女性もいることでしょう。

今は天智天皇の妃の一人になっているけれど、大海人皇子も私も、実はまだお互いに気があって、彼は袖を振って好きだと伝えてくるわ。そんなあちこちで袖を振っていたら、見張りの人がこれを見てしまい、私たちの秘めた恋がばれてしまうじゃないの。

結構ドキドキな内容ですよね( ´∀` )

古典は難しいという高校生は多いと思いますが、歌に込められている気持ちは、いつの時代も同じなんだなと、共感できるものは少なくありません。むしろ、めっちゃ、多いんです!

ほんとは「あかねさす」は枕詞で、とか、本当は隠れて呼んだのではなく、あえて自ら終わった恋の歌を宴の場で披露したのではないかと言われているんですよ、とかいろいろ言いたくなるのが職業病です(笑)。でもこんなとき、究極はただただ詠み手のココロを感じる、それでOKなんだと思います。

今後も続々でてくるシナリオが楽しみ

高校生専門のネット塾・真花塾では、昔の日本の娯楽であった古典芸能や狂言の面白さをもっと伝えていきたいと、日々考えております。そのため宝塚の作品は、すごく参考にもなるし、エネルギーをもらっています。

娯楽、つまり多くの人に訴えかけるエンターテインメントを、いろいろな角度から作品へと昇華させ、さらに100年以上も提供し続けることは、本当にすごいと思います。手塚治虫さんが宝塚歌劇の大ファンだったということから、「ブラックジャック」の演目までありますよ。自分も固定概念をもたず、いろいろなアプローチで魅力的な講座(授業)をつくる姿勢を現場でも貫きたいと思う、エネルギーいっぱいの吉川でした(笑)

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

2018年8月21日

こどものチカラ, コミュニケーション, 中学部, 受験, 大学受験, 学び, 講師ブログ, 面談, 高校部

あの尾木ママも怒りをみせた宿題への姿勢

動画添削指導のネット塾・真花塾の吉川です。さて、中学生・高校生の皆さま、そして保護者の皆さまに突然ですが、質問です。

宿題の答え合わせ、誰がしてますか?

真花塾で指導を受けている生徒たちなら、答え合わせの受け止め方、間違えた解答をしてしまった状況を精査して、次へ生かす重要さを身に染みて理解していると思います。しかし、幼いあいだに知らず知らずにクセづいた勉強の仕方や丸つけを、中学生・高校生にもなって続けていると、いざ受験期や実社会で大変な目にあうというリスクも存在します。今回は宿題に対する考え方について、真花塾のスタンスを紹介いたします。

塾であるあるケース「宿題は終わった」けど

小学生が無邪気に語る言葉「宿題終わった!」の言葉には、重要な情報が隠れていることがあります。
例えば私なら、こう褒めます。

「おめでとう。自分で丸つけも頑張ったんやね!」

でも意外と塾では、こんな答えが返ってくることが珍しくありません。
「ううん、お母さんがやった」

多くの学校の宿題にははっきり「自分で丸つけをして間違い直しをしましょう」とありますので、やっぱり自分で丸つけする練習も促してみようとします。
「じゃあ間違い直しのときは、自分で丸つけしてみようよ」。

保護者様は、そんなつもりではないのですが、お子様は意外なほど強固に反対することが多いのです。
「いまこのページの間違い直し、してごらん。正解かそうでないかは言ってあげられるから、自分で赤ペン持って書いてみたら?」と声掛けしても

「えーそんなんしたら、怒られる!わからないところだけ教えてもらえってお母さんに言われたから、ここの答えだけ教えて」
分からないことを原因も含めて考える勉強、そのため家族にも協力をお願いしようとすると、自分で〇付けをするなという指示を塾に告げ口したと家族に怒られると過度に恐れ、指導がたちいかない状況になることも少なくはないのです。

勉強は、考えた結果を受け止め、そしてそれに対する「気づき」「反省」こそが重要なファクターです。そういう勉強方法を身につけることは早ければ早いほど良いのですが・・・。

学校や塾でも難しいケース「方針の解釈」

「ご家庭がその方針なら、それでいくしかないかも」
大事なプロセスが多い勉強のほとんどは、家庭で行うアクションが多いです。その学習には家庭の習慣が大きく影響を及ぼしています。

意外と見落としがちなのが、保護者様が言わなくても「わかっているだろう」と思っておられることでも、その考え方がお子様に身についておらず、そのまま成長をつづけてしまうことです。その結果、丸つけを自分でしない、答えだけ知ればいいということにつながり、そして「〇さえもらえればいい」という発想から抜け出せなくなってしまうのです。

仮に小学生のうちはそれでいいとしても、中学生・高校生になっても自分で解答を読み込めないとか、そもそも読まずに人にきいてしまうとか、そんな安直な勉強をしてしまう生徒になってしまいます。その生徒がさらに大人になったら・・・怖いですね。

優しい先生は答えを言ってくれる先生?

2020年に実施される教育制度の改革では、自分で考える人材にするカリキュラムが重視されます。結果を受け止めず、悩まず、すぐ解決したがるという考え方は、評価から遠く離れた存在になります。
時折、提携塾や関係がある先生方の声を聞くと、答えを教えず考えさせる調べさせる先生が「厳しい先生」、叱ることがなく答えもすぐ教えてくれるのが「優しい先生」だという認識も、最近はあるとのことでした。しかし、2020年以降は間違いなく、真逆です。

現実問題、答えやテストの答案を自己処理や分析できない子に、本当の学力あるとは思えません。思考が追い付かない結果、もしどの大学にも受からないとなると、そのほうが塾・学校。保護者様、いずれにしても大変なことにはなりませんか?

この子は「大学なんて行かない」「専門学校に行きたい」と言ってますから、心配しなくてもいいですよ(笑)。

という意見もあると思います。大学には行かなかったとしても、社会では生きるためにはどうしてたって働かなくてはなりません。ある程度の判断力・分析力を身につける必要はあることは間違いないのです。私たち大人には、お子様・生徒への指示や姿勢を細かく微調整する責任があると思えてなりません。

宿題代行業者と尾木ママ

今でもTVに見かける教育評論家に、尾木ママこと尾木直樹さんがいます。いつもニコニコしている方ですが、子供の教育問題や事件が起きると険しい顔をされることが印象的です。数年前にも学校や夏休みの宿題を、親や子供の代わりに代行する業者と意見をぶつけていたことにインパクトを感じました。仮に親が丸つけを代行することが子供とのコミュニケーションになったとしても、答えや答えを出すプロセスまでビジネス代行することは子供の未来にメリットとならないと、激しい怒りを見せておられました。

教育を考える方のまっすぐな怒りはTVでも鮮明に映ったと思います。

最後に

今回は真花塾の吉川が宿題に対する考え方を少し紹介させていただきました。小学生や中学生などの宿題に、なんだそこまで大げさに、というような感想を持たれた方もいると思います。しかし、小さなプロセスを正しく積み重ねてこそ、思考力や学力は上がってしていきます。早い段階からの正しい苦労が、これからの時代にきっと必要になると思いませんか?

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》