講師ブログ

2018年9月10日

受験, 大学受験, 学び, 就活, 推薦入試, 講師ブログ, 進路指導, 面接練習, 面談, 高校部

オーバーコーチングしない面接対策

塾講師の仕事番外編、それは面接練習です。 面接対策は真花塾でも、人気と実績ある指導の一つです。実業高校生や大学生の就活対策、受験での面接対策など、用途はいろいろです。今回は就職試験に向けた、面接練習の模様を少しお見せします。 真花塾として指導を検討されている方、面接対策に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

オーバーコーチングしないことが大事

良くない面接練習で代表的なものは暗唱大会になってしまうことです。質問をしている相手の顔を見ず、ただ頭の中にあるセリフを一言一句間違えることなく答えようとする暗礁になると、「生きた回答」にはならず、相手の記憶には残りません。下手にセオリー通りのものだけで安心してしまうと、「その他大勢の受験者」という位置づけに終わるかもしれません。オーバーコーチングすると、指導者の文言だけの答弁になりがちで個性が見えないというリスクもあるのです。だから文例ばかり追い求める面接対策はNGと言わせていただきます。

真花塾での面接対策は?

真花塾で面接練習のときは、志望動機に自己PRを中心に、さまざまな質問を投げかけるようにしています。 参考の答え方などのテンプレートは用意しません。皆さん自身が、どのように考えて答弁するか、何を好み目指している人材であるのかが学校や企業で評価するところだからです。だから面接練習で行う質問は、いろいろ用意しています。

えーそんなの本当に試験で聞かれるんですか、とよくびっくりされますが、面接練習は、なにも受け答えの練習という位置づけだけではありません。 セルフジャッジという点でも非常に重要です。受け答えの正解なんてものを考えるのではなく、自分自身を冷静に見つめなおす材料にすることをオススメします。

自分がどうなりたいのか、なぜこの道を選ぼうとしているのか、なぜその職種や大学が好きなのか、本当に頑張れるのか。それらの「最終確認」をしてもらうため、私はトータル90分かけてじっくり対話します。

ある高校3年生男子とのエピソード

高校生:「私は、子どもの頃から父がその仕事をしているのを見ていて、自分もやってみたいと思いました!」

胸を張って答えてくれます。

私:では、お父さんのどのような姿を見て、自分もやってみたいと思われましたか?詳しく教えてもらえませんか?

高校生:「…え?え?えっと…えっと…分かりません」

んなアホな!と思いますが、意外ととてもよくあることです。もちろん、就職面接の練習だけでなく、大学の推薦入試や就活向けの練習もしかり。

きっと本当は自分なりの理由があるのに、「エピソード」を振り返っていないため、どうしても「誰かに言わされているような」「生きていない返答」に聞こえてしまいがちです。

ここからの指導こそ合否を分ける可能性大!

だから、ここから時間をかけます。

私:お父さんはご自身の仕事について、どんな話をしてくれたの?^ ^

高校生:「残業だとか、あんまり面白くないとか、疲れたとか…いろいろ」

私:でも、きっと何かがカッコいいなと思ったんでしょ?

高校生:「疲れてても、頑張るっていうか…あ!お客さんが待ってるから明日も早起きするねんって、言ってた」

私:そう^ ^じゃあどんなお仕事内容か、聞いたことある?

こうして、どんどん掘り下げていきます。そして、ご家族の話や企業見学の話など、ぐいぐい聞き出して盛り上がったあと、ラストはロープレ形式で締めくくります。

私:では志望動機を聞かせてください。

高校生:「私は、父が同じ仕事をしていたこともあって、もともとお客さんのために〇〇で役に立つ仕事に就きたいと思っていました。そして、学校の先生にも相談して自分の進路を考えていたところ、御社の求人票に…」

内容がぐっと深くなりました。そして何より、本人がもう、こちらが感動するほどイキイキと誇りを持って受け答えしています。

これでどんな担当者であっても、どんなことを聞かれても大丈夫(^-^)!

私は心の中でガッツポーズをして、「いまの本来の自分で行っておいで」と声をかけて、あとは受かってくるのを待ちます。 正直、こういう指導が出来れば合格することが殆どです。

面接は会話であり対話

「何を言えば受かるか」「自分をどう見せようか」と思っているうちは、担当者と会話ができません。自己PRもマナーもちゃんとできたのに、なんで落とされたんだろう、と言う人が、ときどき大人の中にもいますが、「ちゃんとできたか」ではなく「ちゃんと伝わったか」にウエイトを置いてみてください。

面接を受ける方の多くは、入社後の仕事内容や入学後の学問の知識なんて、なくて当たり前です。それをちょいとパンフレットを見たり聞いたりしただけで、さも「自分はできます!」みたいに振る舞ったところで、見る人が見たらすぐわかります。

誰かのために頑張れる人、仕事を通じて誰かや何かの役に立ちたいというシンプルな思いこそが、皆さんのチカラになります。そういう前向きなエネルギーや意欲を面接で感じるようにすることが大事です。正確に暗記することを念頭に置くと、大事なことが伝わらない可能性が大です。

取り繕わないことがなによりも大事

面接で伝えたいことを考えるには、自分にしか話せない、自分の感じたエピソードを伝えること。 頑張れます、頑張りたいですという思いを忘れないこと。 それが鉄則です。

リラックスして、とか、気合いだ、笑顔だ、などというただの励ましではなく、ココロの持ち方を伝えるのが、自分にできる自分ならではの面接練習だと思っています。

今年もこの時期、面接対策が忙しくなる時期がやってきました。
頑張れ(^-^)

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

2018年9月6日

コミュニケーション, 教養講座, 狂言のことばをみんなで読んでみる会, 講師ブログ

「ござる調」を楽しむでござる!河田氏との対談②

前回から、10月開催予定の一般向け教養講座第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会で講師を務められる河田圭輔氏との対談記事を、連載させていただいております。別名「真花塾・吉川のドタバタレポート記」。じわじわとテンションが上がってきておりまする(笑)。今回は、狂言を声に出して読むことについての不安点などのご質問から、トークが盛り上がりました。

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

これまでの一般教養講座に参加した大学生からの質問

「ふだん使わないような昔のことばって、私たちにも理解はできるのでしょうか?」

吉川(以降Y):女子大生からのご質問というのもあるのですが、河田さん、よろしいですか?
河田氏(以降K):ん?
Y:狂言にでてくる言葉って難しい気がする。古い言葉が多くて、理解できないかもしれません。こんな私でも参加しても大丈夫でしょうか?と。
K:まあまあ、確かに、狂言に使われている言葉は難しいかもしれません。でも、狂言台本のうちでも「話し言葉」「会話」を中心に音読と解説を行いますので、大丈夫ですよ。
Y:「話し言葉」だとわかりやすいですか?
K:いま使われている言葉のもとになっているものばかりなので、意味はつかみやすいと思います。わからないものも適度にガイドを入れていきますので大丈夫です。

古典にでてくる「話し言葉」の特徴

Y:話し言葉ということは、会話シーンということですね。つかんでおくとよい特徴などは、何かありますか?
K:ぜったいというわけでないのですが「ござる調」の会話が多いんです。
「○○と申す者でござる」
「このあたりに住む者でござる」
これなら誰もが耳にしたことがあると思います。ちなみに能は「候ふ(そうろう)口調」ですよね。狂言ならではの「ござる調」は大きな親しみやすさのポイントになります。

こうして、まさに現代、一般の人の動きや会話が繰り広げられている場所で、まるでそこだけ時代がさかのぼってしまったかのように、インタビュアー吉川と河田氏は、「ござる」「ござる」と連呼しながら、一般教養講座の本題も、わき道にそれたりなんだかんだとしながら、さらに熱中して繰り広げていました(笑)

このトークも「ござる調」でやっていたら、完全に変人扱いされていたかもしれませんねぇ(笑)

こういう素っ気ないようなこと、日常のなんでもないことが、古い時代にも行われていて、その人間模様を感じさせるストーリーが、今回のテーマである《仏師》です。当日の講師レクチャーを受けながら理解し、声に出して体感するストーリーは、想像以上に楽しめると思います。

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

いろいろな角度を全力で考察する一般教養講座

今回は、真花塾の吉川が、河田氏との対談パート2を紹介させていただきました。記事では要点をかいつまんでおりますが、実際にはとても時間をかけて、和気藹々と楽しく深く、対談レポートを行っております。現代人向けの、現代人のために役立つ一般教養講座イベントを模索して、その集大成を形づくり、当日は皆様をお待ちしております。お問い合わせ・お申込みはコチラです!

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

2018年9月4日

ネット塾, 動画添削, 受験, 推薦入試, 講師ブログ, 進路指導, 高校部

「お願い」よりも効くよ! 受験に強いのはルーティン

大雨や台風などに苦しんだ日本列島ですが、皆様のお住いになっている地域はいかがでしょうか?真花塾がある関西でも全国区のニュースで流れると、とくに今年の大雨・台風の被害は並大抵ではありません。さて9月に入り、高校生専門の真花塾らしく、まずは大学受験スタートといえばコレ!推薦入試が始まります。今回は、大学受験に必要なポイントとは何かについて紹介いたします。

大学受験の足音はすぐそこに

お母さんがお守りをくれた、とか初詣で合格祈願した、とか、これから受験期に向かうなかで、よく見かけるシーンですね。年末年始には全国の受験生たちの合格祈願の様子がニュースで取り上げられます。でも私立大学が多い関西エリアでは、この9月10月からすでに、願掛けやお守りの類は、あるあるトークなんです。

そうです!
公募制推薦入試や指定校推薦やAO入試などを受ける高校生にとっては、もう受験はすぐそこなのです。

ごめんね!でも鬼になると決めた「わたし」

この時期に質問で決まってきかれるのが、「どの神社に行ったらいいか」です。
私は神社もお寺も大好きなので、学業成就と言えばいろいろと思いつきます。 もちろん神社はおすすめスポットです。ついでに神仏習合のおもしろさや、近くの和菓子店なども紹介できるくらい好きです。
でも、心をオニにして、毎年、毎回、こう言います。

お守りがなくても受かるよ。それでも行くの?

頑張りで得られる受験勉強の方が効果がある

いきなりこう返された高校生たちはみんな言葉を失います。うぅーごめんねー(´;ω;`)ウッ…

わくわくとした表情で同じことをご質問になる保護者の方もいらっしゃって、そのときも心の中でごめんなさいと言いながら、やはり同じことを言います。

人気が高い大学を受験される場合、あとわずかの差を決めるのは神頼みではなく、いま小論文練習にかける一分一秒、試験併用型ならつかみかけているその問題ひとつひとつをばっちりマスターした方が、やはり合格率は上がると思うのです。勉強よりも合格祈願に気持ちが向いてしまい、実際にその時間を割いてそちらに出かけてしまうということは、指導する立場からみると本当に不安です。

正直、私も言いたくないセリフです。しかし、お子様を合格させると決めた以上、より確実に合格していただくためには、やはりオニになります。だから、少々辛くても頑張って言わせていただいています。

「合格お守りやお願いをしなくても、ご本人のがんばりと取り組み次第で受かりますよ。それでも遠いところに時間をかけて、願掛けに行かれますか? 」

ときには表情いっぱいに反抗の意思をぶつけられたことも、何度かあります。しかし、そんな生徒たちも、いまでは立派な大学生になっています。「あのときはごめんね(笑)」と懐かしむこともあります。それもやはり合格してこそ。安易な励ましの言動で、万が一落ちていてしまったらと思うと、やはり私は自分の責任を思います。

有名人の”お守り”はルーティン

スポーツやプロの世界では、ルーティンというものがそのまま、自身のお守りになります。いまでは誰もが知るメジャーリーガーのイチロー選手が有名ですが、例えばバターボックスに入るときの屈伸やバットを回すといった動作です。練習でも、本番でも同じ動作を合間合間に取り入れることで、心のスイッチを切り替えることに役立てています。そうすることで、どんな大舞台であっても緊張せずに、いつものプレーができるのだそうです。同じ理由でも日本の女子バレー選手が、ルーティンを取り入れて試合での動きが変わったという報道もありました。受験生こそ、ルーティンが必要ではないでしょうか?

真に強い受験生の共通点

本当に「受かる」人はわざわざ神社を探してまで合格祈願はしません。受験で必要なのは、特別なことやアイテムではなく、普段からの勉強ひとつにかかっているのを、身をもって体験しているからだと思います。 ボロボロになっても大切に「いつも」使っている勉強の問題集、文房具、辞書などの方を大事にして、ペースを崩さずに勉強に励んでいます。

元気をくれるものは何でもお守り

お守りとは「がんばる気持ちを思い出すアイテム」です。 お守り袋やゲン担ぎグッズは、「それを持っていると勇気が出る」から持つのです。 ならば、いつも使ってる問題集やノート、いつも使ってるシャーペンが、みなさんを力づけてくれます。

ポイントは「いつも」使ってるもの。

「いつも」「心をこめて」勉強に向かうときのいつもの相棒です。 そして、ルーティンのように、いつも通りの取り組みを受験時にも続ける方が効果は倍増します。

ここまでくると、受験や推薦入試について、もうこれ以上、私からお伝えすることはありません。
「いつも」はそう簡単には作れない。 いまならまだ間に合います。

みなさんは何を「お守り」にしますか。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

2018年9月4日

学び, 教養講座, 狂言のことばをみんなで読んでみる会, 講師ブログ

やっぱり気になる!能と狂言の違いって?河田圭輔氏と対談①

10月の学生さん・一般の方向けの教養講座開催までまもなくです。そこで普段は高校生指導を行う真花塾吉川が、今回は、主催者兼レポーターとして突撃取材です!当日の講師である狂言役者・河田圭輔氏と対談を行いました。これからなんと7部作にわたって、濃い対談の内容をお届けしていきます。第1回目となる今回は、みなさんからのよくある質問No,1“能と狂言の違い”について紹介いたします。

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

いきなり暴走気味の対談

一般教養講座などで何度もご一緒して河田氏と親しくなった私、すっかり話が盛り上がり、ちょっぴり脱線・・・気づいたら大事なポイントを伺うのを忘れていました(笑)

吉川 (以降Y):(本当は)質問のまっさきにもってきてもよかったかな?能と狂言ってどう違うんですか?っていうご質問をいただいています。これって確かに多い話題ですよね。

河田氏(以降K):そうですね、ほんとよく聞かれます。私は、芝居の質や中身というものにも着目してほしいです。例えば、能というものはセリフに加えて謡や囃子にも注目ですが、狂言はセリフがメインになっているエンターテイメントなのだというのがポイントです。

能より親しみやすい!狂言の題材

K:能と狂言は扱っているテーマのようなものが異なるので、それが「違い」といえるのではないかと思います。狂言の魅力はまさに親しみやすさ。その理由は、能が有名人の物語が多いのに対して、狂言はどこにでもいる人、一般の庶民の物語が多いということもポイントですね。

Y:それ、確かにありますよね。お酒を売ってこいと言われた男が、どうしても味見がしたくてたまらなくって、鬼に扮して脅し、最後にはしこたま酔っ払って大声でうたってる狂言とかありますもんね。

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

これから狂言の核心に迫る!「はず」の狂言対談

このようなやり取りで、真花塾吉川と河野氏との対談は、わきあいあいと進んでいきます。
今回は《仏師》という狂言台本を扱う一般向けの教養講座であることから、まずは皆さんからのよくある質問ぶっちぎりNo,1の「能と狂言の違い」について少し紹介いたしました。ボリュームたっぷりの対談を、これから7部作として紹介してまいります。どうぞお楽しみに!

真花塾一般教養講座へのお問い合わせ・お申込みお待ちしております。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

2018年9月2日

コミュニケーション, ネット塾, 動画添削, 受験, 学び, 就活, 講師ブログ, 面談, 高校部

ビリヤード思考

ビリヤード、雅な言葉では球突き、なわけですが、要するに「自分の打った球がほかにどう影響しているか」を考えるのが肝心です。どのように突けば、狙い通りに進んでくれるのか、壁にぶつかったときに、どの方向へ行くのか頭で意識しながらアクションを考えていくことが醍醐味です。この考え方は、実は社会でも勉強でも必要なことだと真花塾の吉川は考えています。今回は、「ビリヤード思考」ともいうべきこの考え方について紹介いたします。

ビリヤード思考は経験で得た発想法

ビリヤードというゲームを難しくする要因は、ボールやバンク(壁)など、自球や狙い球と入れるべきポケットのコース上には、幾多のものが存在していることです。それぞれの動きは変則的で、遠回りに思えることでも、それらすべてにも何らかのアクションをしないと道は開けないということです。また、向こうも何らかのアクションをしてくれることを前提で、待ち構えていることもあるという部分もあります。

実は、私は新卒で入社したITっぽい会社で、全く結果が出せず、自分なりに努力はしましたが、失意のまま辞めたという黒歴史があります。そこで学んだことも多く、いまでは逆に元気いっぱいの毎日を過ごしています。いま当時を振り返ってみると、いろいろ原因はありましたが、相手からきたアクションにリターンする「レスポンス力の差」というものの重要さを痛感しました。

人は誰かを巻き込んで行動するもの

大切なのは「自分のアクションを待っている人がどこかにいる、もしかしたら自分のまだ見知らぬ誰かかもしれない」と、少し思いを巡らせて、とにかく「来た球」にはレスポンスをすることです。

困っているなら困っている、途中までできるならその期日、教えてもらいたいことはその内容、それを素直に迅速に伝えるのは、アタマでは分かっていても勇気が要ります。

この踏み出す一歩に躊躇するか、しないか、これは後になって非常に大きな差となります。

勤務中は同じことをしているように見えても、同期は時間外の携帯メールでの連絡にも、きちんとすぐに返信していました。
その分、上司からの指示も細かく受け取れて、互いに気持ちよく相談が進んでいたのだと思います。

一方の私は、そんなに緊急でもなさそうだし…、今日は日曜日だし…、もう夜遅いし…、明日会ったときでいいかな…とか、結局はワガママな自己判断で、上司の意図を汲み取ろうとしませんでした。

いまタイムマシンがあったら、過去の私にハリセンもって説教に行きます(笑)

私が学んだこと・そして「ビリヤード思考」的行動

リターンした先にあるお客さんのことや社会のつながりのことなんて、考えもしなかった未熟な私。それが、いまだからこそ言える私の若かりし頃の反省ポイントです。

もちろん仕事へのやる気はありましたが、発想がこんなことですから、そりゃ結果にはならなくて当たり前です。今でも、書いていて恥ずかしいし、情けなく思います。当時の上司はじっと、私が気づくのを待っていたのだと思います。

こんなできごとを経て、私はようやく、今回お伝えしている「ビリヤード思考」の重要さに気づいたというわけです。

認められたい、しっかり働きたいと望むならば、〇〇スキルや知識の多さよりもまずは「適切なレスポンス」です。

そうすれば・・・そう、「あの人ちゃんとしてるよ」って言ってもらえます。「ちゃんとやる」「ちゃんとしなさい」は、子どもの頃は全くつまらない言葉に思えても、大人にとっては死活問題なのです(^-^)
高校生のみなさん、最近はレスポンス問題ありませんか?

時間に追われている学生の皆さんへ

最近、塾のスタッフやその他関わり合って仕事している方々にお話ししたことでもありますが、真花塾代表の吉川がビリヤード思考としてアドバイスすることは一つです。

「自分が何も打たないでいる間にも、それが打たれるのをずっと待っている人がいる」ということ

その一点です。

できるけどどうしようか考え中だった、忙しかった、体調がすぐれなかった、それに取り掛かる優先順位を低く設定していた、など、キューで球を打たない理由にもさまざまあります。それはそれで構いません。その1打1打を後で振り返ってみて、次につなげてみてください。

でもいまの若い人たち、とくに高校生、大学生の「コミュニケーションツールを使いこなせる」年齢の皆さんには、ぜひ今からでもすぐに実践してほしいです。若手の社会人ならばなおさらです^ ^

そうすると、意外なほど、メリットがあることに気づくと思います。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
2018年10月21日(日)第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》