講師ブログ

2018年7月10日

受験, 大学受験, 学び, 講師ブログ, 高1, 高2

是非の初心を忘るべからず!

高校生の勉強は、中学生の勉強とは違い課題が多く、それぞれの教科が細分化されます。そのため、勉強方法をしっかり考え直す必要があります。勉強方法を知っているか否かが、「ほんもの」の高校生かどうかの分かれ道です。受験勉強に対する中学と高校の違いについても、意識の向け方が格段に異なるので、早いうちから意識改革に努めることをおすすめです。
今回は古文・漢文のネット塾である「真花塾」が、中学と高校の勉強の違いについてご紹介します。特に高校1,2年生に参考になればと思います。

大学受験は全国大会レベル!地方大会レベルの勉強では・・・

当塾では、早い段階から、勉強方法について厳しくチェックをすることがあります。これまでご家庭で提案されていた方法や、小中学生だった本人たちの慣れている勉強方法の多くを、これからは変えないといけないんだよと、強制することが珍しくありません。大きな不安や抵抗を感じる方もきっとあるでしょう。しかし、それはとても需要なことなのです。

なぜなら!

大学受験は全国大会だからです!いま見えている狭い視野で最善を尽くしているつもりでも、上には上があり、先には先があります。

高校受験を経験した高校生たちの多くは、地元の高校を受験した子たちが多いはずです。そのため絶対数で考えると、ある程度の水準を保てている受験勉強であれば、合格は可能でした。しかし、国公立大学や有名難関私立大学では、全国各地の進学校に通う高校生たちと、学力で競わなくてはいけません。はたして、いまの勉強で十分でしょうか?私は、自分の担当する高校生にこう問いかけることが多いです。

そう、そこまでやらないといけないのが大学受験です。

真花塾からネット経由で添削指導をしていると、効率よく楽に点数アップを求める声はどうしてもあります。私も高校生たちの気持ちはわかりますし、そんな方法、たしかにあるといいよね?と返すことは、あるにはありますが、実際はそんなものはありません。

殆どの高校において、出される課題は多いですし、過去問や入試の過去問が満載になっているワークなどがあると、解くための手順は一筋縄ではいきません。数をこなしたり、調べる技術を身につけて丁寧に解くことなどが、必要になります。それはどうしても避けられないことなのです。逃げたい衝動に駆られている空気や、楽に身につく参考書や問題集へと動こうとする葛藤が、提出されるノートや解答の端々から感じます。どっこい、私もプロ講師。いつも目にしているノートの変動で、皆さんの心の動きも読めちゃうものなのです(笑)

高校1、2年生がいま解けない問題をクリアし、受験合格に向かういちばんの近道は、毎日の学習をコツコツ続けること、ちょっとした「?」を大事にして調べること、覚えたと思うことを活かして設問にチャレンジすること、これをひとつひとつこなしていくことしかありません。

そこまでやって、油断なく自分自身の苦手と向き合って、鍛錬していくことで志望大学に合格できるという意識が重要です。

初心に帰って”出来ていないこと”と向き合おう

今回は高校生のネット塾・真花塾が、高校生の勉強についてポイントをご紹介しました。一度高校受験という関門を突破した勉強方法を変えるという提案には戸惑うこともあると思います。しかし、大学受験は同じ勉強方法を続けていては、一歩どころか二歩三歩及ばないレベルで受験期に苦悩してしまう可能性が高いです。

いま一度深呼吸して、いまの学力と勉強方法がかみ合っているか考えてみることをおすすめします。慣れた勉強をただこなすことより、初心に帰って苦手とすることを得意にするにはどうするかを考えてみませんか?真花塾は皆さんに寄り添い、いろいろな提案や気づきのヒントを示し、いつでも皆さんを応援します。共に頑張りましょう!

2018年7月7日

学び, 教養講座, 講師ブログ

なぜ勉強をするのか?

人々自ラ其ノ身ヲ立テ、其ノ産ヲ治メ、其ノ業ヲ昌ニシテ、以テ其ノ生ヲ遂ル所以ノモノハ他ナシ、身ヲ修メ、智ヲ開キ、才芸ヲ長ズルニヨルナリ。而テ其ノ身ヲ修メ、智ヲ開キ、才芸ヲ長ズルハ、学ニアラザレバ能ハズ。是レ学校ノ設アル所以ニシテ、・・

1872(明治)5年に発布された「学制」について、つまり「学事奨励に関する太政官布告―被仰出書」の冒頭です。

人々が自ら身を立て、生計を立て、生業を盛んにし、その人生を全うすることは、ほかでもなく、行いを正し、知識を広め、才能や技芸を磨くことによって達成される。そして、行いを正し、知識を広め、才能や技芸を磨くことは学問によって可能となる。これが学校を設置した理由である・・・

なぜ勉強するのか?そう、「その人生を全うするため」なのです。

人生は社会に出てもいくつになっても、勉強の連続です。内容も実学に近づきます。

そのときに皆さんを支えるのは、「学生時代に身につけた学び方」です。
一生懸命勉強したり、何かを調べたり考えた経験の乏しい人は、残念ながら職業人としても大輪の花を咲かせることは難しい。

大人になってからでは遅いのです。
厳しい先輩や師匠たる人を探し当てて教えを乞うたり、自分のチカラで努力、前進するという姿勢に転じるのは、大人になってからそうそうできることではありません。
もし「手遅れだ」という自覚のある人なら、そして職業人として成功したいという強い志を持った人なら、険しい道であることを覚悟したうえで、変わることができるでしょう。

2018年7月6日

古文, 大学受験, 講師ブログ, 高1, 高2

古文がつまらない?おぬし、それはもったいない!

高校生指導に特化したネット塾・真花塾では、古文・漢文をメインに受験指導をしています。私の動画添削指導を受けている高校生、特に1、2年生たちは「古文」と聞くだけで苦手感があるようです。もし、なんのこっちゃイメージが分からないということが「理由」で本当に古文を避けているのだとしたら、私は「おぬし、それはなんともったいない!」と言いたくなります。今回は大学受験の勉強でも役立つ、古文の考え方について紹介いたします。

大人でも難しい思想「無常観」

大学受験のために高校3年生へ古文指導を行っていると、「無常観」と発想が難しいとこぼす声が多いです。無常観は仏教的思想とも呼べるもので、どんなものにも限りがある。形あるものは壊れる。若い者はいずれ老いる。栄えたものは廃れるといった世の中の止められない流れに対する受け止め方、はかなさのようなものです。それを文脈からつかみ取るということがポイントですが、正直なところ、大人の方でも難しいものです。まずは、古文の面白さを理解することを私は古文指導の専門家としておすすめします。

古文はあくまでも情報や物語を伝えるもの!イントロ次第でイメージチェンジ

古文は現代の私たちがそうであるように、古い時代の読み物として定着した作品が多いです。私たちが娯楽のひとつとして物語を楽しんでいるように、昔に生きた人々も楽しんだ物がつまらないなんてこと、あるでしょうか?物語に対するイメージを変えてみることで、古文への意欲や楽しさというものは格段に上がってきます。

例えば
紀貫之の「土佐日記」とは、有名な紀貫之がユーモアを交えて綴った文学作品ですが、女性に扮して冒頭を書き始めていることから、日本で初のコスプレ日記という称され方をすることもあります。本当は土佐で身内を亡くした、早く故郷に帰りたい気持ちも見え隠れする、ちょっと切ない作品です。とくに日記のラスト。入試問題としても出題されますね。

そして「源氏物語」。インターネット上で大学受験に合格した高校生のコメントを見ると、恋愛に関する描写が多く、最古のラノベとして楽しんだという声もあります。大学受験勉強の方法として、「あさきゆめみし」など古文漫画などでイメージを沸かせて勉強するというものもあります。

実際に高校の古文でも「児のそら寝」で、ぼたもちがほしい、でも子どもだとみられたくない葛藤が招いた児の、喜劇の結末にわらってしまったという方も多いでしょう。古文は耳慣れないまたは、見慣れない言葉のイメージさえクリアすれば楽しい物語がいっぱいです。

まとめ

今回は、高校生に古文に対する考え方について紹介しました。いわゆる”お勉強”や”テスト対策”としてのみ古文に取り組むのは、とてももったいないですよ。私たちがいまも見聞きして笑ってしまうようなストーリーやエピソード、古文にはいっぱいあります。古文・漢文に特化したネット塾・真花塾で古文の”考え方””から勉強してみませんか?楽しく学んで、志望大学に適う点数アップが塾長・吉川の志すところです。

2018年7月6日

受験, 古文, 大学受験, 講師ブログ

真名を意識した勉強で差をつける!

全国的に暑い、暑すぎる!というシーズンになってきました。古文・漢文指導特化のネット塾「真花塾」でも暑さが肌で実感できます。前回は「言霊」という言葉で綴ってみましたが、今回も似たものシリーズとして「真名」と、勉強法との関連をご紹介いたしましょう。勉強している「内容」だけでなく「名前」も大切にしないと、せっかくの心を込めた勉強も、点数に結びつきません。

まな?しんみょう?日本で古くから伝わる「真名」の考え方

真名という言葉があります。カタカナやひらがなといった仮名文字と対称に、「漢字」を「真名(まな)」というみなす認識が一般的です。「しんみょう」という呼び方もあります。古来の日本において、何気なく目や耳に入る「名前」というものは、特別なものでした。

平安時代においては、女性は身内や夫となる方以外には、本当の名前(真名=しんみょう)をあかしてはいけないことが常識でした。そのため男性が、女性にプロポーズするときには歌を利用して、相手の真名を聞くスタイルが取られました。女性からの返歌で、彼女の名前が書いてあればプロポーズ成立です。やったね!
古文を勉強している高校生たちであれば、和歌で見たことがありますよね(笑) 小野小町や平兼盛のがそれです。よろしければ勉強の合間にご覧ください。名前を知ることというのは特別な儀式でもあったのです。

名前には力がある!うろ覚え勉強はキケン!

いまでもお父さんお母さんは、お子さんへの命名にはとても腐心なさいます。どんなオトにしようか、どんな表記にしようか・・・^^
良い名前はきっと、子どもの将来に良い影響を与えてくれると信じている証でしょう。昔の日本では、ライバルの名前を無理やり縁起の良くない名前にして、貶める結果になったというケースがいくつもあります。
名づけられた名前には「何かをひきよせる力」があるということを意識した方がよいでしょう。
高校生の皆さんに意識してほしいのは、暗記学習で名前(ネーミング)をおろそかに扱ってしまうと、良くない結果を引きよせるかも!ということです。見直しや音読を怠ってはいけません。あともう少し頑張って質の高い勉強にすることができるという時に、うろ覚えが起きる可能性が高くなってしまいます。

受験問題で問われるのは紛らわしいものばかり

うろ覚えに注意するということは、決して珍しいアドバイスではありません。しかし、添削指導で大学受験を数多く支えてきた真花塾だからこそ、シンプルイズベストと言わせていただきます。試験で高校生の皆さんが泣きをみてしまうのは、紛らわしい用語や類似した言葉の区別ミスや誤字、脱字。古文・漢文に限らず、どの教科の勉強にも言えます。

私たち自身も、誰かに名前を間違えられると良い気分はしないものですね。目の前にある教科書や問題に取り組むときにも、同じような感覚で接してほしいと思います。一問一問で問われている解法や用語を大事にすることで、本番の得点力は間違いなくアップします。丁寧な学習ができる高校生は強いです。

まとめ

今回は添削指導の超・個別指導ネット塾「真花塾」が言葉や名前を大事にする勉強について少し紹介いたしました。暑さが増すと勉強の丁寧さが欠けやすくなります。志望大学をめざす高校生の皆さん、暑くったって勉強しましょう!こういう時にこそ丁寧さが必要です。

2018年6月30日

コミュニケーション, 古文, 大学受験, 学び, 講師ブログ, 進路指導, 高1, 高2, 高校部

知識と言霊と勉強サポート

真花塾生徒の服装や日焼けぶりから、夏休みシーズンもそろそろだなと感じます。「休み」という言葉があるのに、学校課題や補習の多さから「全くもって夏休みじゃない!」と、こぼす高校生が多いというのも、塾長先生にとっては「あるあるトーク」ではないでしょうか。学校課題で苦しむこの時期の勉強サポートをいかにして、点数・成績アップに導くか、腕の見せ所だと思います。今回は真花塾における勉強で、私が意識していることを少しお話しいたします。

日本語教育の経験が指導の根幹に

現在は”古文・漢文特化”の塾長をしておりますが、私には日本語教師として日本語学校で勤務し、尊敬する大先輩の先生方とともにお仕事させていただいていたことがあります。その経験は私にとって宝物とも呼べる、とても貴重なものでした。その経験があったからこそ、いまも塾に来てくれる生徒たちに精一杯に、有意義な勉強サポートを行いたいと思う、原動力になっています。ただ知識を教えるだけでは、生徒たちには響かないことも多くあります。どうすれば身につくか常に視点を考えるようにしています。

点数アップのコツはスタイルの違いから

日本語教育の現場では、学生はもちろん海外の方ばかりです。その方にとっては、「私たちの感覚で用いる日本語」は相当難しいものです。日ごろの生活スタイルや風習がまったく違うということも、その要因の一つでしう。よく英語の長文読解のテーマにも取り上げられていますが、例えば私たち日本人が「おいで!おいで!」と手招きをする仕草は、海外では「あっちへ行け!」と追い払う仕草に似ています。これはあくまで一例ですが、あるものごとを教えるのに、自分たちと真逆の考え方の人に、「私たちが普通と考えている」知識や考え方をただ語って、はたして通用するのでしょうか?このことは、実は、子ども一人ひとりを”見る”塾の指導にも共通することが多いのです。

生徒とのコミュニケーションを大事にして目標へ

私は”イエローカード”のサインが見られる生徒の進路指導では、よく「おぬし、それはやばいぜ」トークをすることも知られていますが、ちちょっとしたときの会話を大事にします。何気ない時の素振りや会話から、その子自身の芯にあるものが見え隠れします。そういうものを大切に、よく観察をして、知識が力になってくれるように「仕向ける」ことが私の指導です。

古来、日本では言葉に力が宿ることを信じて、「言霊」という表現が用いられました。私は指導で用いる言葉にこそ、力が宿るように、その子に通じるように、思いを込めて指導ができる塾を目指しています。いまはSNSが普及して、言葉だけのコミュニケーションで誤解を招いてしまい、トラブルも起きることもよくあります。

「言葉」を大事にする勉強こそ、大学受験やテストだけではなく、実社会で必ず役立つと信じています。これから夏休みでさらに忙しくなりますが、「おぬし、このままじゃやばいぜ。落ちてからでは何もかもが遅い」、そんな思いを言霊にするかのように、真花塾は精一杯やっていきます!合格を目指して頑張りたい人、頑張るきっかけが欲しい人、勉強は任せてください!

オンライン講座
予約はこちら!