講師ブログ

2018年10月8日

ネット塾, 動画添削, 大学受験, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

テキスト「を」教えるのではない。テキスト「で」教える

勉強に励む中学生・高校生の中には、指示されたカリキュラムどおりにいかなくて悩んだり、事前にカリキュラムをしっかり知らせてくれないとどう勉強したらいいかわからない!などと、最初の一歩が踏み出せないケースもあります。そのため、カリキュラムというものを改めて押さえておいた方がよいと思います。今回は真花塾の吉川が、カリキュラムについて紹介いたします。

保護者も気になるカリキュラムと塾選び

カリキュラムを見せてくれないと塾に通わせる自信が持てない、という保護者もおいでます。しかし、お子様に何が必要なのかを考えたり、どこから始めるべきか考えて、はじめて「カリキュラム」ができます。本当にお子様ひとりひとりに合わせたカリキュラムだと、ひどいときには、自立学習につなげることもできません。

塾選びに踏み切れない場合の1つの目安としては、どのテキスト「を」使っているか道具やシステムを強調する塾さんよりは、どう教えてくれるかを強調する塾さんはどうでしょうか?

こなす量や難易度は上がる一方

よくアドバイスさせていただくことですが、それぞれの今日に至る経緯や環境、勉強方法は異なるものです。それなのに、点数上がる方法は同じということなのです。だからこそ、予め用意したカリキュラムではなく、生徒ひとりひとりと向き合って必要なところを補う方法やテキスト「で」、真花塾の吉川はひとりひとりに指導を行っております。

また提携する塾様と協力して、保護者や中学生・高校生が安心できる情報も引き続き行っていく予定です。よろしくお願いします。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

2018年10月8日

ネット塾, 中学部, 動画添削, 受験, 学校の課題, 小学生, 英語, 講師ブログ, 面談, 高1, 高2, 高校部

え?英語?古典の真花塾が教える英語のレッスン・学習のポイント

高校生の古典学習指導に特化した真花塾ですが、実は英語に関するアドバイスも得意です。意外かもしれませんが、日本語教師として多くの外国人生徒を担当していた時代もあります。そのため、多少の英語・コミュニケーション力は必須でした。今回は英語が苦手な中学生、これから本格的に英語を学び始める小学生、その保護者様のために英語学習のポイントを少し紹介いたします。

1,並び替え問題がニガテな生徒は要注意

英語の勉強で必ず直面する設問といえば、並び替え問題があります。バラバラになった単語を並べて、一つの文を完成させる問題ですが、苦手な子は全くわからないとぼやく時も、、、

小中学生だけではなく、高校生になっても整序問題と名称をかえて、ずっとおつきあいする問題です。大学受験でも必要なのは言うまでもありませんね。

主語(~は/が)と述語(一般動詞/be動詞)と、目的語(~を/に)などの語順がわかっていなければ、誤答につながりやすくなります。単語は覚えれば解決しますが、語順があやふやなままでは長文読解と英作文に大きく影響します。
英文法の固有名称「5文型」という言葉そのものは使わなくても、「英語のことばの順番」と言えば、小学生のお子様にも通用します^^。

2.英単語が覚えられない!

英単語が覚えられない!どうやって覚えればいいの?という質問も絶えることがありませんね。おそらく、ご家庭や多くの塾・学校でも耳にする質問です。この場合、単語を「よみ」「意味」「つづり」の順番で覚えておらず、最初のよみを理解しないまま英単語を覚えようとしている子が多いです。

まず、生徒やお子様に発音させて「ちゃんと音読できるか」確認しましょう。カタカナ読みでもOK。教えている保護者様・先生たちも恐れずにね^^。まずは堂々と言えることが、記憶に残ると言う認識が大前提です。

ある程度発音できる生徒によっては、発音記号のおおまかな読み方(ローマ字的発想でかまいません)を教えて、発音記号を見せてスペルを書かせるのも有効です。ごく普通の単語テストよりも、抜き打ちでこのようなことにチャレンジさせるほうが記憶に残ります。また発音記号を覚えることで、自学でできることが増えて長文学習・語彙力アップに大きく貢献します。

英語を勉強していく・指導していく上でのポイント

この2つに共通するのは、「生徒やお子様自身で学び取れる内容を増やす」ことです。そうすれば勉強中も、先生や保護者様もかかりきりになることが減り、スムーズにご自分の時間を有効活用できますよ(^^♪。

具体的な学習方法についてご興味が湧きましたら、真花塾はいつでも教育相談を受け付けております。また塾指導に興味がある先生も、いつでもお待ちしております。

今回は真花塾の勉強アドバイス「英語編」を紹介いたしました。次回は数学編を予定しております。基礎的な勉強・楽しい数へのイメージ作りにお役立て頂きたいと思います。

※もし「こんなとき教え方どうするの?」「もっとうまく指導するにはどうしたらいい?」などのお悩みがあれば、ぜひリクエストください。お待ちしております。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

2018年9月27日

コミュニケーション, 古文, 学び, 教養講座, 真花塾にほん伝統文化プロジェクト, 講師ブログ

乞うご期待”明日使える古典”シリーズ講座~河田氏との対談ファイナル!

こんにちは!真花塾・塾長ヨシカワです。真花塾にほん伝統文化プロジェクト主催、「狂言の登場人物に学ぶ!役立つコミュニケーション講座inOBPアカデミア]の開催まであと少し。講師のお一人、狂言役者・河田圭輔さんとの対談記事も、今回が最終です。

河田さんには、このインタビュー企画の発案からとてもお世話になりました!今回は、今後の展望についてもお話しさせていただいています。

いままでの対談をふりかえって

Y:この真花塾の「にほん伝統文化プロジェクト」、発足当初からのモットーは”明日使える古典”なんです。伝統芸能を「観る」楽しみももちろん素晴らしいと思うんですが、それを「活かしてみる」ことを考えていきたいなと・・・。

K:私は、古典芸能、とくに狂言には現代では感じることのなかなかない、大きなパワーがあると思うんです。だから頭で考えるのではなく、体験型・参加型で、多くの人にそれを感じてもらえるイベントであり続ければいいと思います。

Y:私は、これから社会に出る学生さんや、普段は何かと時間に追われている社会人の方に、人づきあいやコミュニケーションの原点を感じてもらえたら!という気持ちが強いです。狂言には本当に、いろいろな人が言葉でやり取りしていますから。

K:そうですね。狂言はまさに「アホが大活躍する」ストーリーで、現代の人にも楽しんでもらえる要素がたくさんあると思います。どんな人々がいたんだろう?という好奇心さえあれば、狂言は楽しんでいただけるのでは。

大人も子供も”声に出して読む”という時間を大切にしてほしい

Y:私はふだん、塾講師として高校生や中学生の勉強に携わる仕事をしていますが、ことばや文章を声に出して音読をしない人がとても多くなっています。だから、声に出してセリフを読むことをメインとするこの講座は、とても大事なものだと真花塾は考えています。

K:大人も子供も一緒になって、セリフを通して普段からのコミュニケーションそのものを見直すことにつながればうれしいです。また、難しいことを抜きにしても、昔の時代や昔の人々に思いをはせるきっかけになれば嬉しいですね。

Y:台本を皆さんで音読しつつ、昔のことばづかいももちろん解説します。また、時代背景についてもガイダンスを入れてくださって、とても分かりやすいとご好評をいただいております。河田さん、長い時間、対談に協力していただきありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします!

K:こちらこそ、よろしくお願いします。ぜひ精いっぱいやらせていただきます。

“明日使える古典”真花塾にほん伝統文化プロジェクト

普段の生活では、なかなかじっくり触れ合うことのない古典芸能の狂言ですが、エネルギーに満ちて、いまを生きる私たちにも役立つものがきっとあるはずです。「お勉強」の古典を卒業し、「よりよく生きる糧」として古典を活かしていただきたい(^^♪

有名な言葉に、古きことから新しいことに役立つ気づきを得る意味を示すという「温故知新」があります。まさに、そんな講座を続けていきたいと真花塾塾長・吉川は考えています。

7回に分けて行った対談シリーズ、最後までお読みいただきありがとうございました!

真花塾にほん伝統文化プロジェクトは”明日使える古典”を、社会で活躍する皆さまにお届けする全く新しい古典教養講座です。

【お申込み受付中!】2019年6月9日(日)狂言の登場人物に学ぶ!役立つコミュニケーション講座inOBPアカデミア

お申込み・お問い合わせはコチラ


2018年9月26日

こどものチカラ, コミュニケーション, 古文, 大学生, 学び, 教養講座, 真花塾にほん伝統文化プロジェクト, 講師ブログ

「上手に叱られる」人になる!狂言の登場人物に学ぶ講座を開催【真花塾にほん伝統文化プロジェクト】

こんにちは!古文漢文の大学受験指導を行う一方で、”明日使える古典”をモットーに、古典芸能の面白さを「使う」ことにこだわる真花塾です。

これまで足かけ3年近く、真花塾の古典教養講座の狂言実演講師を務めてくださっている河田圭輔さんとの対談連載も、今回で6回目。狂言にこれまであまり親しみがないという方にだからこそぜひご覧いただきたい、素朴な疑問にまつわる情報を案内いたします。

Y:河田さん、これも「あるある質問」だと思うのですが、狂言って観たことないんですけど、今度のコミュニケーション講座に参加できますか?という質問が来ています。いかがでしょうか。

K:なるほど(笑)確かに最初はちょっと身構えてしまいますよね。狂言にはいろいろストーリー(脚本)があるのですが、この”明日使える古典”講座にはいつも、わかりやすいシナリオを選んでいます。

Y:ありがとうございます。そうそう、「アホが一生懸命に活躍する狂言台本をぜひ紹介したい」という私のリクエストに、毎回答えてくださっていますよね。

K:はい(笑)。逆にその視点は演じる側にはないので、そのお話を聞いたときは新鮮でした!それに、この講座はいわゆる「狂言を体験する講座」「狂言を学ぶ講座」とは異なりますよね。私が言うのもなんですが、この真花塾の講座って、狂言というのはあくまでエッセンスのひとつであって、根本はコミュニケーションの本質を知る体験型の講座ですよね!

Y:そうなんです。たとえば、新しい環境でコミュニケーションのつまずきを感じておられる若い社会人や就活生、会社で更新を育成する立場にある方や、また子どもたちの将来を見据えておられる教育関係の方々にも、ぜひ「狂言の体験型講座」を知っていただきたいです。

K:はい。ということで、狂言をまだ観たことのない方もぜひ!ですね。

上手く叱られよう!

K:狂言をやっていると、こんなストーリーをやりたいという気持ちと、こんな人が演じられる演目ないかな?という気持ちがあります。

Y:たしかに、ときどき狂言のお話の中には、なーんか少し、ちょっぴり考えが足りない人とか出てきますよね?

K:そうです(笑)だからこそ親近感もあるし、ぷぷっと笑える。

Y:お客さんにとっては笑いにつながりますが、狂言のお話の中ではそういう人はよーく叱られます。実はその叱られ方、もっといえば「上手い叱られ方」って、私たちにとっても大事な教訓になると思うんです。

K:おぉー。もともと狂言に詳しい人とはまた違った楽しみ方にもなりますし、伝統芸能を楽しむという視点で狂言に触れておられた方々にとっても、狂言の魅力の新たな発見につなげていただければ嬉しいですね。

Y:そうです。結構、皆さんの”日常”をリアルに切り取っていると言えるのであないかと思います。叱られる経験って、とくに若いうちは「委縮」につながりやすく、叱るほうもとっても気を遣います。とくに私は、塾講師として幼稚園児から大学受験生までを、叱りますし、最近では講師を育てるという意味で「叱る」こともあります。

叱られることを「恐れる」必要はありません。ただし「上手に叱られる」ための努力は必要です。「叱られる」教育にもつながるので、この講座はぜひ多くの方に触れていただきたいです。

狂言コミュニケーション対談いよいよラストへ!

今回は、古典芸能に普段なじみのない方にも、当塾の“明日使える古典”講座を知っていただけるポイントをご紹介しました。河田氏との「狂言コミュニケーション対談」、いよいよ次回で連載最後になります。こうご期待!

真花塾にほん伝統文化プロジェクトは”明日使える古典”を、社会で活躍する皆さまにお届けする全く新しい古典教養講座です。

【お申込み受付中!】2019年6月9日(日)狂言の登場人物に学ぶ!役立つコミュニケーション講座inOBPアカデミア

お申込み・お問い合わせはコチラ

2018年9月24日

Q&A, ネット塾, 動画添削, 受験, 古文, 大学受験, 学校の課題, 漢文, 私立大学受験, 講師ブログ, 進路指導, 高校部

ちょっと耳寄り!高校生指導Q&A VOl.1

今年も高校受験にむけて中学生指導も佳境に入っているという塾様も多いと思います。高校受験生の合格に向けて一直線ですね。今回は、高校生コースを開設したばかり、これから開設するという塾様にちょっとしたアドバイスや耳寄り情報などを紹介いたします。

いま教えている高校受験生たちを継続にもっていくことがベスト

多くの塾様で高校生コースをもっている場合、中学3年生がそのまま継続するという流れを上手に作っています。まだ高校生を塾で迎えるときのシステムが不慣れな場合には気心がしれた生徒の方が安心です。難関高校・進学高校の場合、大学受験にむけて新しいスタートが始まります。上手な塾は、大学受験のパターンが多すぎることや、保護者や生徒だけでは高校のインフォメーションだけでは戸惑いが多くなることなど、中学生の段階から小出しに何度も、アプローチを変えつつガイダンスしています。

新高校生あるあるパターン

新中学生に比べて、新高校生は気のゆるみもあり、成績が下がってからようやく、入塾希望や問い合わせがあります。塾の卒業生も例外ではないでしょう。晴れて合格した後の開放感で気がゆるみ、入学式翌日にある実力テストではなんとも惨憺たる結果に。でも、そのころには実は「手遅れ一歩手前」の生徒もちらほら。
高校の授業ペースは早く、人間関係も不安。そして多くの高校は、入学後すぐに進路志望アンケートまで提出を求められます。こういう時にこそ、気心が知れていて、情報発信・アドバイスを小まめにしていた「前の塾の塾長先生」に問い合わせや復塾(入会)希望が出やすくなります。コツは具体的に「大変さを予言する」というスタイルの情報発信を行っていくことです。「あのときの先生の言う通りだった〜」ということに、必ずなります。

最初だからこそ約束事をしっかり

高校生コースはけっして「質問お答え型」にしないことです。いまは便利な学習アプリなどもあります。塾ですることと、自分ですることとの線引きははっきりと提示しておくことがポイントです。「わからないことはきいてね」とアプローチを始めるよりも、何を基に学習するか、学習時間の使い方(スキマ時間の工夫など)、どう情報を集めるのか、どんなアプリが使えるかなど、質問時の約束事をしっかりすることが貴塾・生徒さん両方のメリットとなります。

情報を基にしたコーチングを念頭におく

「生徒に合わせて」といいますが、あくまでもきっちりと塾主導で行うことが重要です。
徹底的な情報分析や、生徒の進路や目標に合わせた情報収取、学習習慣の定着にこだわったコーチングが理想的です。学校課題をしっかり丁寧にこなす方法の徹底と、問題がわからないときの対応の仕方を身につけさせた方が、大学生や社会人になったときにも非常に役に立ちます。意識して適度な距離を保ち「教えすぎない」ということも念頭に置くべきです。

定期テスト・模試の結果は記録する

テストや模試の返却時期を事前に把握し、生徒の成績を受け取り忘れることなどないよう、心掛けることが大事です。「テストを見せて」とあらかじめ伝えておき、その約束事は絶対としてください。中学の定期テストとは質が異なります。点数や点の取り方、偏差値など、指導に役立つ情報がいっぱい詰まっています。順位なども適度に意識させるには、生徒個人の勉強時間などとも照らし合わせて、それを面談材料にしてください。ベテラン塾にはStudyPlusなど学習記録アプリを併用しているところもあります。無料アプリですので、生徒さんにその都度見せてもらうこともできますし、塾契約で塾管理も可能です。塾長先生だけでなく、授業担当の先生も、その生徒の「全科目の勉強の進捗」を確認しておきたいものです。

自習利用を高校生に許可すると教室の空気が変わる

自習室で高校生が勉強するようになると、中学生・小学生ばかりの塾とは違い、明らかに年上の生徒が勉強しているので塾で私語・雑談が減ります。先輩の勉強の仕方を参考にと言う、学習アドバイスにつなげることもできるので高校生の自習利用はオススメです。高校生自身にも、勉強の習慣化というメリットがあります。「自習においで!」という声かけは意識して行った方が良いでしょう。もちろん自習室などの環境・体制も整えることが先決です。

一律のシステムではなく貴塾オリジナルの体制を

いまオンラインでは様々な情報・サービスやツールの類が豊富にあります。高校生指導あるいは塾そのものの経験が少ない塾長先生が、いざネットでいきなり環境を整えようとすると似たり寄ったりの塾さんになってしまう可能性が高いです。そうなってしまえば、個人塾より、大手塾やその地域で長年続けている塾の方が、はじめはどうしても強くなります。

よろしければ、事前に我々にぜひご相談ください。

貴塾のご様子や塾長様のご要望に合わせたサービスやツールの提案やアドバイスをさせていただきます。Facebookメッセンジャーでのお問い合わせフォーム・お電話など、お好きな方法で構いませんので、気楽にお問い合わせください。

その時に最適と思われるサービスや情報を提案させていただきます。どうぞご検討ください。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》