講師ブログ

2019年3月2日

古文を訪ねる, 真花塾にほん伝統文化プロジェクト, 講師ブログ

御霊神社(京都市西京区)~橘逸勢”遺されていない”三筆【真花塾にほん伝統文化プロジェクト】

御霊神社は、同じ名のものが日本各地にあることでよく知られている。御霊信仰という、ある特定の人物の御霊や怨霊を鎮める目的で創建されたものや、5つの神(つまり「五霊」)を祀るもの、先祖の霊を「御霊」として祭るものがあるという。

ここ桂離宮のすぐそばにある御霊神社は、別名下桂御霊神社。祭神は三筆の一人、橘逸勢である。神社の創建からご由緒、そして、彼が何者で歴史上なぜ「御霊」とされるようになったのか、どのような人生を送った人物であるのかなどについては、下桂御霊神社をはじめとする多くの案内文(サイト)を参照いただければと思う。

実は、彼自身の手によるとはっきりとわかっているものはない。すべて「伝橘逸勢」とされ、真跡だとはっきりとわかる遺墨は全くのこされていない。ただし能書家であること、そして特に隷書(楷書)にすぐれていたことは、「文徳実録」に記述がある。

神社の能舞台には、彼によるとされる「伊都内親王願文」が掲げられている。くわしい解説つきで非常にわかりやすい。

すぐそばには、書聖を祀る神社とあってか、書道教室に通う子どもたちの習字作品が飾られている。書聖と子どもたち、そして平安初期を生きた官人と、現代を生きる児童たちのコントラストも新鮮であった。

境内には、この「書」だけではなく、もう一つ興味深いものがあった。奉納された能の番組である。

うっすらと《羽衣》が読み取れ、同時におそらくこの能舞台で、実際に観能が行われていたことがうかがえる。
(ちなみに先述の「願文」などは橋掛りに。)

この大木は樹齢400年のムクロジ(無患字)。種子は羽根つきの羽の玉に使われる木だそうだ。秋に訪れたときの様子も楽しみである。

最後に、ご利益をご紹介しよう。

合格祈願、書道上達祈願、就職合格祈願・・・。人生の節目にぜひ訪れていただきたい。

なお、『日本文徳天皇実録』には、逸勢の性格は放胆で、細かいことには拘らなかったとあるそうだ。大胆不敵に生きたであろう彼を思いつつ、子どもたちが境内で遊ぶ声を聞きながら、心静かに参拝するのも一興である。

2019年3月2日

古文を訪ねる, 真花塾にほん伝統文化プロジェクト, 講師ブログ

桂離宮~四季の茶室に秘められた幾何学【真花塾にほん伝統文化プロジェクト】

桂離宮庭園は、郊外の住宅地に突如として広がる。いや、もとはのどかな瓜畑にあったのが、いまは「周りが住宅地になった」というべきである。

ガイドの方に随い、広い池泉回遊式庭園をぐるりと廻る。とても丁寧に、わかりやすく笑いも交えつつ、桂離宮の長い歴史と保存作業についても、とても詳しく解説してくださるので、ぜひただの観光としてではなく、庭を愛で愉しむという純粋な目的のために、これからも多くの人たちが敬意を持って訪れる場所であってほしい。

さて、お茶好きならきっと誰もが、趣向を凝らした4つの季節それぞれの茶室に関心を寄せることだろう。

だが、その前に外腰掛から。

門から飛び石伝いに渡ると、茅葺寄棟造りの、まるで肉厚の茸のような屋根を持つ、待合い腰掛けがある。実際に腰掛けてみると、目の前にはにょっきりと蘇鉄。薩摩藩の島津家からの献上だそうで、当時は大変珍しかったらしい。冬だったためにそれらの大きな蘇鉄たちには覆いがしてあったが、皮付きの丸太がそのまま使われている外腰掛の柱と相まって、しずかな力強い空間になっている。

州浜を見ながら、まずひとつめの茶室、松琴亭に向かう。

こちらも茅葺入母屋造り。その前にある切石の橋は多くの人の印象に残るものであるが、本当のところは、一生懸命に夢中になって渡るうちに無心になり、自然と席入りにふさわしい精神が作られる効果もあるのだろう。

「松琴」という銘は拾遺和歌集巻八雑上の

琴の音に 峯の松風 通ふらし いづれのをより 調べそめけむ

に由来するとのこと。

松風といえば、釜と沸く湯のあの音を、すぐに思いうかべる人も多い。桂離宮庭園の「冬」の茶室といわれるが、これは実は意匠だけにとどまらない。庭園のなかで、冬至の月の出の方位に造られていることが関係している。

賞花亭

「峠の茶室を思わす」とされる、夏の茶室である。小高い丘を思わせる高台から、庭園全体がひろびろと見渡せる。2018年の大きな台風による倒木で、「桂離宮庭園からどこを見ても、絶対にまわりの住宅や現代建築物はない」といえていたのが、あるお宅が少し見えてしまうようになってしまった。だが、自生する木を長い年月をかけて育て、またそれを覆い隠し、つくられた時代の風景そのままを維持するように計らわれている。ガイドの方が「庭園は生きている。庭師は、木を植える段階からすでに”数年後がどうなるか”が見えているのだ」とおっしゃっていたのが印象的である。

笑意軒

茅葺寄棟造りの屋根に杮葺の廂がついてある。これは田畑を耕す農夫をみることのできるのが特長のひとつだが、季節は夏。吹き抜ける風と、夜、手水鉢に浮かぶ月を愛でる時間は至福であることだろう。

月波楼

中秋の月の出の方向と一致する、秋の建物である。土間の右手からは池を望む形でとても見晴らしがよい一方で、左手からは池は隠れて見られない。このように風景の変化だけではなく、天井には船底を思わせる化粧屋根裏の竹の垂木が。見上げる人たちからも静かなどよめきが上がる。

ちなみにこの月波楼の方向には、書院群がある。とくにその古書院の二の間の正面に、月見台がつくられている。同じく中秋の建物だが、その名だけでなく、桂離宮庭園の敷地のほぼ中心に、正確に設計されていることからも、月見の名所を意識して作られていることがわかる。それらが高床式であるのは、かつてこの庭園に流れる水が桂川に通じているために大雨などで増水した際にも耐えられるように考えられたとのことだ。

桂離宮の「桂」は「月桂」の故事にちなんでつけられた地名のとおりである。庭園は、このように「月見」をメインにしながらも、それぞれに趣向をこらした茶室と書院群がならぶ。

桂離宮は「月の出」の方向をそれぞれ結んだ線が描く三角形と、月見台を中心に描かれる円とが融合した造られかたである。しかしそれだけでなく、茶室や書院、門や庭石のそれぞれに幾何学的デザインが多用されている。「鳥の目」で見る巨大な幾何学と、「虫の目」で見る繊細な幾何学、そして「魚の目」というべき、時代の変化に応じてきめこまかくなされる庭園の手入れや管理も、非常に興味深い。

2019年3月2日

Q&A, ネット塾, 動画添削, 塾サポート, 大学受験, 講師ブログ, 高校部

今こそ知りたい!受かる小論文のススメ【高校生指導Q&Avol.10】

古文漢文特化のネット塾・真花塾では、実は古文漢文の指導だけではなく、提携しているプロ講師の先生による、小論文動画添削指導も承ります。この柳田先生、医学部を含む難関大学にばっちり受かる!ための小論文指導を長年行っておられるのです。

今回は柳田先生に突撃インタビュー!合格するための小論文3つのヒミツをこっそりお教えします。

1、ニュース記事を詳しく盛り込む
「新聞とってないからムリです」と、さも知ったような口ぶりの高校生たちに喝!笑。アナタ、その握りしめてるスマホ、どんな風に使ってるのよ(^◇^;)

ネットニュースでいい、といいますか、ネットニュースが一番役立ちます。とくに海外のyahoo!ニュースを見てみると、新聞社による見解にとらわれないありのままの事実が見えてきます。

物事の日付などの具体的な数字情報もしっかり調べて、書けるように覚えておきましょう。自分の論はもちろん自分のものてすが、ニュースによって客観性が出るばかりでなく、しっかり事実を知った上での考えなのだと採点官に伝わるのです。

2、タイムマシン作戦を忘れずに
過去、現在、未来。これを英語文法の用語だと思ってしまうのは、ちょっと待った!

前にこんなことがあった、いまはこうである、だからこれからはこうなると思われる、という流れを忘れて、「いま」どうであるかばかりを書いてしまったり、「これから」どうなるかという自分の想像ばかりでは、論が飛躍してしまいます。ひとつの課題で、しっかり過去から現在、未来までタイムマシンでめぐるように考え、書くことが大切です。

そのためにも、いかに「過去起きた事実」であるニュース記事が必要か、きっとお分かりいただけますよね(^^)

3、型にガッツリはまろう
料理を考えてみましょう。初心者さんでもレシピどおりにすすめると、とてもスムーズに、そしていい状態に仕上がりますよね。

えー、みじん切りはめんどくさいからテキトーにでっかく切っといたらいいや!とかいって、そんなでっかい玉ねぎをハンバーグにいれてしまえば、見た目も味もイマイチ…。

だからレシピって大切なんです。小論文指導の場合、まずは先生が指示する「型」にしっかりはまるようについてきてください。

人それぞれ、本当の意味で身につくには時間がかかります。「書けた」から満足するのではなく、受験会場で一人で、時間内に合格する答案が書けるのかを常に自問し、それにふさわしいレベルアップに取り組み続けましょう。

最後に…番外編!志望理由書の受かるコツ

「〜たい」は避けます。「将来〇〇したい」ではなく、「〇〇する」と断言して、自分の意志を示しましょう。

2019年2月6日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, 塾サポート, 大学受験, 講師ブログ, 高校部

教室がうるさいので辞めました【高校生指導Q&Avol.9】

「あのぅ、実は前の塾、教室も自習室もうるさくて辞めたんですよ。」

個別指導だったんよね?じゃあ、ちいさい子や小中学生もいるよね?
それって、いま通ってるこの塾でもおんなじだけど、今はどう?気になったりする?

古文漢文特化のネット塾を運営している塾長吉川ですが、実は、オフラインでの個別指導塾にもいくつか、かかわらせていただいております。

とある個別指導塾の教室で、数学の自習に励む、高3女子(理系)との会話です。

「いえ、ココはめっちゃ静かです。静かなほうなんですよ、ほんとに!まぁ騒がしいときもあるにはあるけど、ちゃんと注意してくれるんで、全然気にならないです。

それに・・・。

まぁ、前の塾を辞めたのには、先生が生徒と一緒におしゃべりしてたっていうこともあるんですけど、授業の先生が変わって、全然内容がわからなくなっちゃって、さすがに私、高3で国公立理系なので、それはやばいと思って・・・。

だからいま、とってもよく分かるし、快適だし、ずっと自習できるしよかったです。高3の秋とかから来て、ご迷惑だったかもしれませんけど・・・。」

ううん、全然そんなことないよ。
前、そんなことがあったんや^ ^。

「それに、なんか自分、大学生の先生に授業中、友達のノリでガンガン来られると、めっちゃ引いちゃって、うわ・・・ってなるんで・・・。前の塾の先生も、そんな感じで・・・。いやぁ、なんかダメですかね、自分。」

ダメじゃないよ笑。そりゃ勉強に集中したいよね^ ^。

「そうなんです。それに、ココの塾に来たら”なんでこの答えがこうなるのか”とかをちゃんと説明してもらえるようになって、だから、ありがたいです。」

そうか(^^)。じゃあ、いまこうして勉強できてよかったね!数学の先生、
いまどうしてもお電話中で、戻ってくるまで結構かかるかもしれないけど、いまできる勉強をしながら、もうしばらく待っててね。

コミュニケーションが大切とはいうものの、古文漢文や英語はさておき、数学を頑張っているときの生徒には、万が一、ご担当の先生のご迷惑になってはいけませんので、極力話しかけないようにしています。

ですが、このときはあえてチャレンジしてみました(^^♪

いやー話しかけてみて良かったです!
いい情報収集になりました。

受験真っ只中の高校生に、こう言ってもらえるのはとても励みになるし、今後の運営についても確信を持てました。

それに、彼女の話、結構身につまされるところ、ありますよね?(^^)

「前の塾は〜」「ほかの塾は〜」という重い話でなくても、生徒がいつも感じたり考えているようなことって、こちらが腰を据え、しっかり向き合って聞いてあげないと出てきません。

とくに高校生の場合、

1)文系 or 理系
2)志望学部
3)志望大学
4)学校での進路指導アドバイスの内容

の4つは、大切なキーワードです。

これは聞き取らずに、高校生指導はありえません。

仲良しの先生とは、つい部活や遊びの話で盛り上がってしまいがちですが、コミュニケーションの中身にちょっと付け加えるだけで、大学受験指導はぐっと深まります。

ぜひさっそく今日から、お試しください^^。

2018年12月17日

ネット塾, 大学生, 大学生講座, 就活, 講師ブログ

2019年に就活生・新入社員になる大学生たちへ〜コミュニケーション能力の本質を知る〜

なにかの記事で、「お母さんは自分にとっては‘お母さん’以外の何者でもなくて、ふいに自分の子供時代の話をされたとき、娘としてとんでもなく衝撃を受けた」という内容の話を読んだことがあります。

それと同様、“先生”もはじめから“先生”という人間だったわけではなく、子どもだったこともあれば、みなさんと同じ大学生で、就活も経験しましたし、もちろん新入社員だったこともあります。

いまでは高校生メインの古文漢文オンライン塾として、この真花塾を経営していますが、じつは塾長吉川の理念のひとつに、大学卒業後、実社会に出ても思いっきり活躍できる人材を育てるということがあるんです。

以前、真花塾が大学生の皆さんにご協力いただいた就職活動についてのアンケート

就活に大切なことは?の項目では、ダントツ第一位でコミュニケーション能力があがりました。

今回の講師blogは、なんとスペシャル版!

就活の本格化を控える大学3回生、まもなく晴れて入社を控える大学4回生の皆さんに、究極のコミュニケーション術をこっそりお伝えいたします。

営業職ってすごい!の目覚め

大学3回生の就活の当初、私はコンサル志望でした。学生の頃には教職にはまだ関心がなかったのですね・・・(笑)

ところが自己分析などを進めるうち、営業職も、売るだけじゃなくて相手の悩みごとを聞いて、一緒に解決する仕事なのだと気づかせていただく機会がありました。

そのような発想の転換を経て、最終的に入社したのが、ヘアサロンやネイルサロンなどの美容に関するポータルサイトの会社で、営業の職種だったというわけです。

会社説明会や面接で、ご縁あって大学4回生の4月に内定をもらい、インターン生として月に数回出勤することになりました。

ショーゲキ!インターン生の挫折

それから数日後。
アポ取り電話もしましたし、上司の商談にも同行させてもらいました。いきなりの実地訓練です。なんてムチャ振り!(笑)

でもこんなムチャ振りも、リーマンショックの影響もあったのだとは思いますが、企業の人材育成の過程のひとつでした。(これがアルバイトや契約社員とも原則的に異なる点だといえるでしょう)

大学の友達は、もちろん正式入社前にそんな経験はさせてもらっていません。私だけでなく、同期はみんな、不安と嬉しさとに満ちていました。

ところが、内定をもらったその翌月から、大きな挫折を味わうことになりました。契約がちっともキメられないのです。

一日の30件の電話のうち、訪問できるアポが取れるのは2つくらい。やっとのことで取ったそのアポも、訪問すれば「え、アンタとそんな約束したっけ?」とヘアサロンから追い出される始末。

その後、着々と同期と差がつき、正式入社後には早々に異動勧告。簡単に言えば戦力外です。

自分にはすっかり営業の素質がないのだ、この会社にも必要とされなくなってしまったと感じ、大学卒業後半年足らずで退職しました。

いやー思い出しても苦しいです(^◇^;)

そして気がつけば2018年。あれから10年ほどが経ちました。

私はその間、百貨店で顧客案内の仕事をしたり、そのあとは日本語教師として外国人留学生に日本語を教え、個別指導塾で子どもたちに勉強を教え、自分の塾で高校生に古文漢文を教えるようになりました。そしてそのうちに営業の仕事のことなんて、ほとんど忘れていました。ときどき思い出すのは「辛かった」という感情ばかり・・・。

どころがどっこい!

職種が働き方を支配することなんてない!

仕事ってどんな場合でも、つきつめると毎日が営業”的”なんです。毎日、誰か自分や商品サービスに賛同してくれる人を募り、興味関心を持ってくださる人とお話をするのです。社内でもそれは同じです。誰かが誰かを動かしてこそ、この社会は動いているのです。

塾の場合、しかも相手は、ちびっ子を含む未成年&保護者の方。さらに、非常勤講師の先生たちとのチームづくりや研修もあるものの、結局土台は同じです。仕事の向き合い方と努力の方向性に職種の境界線はないということ。

とはいえ、「入塾してください」とか「授業の回数や科目を増やしてください」とか「教材買ってください」ということを言うのではありませんよ。いわゆる“営業”感覚だけじゃない。

もっと大切なことがあるんです。それこそが究極のコミュニケーション術!

営業職時代の上司のアドバイスを、私はいまもよく思い出します。皆さんへののエールとして、そして私の初心の意識を高めるためにも、ここで少しだけご紹介しますね。とってもリアルではないかと思います。

1)お前はまだまだプロじゃない。「言っていることを考えていることが違ってきて初めてプロと言える」

せっかくお約束した商談の時間、お前は何を考えている?
相手の話をウンウンとニコニコ聞きながら、いつのまにか営業としての役割や、自分の伝えたいことを忘れてしまっているだろ?
お前は、ただ漫然と時間を過ごしているだけだ。それでは相手の求める「答え」が出せずに終わってしまう。

まだ警戒しておられる方には「不信感」として残り、せっかく信頼してくださっている方にも「失望」を残す。相手にとっては営業マン=時間泥棒となってしまい、もう二度と会ってはもらえない。

※実際には「そうなんですね。美容師さんの人手不足で大変なんですね」と言いつつ、頭では「その原因はどこにあるのか?オーナーの考えは?どんな質問をすれば引き出せるかな」と、同時に考えておくのだ。

→たとえば塾講師はこうなる!

・勉強方法の質問
・志望校の相談
・「なかなか成績が上がらない」「勉強がイヤになっちゃった」という悩み

面談では、これらへの明確な答えや塾としての見解を、その場でできるかぎりスピーディーに示せるように心がけています。「調べておきます」という返答は、多くの場合、時間泥棒です。

2)どんなに知識武装したときもアホになれ。「アホになれる奴がいちばん強い」

もちろんプロなのだから、美容業界に関する情報や知識は持っていて当然。だが、現場ではその知識武装を忘れるくらいに相手に集中し、アポ取りや飛び込みでは、次々に、なんの躊躇もなく明るく振る舞うこと。

→たとえば塾講師はこうなる!

・指導のときは、生徒と対等に接する。
たとえ子どもであっても、意向や主張は必ず持っています。まずは「主張を示してくれた」ことを認めてあげてから、プロとして一人一人に合った指導方法を提示し、「それならチャレンジしてみよう」と思ってもらってしめくくることが大切です。

・生徒の失敗や後悔エピソードは、あえてクスっとした笑いに変えてあげる。
そのあとで「同じことをしないような効果的な方法」を紹介して、「こんどはそうしてみよう!」という前向きな気持ちを引き出します。本人が反省している以上、輪をかけて叱るようなことはせずに、あえて穏やかに見守ることもあります。

気になる!就活必勝法とは

いろいろなテクニックはもちろん存在します。ビジネスマナー履歴書の書き方、理想的な面接での受け答えなど、数え上げるとキリがないのも事実です。志望に合ったような資格も、持っている方がいいでしょう。

ですが結局のところ、就活はご縁探しです。自分を飾り立てず素のままで堂々とふるまえる強さが必要です。

コミュニケーションは本来、相手との関係性を高めるために存在しています。決して自分自身をアピールする道具ではないのです。

志望先の企業の方々から
「この人となら一緒に働きたい」
「会社運営で大変なことも一緒に乗り越えていきたい」
「将来自分の仕事を引き継いでもらえるような人材として育ててあげたい」

と思ってもらえるように、毎日のたゆまぬ努力と意識を身につけましょう。

そのためにはどうするか?

それは皆さん次第です。自分の本当の良さや強みを知り、自分がどうやって社会のお役に立ちたいのかを考えてみることから始まります。

この記事が皆さんにとって、なにかヒントとなることを願ってやみません。お話はいつでも聞きます。塾長吉川までご連絡ください。