講師ブログ

2018年7月23日

古文, 学び, 教養講座, 狂言のことばをみんなで読んでみる会, 講師ブログ

「こころ」美人になるヒント、狂言から学びませんか?

社会人の皆さま、日ごろの暮らしの中でスケジュールや締め切りに追われること、増えつつありませんか?ここ最近、「決まった人と同じようなセリフのやり取りしかしていない・・・!」という方、「ストレスの上手な発散の仕方が分からない」という方にこそ、オススメの方法をご紹介します。それは、「狂言のことば」を”声に出して読む”という行為。継続的におこなうことで、日常のコミュニケーションにも、ステキな変化が生まれるかも知れませんよ。日常の生活が変わる「こころ」美人のヒントになる一般人向けの講座を、古文・漢文に特化したネット指導塾”真花塾”が開催します。

「こころ」を育むコミュニケーションを読んでみる

日々の暮らしを健やかに過ごしていくには、健康や物理的な環境も大事ですが、「こころ」の健やかさも重要になります。現代の生活はストレスも多く、メンタル的に苦しいことも多いです。ストレス発散に趣味で発散しようとする方も多いでしょう。スポーツやジム通いという選択肢もありますが、運動が苦手だと躊躇してしまう可能性もあります。それならば「読む」という行為をフル活用して、有意義な時間を過ごしてみませんか。頭の中を空っぽにして、ひとつの書物に勤しむという時間もまた「こころ」を育むには有効です。

適度に頭を悩ませる”ちょいムズ”読み物が効果的

ちょっとした時間に取り組むことが出来る「読書」は、「知の娯楽タイム」とも呼べるものです。「こころ」を落ち着けること・育むことに有効です。仕事の締め切り、人付き合い、経済的なことなど現実的な問題から、疲れた頭を切り離することに役立ちます。不思議なもので「読み物」に工夫を加えると、意味を類推したり、状況を想像したりと適度な頭のストレッチにもなります。「こころ」や頭にも効果があるプログラムとして書を読むことは理想的です。ある程度の難易度がある読み物の方が、メリットが多いということは間違いありません。書にふれることでボキャブラリーも増えるので、日常の暮らしでの言葉遣いを洗練させることにもつながります。

声に出して読みたい!読みごたえも十分な狂言

今回、一般向け講座として真花塾がテーマに挙げるものは「狂言」です。狂言は日本古来の能楽としても知られています。古典芸能は、難しく敷居が高いという方もいるかもしれません。実際のところ、能楽は古い時代には祭事・神事いがいにも娯楽目的としても親しまれていたものです。笑いを誘うものも多く、「こころ」をリラックスさせることもできます。狂言には、現代社会にも通じる面白いものが多くあります。今回のコーディネーターを務めます吉川がオススメする狂言の題材が、《仏師》です。現在でも「どこかにいそう」な個性的な人々が登場する物語を、専門家の解説と合わせて皆さんで読み進めていくことが今回の目的です。

当日は「なりきること」がメインの体感型イベント

通常の一般向けの教養講座とは違い、ストレス発散にも通じるように声を出していただきます。能楽研究家・能楽を演じる役者のお二人から、狂言「仏師」の代表的な場面のレクチャーやセリフに込められている意味やニュアンスを学ぶことが準備運動です。そのあと、体感型プログラムとして、それぞれの登場人物になり切って狂言を読み進めていきます。ここまでやると参加者の皆さんで、「こころ」のつながりが生まれています。やりとげた達成感や「今までしらなかった言葉の面白さ」で、「こころ」の健やかさ・美しさを育むことに役立つはずです。

そのあとの茶話会でも話題に花咲き、講師の方々と和気藹々と過ごしていただけることうけあいです。今回の狂言を読む講座には、特別な資格や条件は一切必要ありません。「古典ってどんなの?」「ひまつぶしに何かやってみたい!」という好奇心で十分です。心よりお待ち申し上げております。

いつもと違う時間を過ごしてみたい方には、自信をもって提案できる講座です。ご参加お待ちしております。

お申し込み受付中!第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

【日時】2018 年10 月21 日(日)13:30~15:00
(懇親会17時から。詳細はお問い合わせください)

【参加費】2,500円(お茶・菓子つき)

※定員20名(要予約)
定員を超えた場合はキャンセル待ちになります。

【講師】
朝原広基氏(能楽研究家)
河田圭輔氏(狂言役者)
コーディネーター:吉川真梨(真花塾塾長。「能楽と郷土を知る会」代表)

【会場】
京都コンシェルジュサロン

〒600-8222
京都市下京区文覚町384
(七条通りから東中筋通りを北に50M)
JR京都駅から徒歩10分

お申し込み、お問い合わせは当HP「古典講座お申し込みフォーム」まで。

2018年7月21日

ネット塾, 古文, 学び, 講師ブログ

囃子に漬物?生活に根付く古文とのつながり

最近のニュースでは自然災害や酷暑など、夏ならではの自然の脅威ばかりが際立っていますね。でも高校生のみなさん、夏休みの勉強はさほど脅威ではありません(笑)。頑張って夏休みの宿題や目標に合わせた自学の勉強に、とことんこだわってください。難しいことかもしれませんが、どんな辛い修練や勉強も楽しんで行えるようになると、飛躍的にレベルアップします。「そんなん、無理やで!」という心の声も聞こえそうですが、ちょっとだけ発想を変えてみませんか?今回は勉強方法と考え方について、少しご紹介いたします。

古文・古典は昔の暮らしを想像するキーワード

古文・漢文に特化したネット塾・真花塾で多くの高校生たちとつながっていると、「古文単語や言葉の意味が分からへん。それで勉強する気がおきへん。」という声が少なくありません。関西弁ばっかやな(笑)。あ、いやいやご心配なく!真花塾は全国の高校生に勉強サポートをしております(笑)

話を戻しますと、言葉を意味だけ覚えようとする難しいということです。成り立ちなどもふまえて考えてみると、古文や古典はいっそう楽しくなります。例えば、普段ごはん食べる時に、お漬物ってありますよね?「お新香」という別の言い方もします。

なぜお新香というか?

それは平安時代における貴族の暮らしにつながっているのです。昔は貴族の娯楽に香りで問題を出し合ったり、品評しあったりというものがありました。同じ匂いを嗅いでいると、鼻がきかなくなるので、感覚を戻すために漬物を食べる。それで香りが楽しめるので「香のもの」と漬物を呼ぶようになり、新しく作った香のものを「お新香」と呼ぶようになったといわれています。平安時代の暮らしを想像するひとつに「漬物」があるなんて、ちょっぴり意外ではありませんか?

夏祭りは歴史を受け継ぐイベント!興味深い「学び」や「気づき」だらけ

このように、いろいろなものと連動させて知識を結びつけると、イメージ力は増して長期記憶につながります。人間の脳の中でイメージは右脳が担当します。物事を論理的に考えることに左脳は適していますが、右脳は長期記憶や雰囲気をつかみ取ることに適しています。この特性を利用しない手はないでしょう。

夏といえば、日本各地で花火や夏祭りが開催されますね!おそらく高校生の子たちも友達と出かける予定はありますよね。その夏祭りも、古い日本の時代から続いている伝統や文化を受け継いでいる大事な「学び」イベントといえます。夏祭りで目にすることが多い踊りの所作からは、太古の人々の動きや考えを感じ取ることが出来ます。歌われている民謡の歌詞を意味からたどっていくと、当時の生活環境を知ることも可能です。

現在でもつかわれている言葉に「はやしたてる」というものがあります。人をほめたり、おだてたりするときに、音をたてて騒ぐときの様子ですが、これは祭りや伝統技能の能・狂言でも用いられる「はやし(囃子)」からきています。

囃子は演舞や演奏の大事な場面に楽器で拍子(リズム)をとったり、盛り上げたりするときに行われる大事な音楽や動作です。数百年前から行われていることが、いまの私たちにもこのように通じている。「つながり」は本当に不思議ですね。

日常の暮らしで無意識に使っている言葉をたどっていくことが、いつのまにか古文や関連する歴史の勉強になることは非常に多く、その「気づき」を多く得ることで日々の生活が違って見えることもあります。それが古文の楽しみ方の一つだと私は考えています。

ちょっとしたイメージで勉強は変わる

今回は課題や問題の勉強にこだわらないで、想像や妄想を膨らませる勉強について、真花塾の吉川がご紹介しました。こなすだけの勉強や学校課題を続けていると、覚えていられる知識やスキルにはどうしても限界があります。ある程度脱線してみたってへっちゃら!くらいの気持ちで、成り立ちや過去の時代をイメージする時間を、あえて取り入れてみてください。夏休みは絶好のチャンス!新学期の成績に変化が出るかもしれませんよ。もっともっと知りたい!という人は、ぜひお問い合わせください。一緒に頑張っていきましょう。

2018年7月18日

ネット塾, 動画添削, 古文, 学校の課題, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

そこまでやるの?真花塾はそこまでやる!

まだまだ若輩の身でありますが、真花塾はオンラインで学習指導するネット塾として、多くの高校生、ときには大学生の皆さんと触れ合う仕事をしております。最近ではネットという環境を通して、全国の学習塾様とのつながりも非常に多くなっています。今回は、高校生専門のネット塾・真花塾がこだわっているところは何か?ほかのネット指導型のサービスとの違いや強みについて紹介いたします。高校生のお子様に対する参考になれば幸いです。

普段の勉強が指導になるように動画添削指導

指導教科として古文(漢文)に強いということが、ネット塾の真花塾が誇れるメリットの一つです。そして、何といっても動画添削という指導スタイルをとっていることは大きいと思われます。いまの高校生や大学受験を狙う学生さんの環境には、ネットサービスがたくさんあります。なかには安価で受講できる、「録画した授業を再生する」もの「質問回答に特化したもの」なども少なくありません。一見、類似したサービスを提供している真花塾ですが、”生徒個別に動画を毎日毎日作っている”というこだわりは強くあります。
それは・・・
学校課題や自学を中心とした日常の学習が大学受験につながるような効果が高いものになってほしい!、ということです。その願いを込め、毎日動画撮影しています。

動画添削の質を高める情報と習慣

質問回答という形のサービスも人気はありますが、真花塾は多少の時間をかけてでも、学習習慣を定着させること、学力の正確な判断・分析を目的とした情報収集に徹底しています。高校生から「答えがわからない」と質問があったとしても、その「わからない」というクオリティは決してすべて同じというわけではありません。

 ・知識がないからわからない → 教科書は読んでいますか?
 ・数をこなしているのにわからない → 類題・例題の解説や流れを理解していますか?
 ・この単元が全くわからない → 前の単元から理解できていないかも?

高校生たちが、質問という形でこちらを頼ってくれることは、とても嬉しいものです。一刻も早くリターンしてあげたいのが本音です。しかし、根本的な解決をできるよう指導しないと、指導を受けている高校生たちは、結局同じミスを繰り返すことになってしまいます。そこで、「わからない」の本質を探ることにエネルギーを割いています

指導を受けている高校生たちの反応

普段の勉強改善を目的にしている真花塾では、その日の勉強に対する意識を強く持ってもらうように指導しています。その日の勉強で用いた教材やノートのビフォアフター、その日の勉強で解いた問題への感想や反省を書きまとめたものを、欠かさず画像提出してもらっています。指導を受け始めた高校生たちの(えーそこまでやらなあかんの?)という心の声が聞こえます(笑)うん、もちろんやるで!^^

一定期間、真花塾で動画添削を受けるようになった高校生たちは、目に見えてノートの質が変わってきます。これが大きな特徴です。ただ答えや解説を丸写ししているのではなく、冷静に高校生本人たちにとって必要な情報をまとめたノートや、点数アップや失点予防に役立つコメントがいっぱいになっています。この繰り返しにこそ、大学受験に困らない学力・点数アップが達成できている高校生の、秘密が隠されています。

今回は動画添削指導のネット塾・真花塾の一端について、代表の吉川がご紹介しました。今の時代はネットに囲まれている環境です。ご縁があれば、大学受験や高校生の勉強に強いネット塾「真花塾」をお試しください。

2018年7月15日

受験, 古文, 漢字変換能力, 講師ブログ

国語を武器にしたい?それなら古文こそ大事!

高校生の皆さん、センター試験まで半年。期末テストが終わったかと思えば、学校の進路面談。さらに、その進路相談にデータとして必要となる、模試が連続する時期です。あせってばかりではいけません。受験当日に必要となる結果や点数から、「今やるべきこと」をきちんと”逆算”できていますか?

多くの高校生を添削指導するネット塾・真花塾でも、添削に熱が入る日々が続いています。すべての教科の基本といえば国語。しかし、現代文にばかり意識を向けて、古文を避けようとする高校生が多いのが、とても残念です。なんともったいない!古文はちゃんとした勉強方法を確立すれば、しっかり結果が出せる教科です。今回は「受験古文」に対する考え方について紹介します。

難易度が高い大学受験では古文こそがカギを握る!

私立大学の受験であれば、現代文のみの試験というものも、あるにはあります。だから「古文がない大学を探そう!」という選択をするのも、決して悪くはありません。しかし、国立大学や関西にある有名大学となると、話は別。古文は採点基準に入る重要な科目になります。「えー嫌だな~」としり込みしている高校生諸君!実はとってもやりがいのある科目なんですよ^^

大手予備校や有名進学校でも定番となっている高校生への教えに、「センター試験の国語は、古文・漢文を先に終わらせて、残り時間を現代文に!」というものがあります。でも高校生によっては「現代文が大事だから、現代文の時間を多くとれ」という意味だとに、受け取ってしまうかもしれませんね。

いやいや、本当は、そう考えるべきじゃないのです。「古文・漢文は、目のつけどころとなるポイントを押さえて丁寧に勉強すれば、短時間で解けるようになるよ!」っていうことなんです。得点源となる古文・漢文を避けようとすることは、とてももったいないことですよね。

語彙と基礎知識!古文や漢文は点数アップ、成績アップに結びつけやすい

現代文の評論分・随筆・小説などは用語や漢字以外にも、雰囲気や状況みたいなものを想像するには時代背景や人間関係を考える要素が多く、苦手とする高校生には苦痛がともないます。しかし、古文・漢文は時代設定が変動せず、単語の知識や昔の考え方などを理解しておくことでパターン化されている出題が多いです。そのため、勉強した時間や回数分だけ成果が現代文より見えやすいという武器があります。

古文・漢文に特化した真花塾では、他の受験教科にも安心して時間やエネルギーが割り振りできる勉強方法や考え方というものも提案しています。古文・漢文で点数が取れるという安心感は現代文に余裕を持てるということにつながり、相乗効果も高いです。メリットがある古文・漢文を後回しにするなんて、もったいないと思いませんか・

まずは語彙力!高校生が古文を身につけるポイント

今回は古文・漢文に強くなる高校生のネット塾・真花塾が、古文を学習するメリットについて少しご紹介しました。古文は、語彙力を身につけることが点数アップに最優先の課題と言えるでしょう。古文を身につけるポイントを実践してみてください。
400個以上の古文語彙力が目安
受験に関する参考書などでは、受験に必要な語彙を400以上としていることが多いです。そのため語彙力を400までは、音読を活用してしっかり身につけることをオススメします。古文読解のための土台作りです。歴史的かなづかいや、古典に不可欠な”漢字変換能力”など、音読してこそ気づくことがありますよ^^
イメージに結びつけて仕分けしよう
古文はプラスイメージ、マイナスイメージの使い方がはっきりしています。音読して覚える時には、プラスかマイナスかのイメージも意識することで、本番に発揮できる力が大きくなります。現行の「選択形式問題」のセンター試験では、プラスかマイナスだけでも正答率に大きく貢献してくれるでしょう。
ゴロやイメージを活用した単語帳も併用しよう
受験では「ゴロ単」や「読んでみて覚える」単語帳も人気があります。学校で配布されているものでは、なんだかどうしても覚えられないという方は、自分に合うものを探して、手に取ってみることも一つの手です。

具体的な方法を立てやすいというのも古文のメリットです。ほかにもヒントやきっかけが欲しい時には、真花塾にお問い合わせください。お待ちしております。

2018年7月10日

受験, 大学受験, 学び, 講師ブログ, 高1, 高2

是非の初心を忘るべからず!

高校生の勉強は、中学生の勉強とは違い課題が多く、それぞれの教科が細分化されます。そのため、勉強方法をしっかり考え直す必要があります。勉強方法を知っているか否かが、「ほんもの」の高校生かどうかの分かれ道です。受験勉強に対する中学と高校の違いについても、意識の向け方が格段に異なるので、早いうちから意識改革に努めることをおすすめです。
今回は古文・漢文のネット塾である「真花塾」が、中学と高校の勉強の違いについてご紹介します。特に高校1,2年生に参考になればと思います。

大学受験は全国大会レベル!地方大会レベルの勉強では・・・

当塾では、早い段階から、勉強方法について厳しくチェックをすることがあります。これまでご家庭で提案されていた方法や、小中学生だった本人たちの慣れている勉強方法の多くを、これからは変えないといけないんだよと、強制することが珍しくありません。大きな不安や抵抗を感じる方もきっとあるでしょう。しかし、それはとても需要なことなのです。

なぜなら!

大学受験は全国大会だからです!いま見えている狭い視野で最善を尽くしているつもりでも、上には上があり、先には先があります。

高校受験を経験した高校生たちの多くは、地元の高校を受験した子たちが多いはずです。そのため絶対数で考えると、ある程度の水準を保てている受験勉強であれば、合格は可能でした。しかし、国公立大学や有名難関私立大学では、全国各地の進学校に通う高校生たちと、学力で競わなくてはいけません。はたして、いまの勉強で十分でしょうか?私は、自分の担当する高校生にこう問いかけることが多いです。

そう、そこまでやらないといけないのが大学受験です。

真花塾からネット経由で添削指導をしていると、効率よく楽に点数アップを求める声はどうしてもあります。私も高校生たちの気持ちはわかりますし、そんな方法、たしかにあるといいよね?と返すことは、あるにはありますが、実際はそんなものはありません。

殆どの高校において、出される課題は多いですし、過去問や入試の過去問が満載になっているワークなどがあると、解くための手順は一筋縄ではいきません。数をこなしたり、調べる技術を身につけて丁寧に解くことなどが、必要になります。それはどうしても避けられないことなのです。逃げたい衝動に駆られている空気や、楽に身につく参考書や問題集へと動こうとする葛藤が、提出されるノートや解答の端々から感じます。どっこい、私もプロ講師。いつも目にしているノートの変動で、皆さんの心の動きも読めちゃうものなのです(笑)

高校1、2年生がいま解けない問題をクリアし、受験合格に向かういちばんの近道は、毎日の学習をコツコツ続けること、ちょっとした「?」を大事にして調べること、覚えたと思うことを活かして設問にチャレンジすること、これをひとつひとつこなしていくことしかありません。

そこまでやって、油断なく自分自身の苦手と向き合って、鍛錬していくことで志望大学に合格できるという意識が重要です。

初心に帰って”出来ていないこと”と向き合おう

今回は高校生のネット塾・真花塾が、高校生の勉強についてポイントをご紹介しました。一度高校受験という関門を突破した勉強方法を変えるという提案には戸惑うこともあると思います。しかし、大学受験は同じ勉強方法を続けていては、一歩どころか二歩三歩及ばないレベルで受験期に苦悩してしまう可能性が高いです。

いま一度深呼吸して、いまの学力と勉強方法がかみ合っているか考えてみることをおすすめします。慣れた勉強をただこなすことより、初心に帰って苦手とすることを得意にするにはどうするかを考えてみませんか?真花塾は皆さんに寄り添い、いろいろな提案や気づきのヒントを示し、いつでも皆さんを応援します。共に頑張りましょう!