講師ブログ

2018年4月30日

コミュニケーション, 受験, 講師ブログ, 進路指導

”なんとなく”の功罪

なんとなく、で難しい何かが達成できることはありません。

とりあえず、という軽い気持ちままでいつまでも進めるほど、ほんものの人生は簡単にはできていません。

例えばこんな風に。

「飲食店で専門的に働く仕事がしたいけど、とりあえず大学に行きたい。もしうまくいかなくて、その仕事になれなかったら困るから。…え、大学でどんな勉強するか?なんでもいい。なんとなく〇〇大学って決めてるけど・・・。」

私が、適当に決めるなら適当にしか指導できませんよ、と言って、いまの努力のままで入れる進学先候補を紹介すると、

「それは絶対いやだ」

と彼らは言います。このような生徒に限って、そのなんとなくの「〇〇大学」に入る勉強や努力はしません。
そして、本当にびっくりしてしまうのですが、その専門的な飲食の仕事に関する情報にも、興味を示しません。

「なんとなく」という安易な考えを続けることがいかに人のモチベーションを下げているのか、お分かりいただけると思います。

 

「もしうまくいかなかったときのために」というのも、腑に落ちません。私たちが生きるこの社会は、気づかないところで必ず皆が繋がっています。

「上手くいかないかもしれない」ことを前提にして、別の道に保険をかけて、成功したプロがいるでしょうか。

上手くいかせるための努力があってこそ、プロとして社会に必要とされるのです。

確かにイチローは、中学生のころから、もし野球で何か不測の事態があったら、と考えて、勉強も一生懸命にしたそうです。

ですが「野球がうまくいかなかったら」とは、思っていなかったはずです。あくまで万が一のケガや、引退が早まったときを想定してのことでしょう。

 

高校生も、最近では中学生や保護者の方でさえも、ただなんとなく大学生という肩書きを得たいだけとしか思えない発言が目立つように感じます。

こうなったら仕方がありません、保護者の方も巻き込んで、烈火のこどく叱り飛ばします。

この社会は繋がっています。身近な人間が指摘しないのならば、代わって誰かが叱らないといけないのです。

 

大学は本来、勉強をするために存在しています。勉強しないで、努力を避けておいて、入学できるわけはないのです。高額な授業料をかけて、ただ大学生の卒業証明を手に入れて振りかざしたいだけなのですか?

「やりたいことはまだ見つからないけど、でも大学で何か勉強したい。職業は、好きな大学、環境で、4年間勉強を頑張ってみて、それから決めます。だからいまは成績を上げたい、お願いします。」

と、堂々と明るく言える子は、必ず成功します。これが、本音で語るということです。

 

我々、塾講師は皆、「なんでも相談してね」と、もちろん声をかけます。

でも「愚痴を聞くよ」ということではありません。不安は一緒に解消します。飛躍しましょう。

 

上手くいくための方法を知りたいと感じたら、同時に「やり始めたら後には引かないぞ」という、強い気持ちが必要であることを、忘れないでください。

2018年3月20日

古文を訪ねる, 講師ブログ

シリーズ古文を訪ねる 天橋立(京都府)

町内会の天橋立バスツアーに参加しました!
真花塾スタッフと一緒です(^^)

お天気に恵まれて、皆さんに楽しませていただいて、本当にいい一日でした。

案内板を見た瞬間、こんなときにも、ついスマホで即興品詞分解( ^ω^ )笑

黄色と青でなぜ色分けしたのか、もうお分かりですね!

黄色→助詞。「の」は格助詞で「が」に代わることができる主格。コレ大事!「や」は詠嘆の終助詞で、直前が「なれ」と已然形になります。

青→助動詞。もちろん過去の「き」の連体形。直前が「かよい」で連用形接続。

では現代語訳ヨシカワ版。

古に、神が何度となく降り立ったという跡は、まさしくこの場所なのだなぁ。天橋立が雲の向こうに続いてみえる。

文法は、覚えておけばこうやって瞬時に意味が取れます。覚えてからがスタートですよ!

上記の現代語訳は、さらに天橋立の由来を汲み取って、感じたままに表現してみました。

以上、行楽シーズンも古文を楽しましょうの巻でした^ ^!笑

2018年3月20日

古文を訪ねる, 講師ブログ

シリーズ古文を訪ねる 誠心院(京都市)

和泉式部ゆかりのお寺、誠心院です。四条河原町から歩いて5分。いわゆる繁華街にポンと現れます。

軒端の梅そのもの、というわけではないそうですが、和泉式部が愛でたのに因んで、梅が植えられています。

ですが、「知らぬ人の申せばとて用ひ給ふべからず」と、彼女は言うのかもしれません笑。「花も主を慕ふかと」感じるのは、道真と同じなのですね。梅の花って可憐だ( ^ω^ )

さてさて、ということで今回も品詞分解!皆さんご存知の百人一首です。

まずは和泉式部さん。
ポイントはやはり推量の助動詞「む」の連体形。さらに動詞「あり」の否定に続くので、「私は生きていないであろう」となります。えぇ!いきなりの命短し宣言!

そして終助詞の「もがな」。〜したい!という、実現不可能だと知りつつも抑えられない願い。つまり「私の命は長くないだろう。この世を去る思い出に、もう一度あなたに会いたい。会いたいの!」という、熱い思いが伝わってきます。さすが恋に生きた歌人。

そして娘さんの小式部さん。
即興で詠んだと伝わっていますが、技巧を凝らし、自分の言いたいこともパシッと含み、何やら爽快感満載です。
「いく」は「行く」と「生野」の掛詞。「ふみ」は「踏み」とお手紙の「文」との掛詞。さらに「橋」の縁語(ざっくり言うと、連想させる言葉です)。
そして「まだふみも見ず、天橋立」と倒置法まで駆使している。すごいね小式部さん!

彼女の歌は、母の和泉式部による代作なのではないかと噂され、歌会にあたって嫌味を言われてしまいます。「お母さんに早くお手紙書いてお願いしないといけませんねぇ」。

これを聞いた小式部は、代作じゃねぇし!とばかりにこの歌を詠み、母は生野を超えた丹後にいる、私は行ったことないし、母からの手紙なんて見たこともないし、要するに代作じゃねぇし!!という主張を込めたわけです。
いやもちろん、もう少しお上品だったとは思いますが(^◇^;)

百人一首なんか覚えて意味あるの?と言う小中学生はたくさんいます。うーむ、意味なんてありませんよ。逆上がりできて意味あるの?って言ってるのと同じ。意味は自分で「見出す」ものです。

必要性をもし本当に感じるとしたら、高校古文を始めてからではないでしょうか。そのときに「あぁ子どものときに覚えた歌は、本当はこんな意味があったんだ!」と気付くでしょう。古文の奥深さ、先人の生き方から感じるものもあるでしょう。

先生方や保護者の方にもしお願いできるなら、「意味あるの?」と聞かれたら「意味はこれから自分で見出すものだよ、そのときのために今はまず覚えて、口ずさむことが大切なんだよ」とお答えください。

決して一緒になって「そうだよねぇ適当にやっといたら?」なんて言わないでくださいね。

意味がないと感じたのは、あくまでご自身のお考えなのであって、子どもたちにまでそれを押しつけるようなことは、してはいけないのです。

花の咲く時期は人それぞれ。いまは分からなくても、必ず自分で気づく日が来ます。

2018年2月24日

古文, 大学受験, 講師ブログ

0勝1敗1引き分け ~早稲田大学○○合格~

「言います!あの・・・えっと、0勝1敗1引き分けです!」
「・・・引き分けってなにーーーー?!」

早稲田大学の文学部と政治経済学部の合格発表報告です。
1引き分けとは・・・そう、補欠合格。ちなみに文学部。

「ほんまに合格かはまだわからなくて・・・めっちゃそわそわするんすよー!僕、東京行くことになるんすかねー」

「でもいいんです!僕、このまま補欠で終わっても悔いはないです!やりきりました!ありがとうございました!」

補欠合格は、私にも初めての経験でした。
結局、補欠がホンモノになることはなく、「やりきった」とすがすがしく卒塾した彼は、同志社大学の学生になりました。

高3の7月。体験授業に来た彼の望む指導方針は、なかなか独特でした。

「絶対に僕に合わせてほしいんです。余計なことはしたくない。自分に足りないのは現代文だけなんです」

確かに英語、日本史は偏差値70。でも国語は45。

彼との受験勉強は「国語の苦手要因」を分析することから始まりました。

ご要望どおり現代文。
「なぜその答えになるのか」を解説しながらやり取りしていたときです。

「いやいや、だってこの筆者おかしいじゃないですか!こんな比喩使わなくったって、普通に読んでたら通じるし!なんすかこれ!」

・・・なるほど。“自分ならこうは考えないのに症候群“か。
彼のいう「筆者のおかしい部分」とは、つきつめると単純に「自分と考えが違うところ」でした。
はいはい、それは授業後に聞くね、と言うと、ご本人も思わず苦笑い。

そこで私は、こう尋ねました。

「古文、大丈夫なの?」

自分の主観で読むクセがついている人は、実は古文で本当に苦労するんです。

古語は、現代語よりも一語のもつ意味に幅があります。
また、文法もいわゆる助動詞「べし」の「ス・イ・カ・ト・メ・テ」や、敬語表現など、ひっかかりポイントってたくさん!ただの丸暗記に頼ると痛い目にあってしまいます。
さらに“主語が書かれていない”ときたら、もうお手上げ?!

幸い、彼の基礎力は十分にあり、古語と文法の暗記、知識には問題ありません。

そこで、徹底的に主語を取らせました。「誰が」「何が」とひたすら言わせる。主述のズレがないことを確認したら、文法に忠実に、その現代語訳をひたすら書かせる。

案の定、彼は

「たったこれだけの和歌にこんな意味を含ませるなんて、この主人公おかしい!」

「こんなに主語が省略されてる文章、わけわかるわけない!」

なんて叫んだ日もちらほら。

でも私には、「もっと知りたい。もっと深く本質に迫りたい。そんな自分を認めてほしい」という気持ちの表れのように感じました。そこで、寝殿造の構造などの古文常識や、そのウラ側などの指導も盛り込み、「自分の許容範囲」を広げてもらいました。

現代文の授業も「筆者の主張の根拠」を洗い出し、まずは正答率を上げた後、どうしても「おかしい!」点は深く掘り下げ、政治や経済についての自分の意見を言わせて、彼の知的欲求に応えます。

はじめの「僕のやり方にあわせてほしい」という宣言はどこへやら。素直に愚直に取り組んだおかげで、成績を安定させられるようになりました。

高3の12月模試では、国語の偏差値65。

入試前日には「現代文だけがやばいと思っていたけど、古文やってよかった。自分で見つけたやり方以外で、自分が納得できる勉強法を教えてもらってよかった」と話してくれました。

あの「引き分け」報告には、実は続きがあります。

「先生と二人三脚でやってきたんです。この補欠、ありがたく今後の人生に活かしますよ。
早稲田の補欠、絶対合コンで受けると思うんです!がんばります!!」

おぉ・・・そうか。うん、そういう気概は大切やな!(笑)

2018年2月23日

受験, 講師ブログ

最後のお願い!

「受験終わったら何しよう?」とか「受かったら何して遊ぼう?」とか、あちこちで聞こえてくる時期です。

今まで頑張ってきたんですから、ここは思いっきり羽を伸ばすのがいちばん。

でも、そこに「親戚のお家に報告とお礼を言いに行く」をぜひ入れてねと、毎年話しています。

進路はもちろん自分の努力と実力で決めたものですが、そこにはいろんなの人たちの応援と支えがあったはず。

いま家族や親戚のことを想える人は、きっと将来も周りの人たちを想い、幸せにし、強く優しく生きていけるんだと思います。

彼らが大人の階段を上った先に何が待ってるのか、楽しみは尽きません。