講師ブログ

2018年7月6日

古文, 大学受験, 講師ブログ, 高1, 高2

古文がつまらない?おぬし、それはもったいない!

高校生指導に特化したネット塾・真花塾では、古文・漢文をメインに受験指導をしています。私の動画添削指導を受けている高校生、特に1、2年生たちは「古文」と聞くだけで苦手感があるようです。もし、なんのこっちゃイメージが分からないということが「理由」で本当に古文を避けているのだとしたら、私は「おぬし、それはなんともったいない!」と言いたくなります。今回は大学受験の勉強でも役立つ、古文の考え方について紹介いたします。

大人でも難しい思想「無常観」

大学受験のために高校3年生へ古文指導を行っていると、「無常観」と発想が難しいとこぼす声が多いです。無常観は仏教的思想とも呼べるもので、どんなものにも限りがある。形あるものは壊れる。若い者はいずれ老いる。栄えたものは廃れるといった世の中の止められない流れに対する受け止め方、はかなさのようなものです。それを文脈からつかみ取るということがポイントですが、正直なところ、大人の方でも難しいものです。まずは、古文の面白さを理解することを私は古文指導の専門家としておすすめします。

古文はあくまでも情報や物語を伝えるもの!イントロ次第でイメージチェンジ

古文は現代の私たちがそうであるように、古い時代の読み物として定着した作品が多いです。私たちが娯楽のひとつとして物語を楽しんでいるように、昔に生きた人々も楽しんだ物がつまらないなんてこと、あるでしょうか?物語に対するイメージを変えてみることで、古文への意欲や楽しさというものは格段に上がってきます。

例えば
紀貫之の「土佐日記」とは、有名な紀貫之がユーモアを交えて綴った文学作品ですが、女性に扮して冒頭を書き始めていることから、日本で初のコスプレ日記という称され方をすることもあります。本当は土佐で身内を亡くした、早く故郷に帰りたい気持ちも見え隠れする、ちょっと切ない作品です。とくに日記のラスト。入試問題としても出題されますね。

そして「源氏物語」。インターネット上で大学受験に合格した高校生のコメントを見ると、恋愛に関する描写が多く、最古のラノベとして楽しんだという声もあります。大学受験勉強の方法として、「あさきゆめみし」など古文漫画などでイメージを沸かせて勉強するというものもあります。

実際に高校の古文でも「児のそら寝」で、ぼたもちがほしい、でも子どもだとみられたくない葛藤が招いた児の、喜劇の結末にわらってしまったという方も多いでしょう。古文は耳慣れないまたは、見慣れない言葉のイメージさえクリアすれば楽しい物語がいっぱいです。

まとめ

今回は、高校生に古文に対する考え方について紹介しました。いわゆる”お勉強”や”テスト対策”としてのみ古文に取り組むのは、とてももったいないですよ。私たちがいまも見聞きして笑ってしまうようなストーリーやエピソード、古文にはいっぱいあります。古文・漢文に特化したネット塾・真花塾で古文の”考え方””から勉強してみませんか?楽しく学んで、志望大学に適う点数アップが塾長・吉川の志すところです。

2018年7月6日

受験, 古文, 大学受験, 講師ブログ

真名を意識した勉強で差をつける!

全国的に暑い、暑すぎる!というシーズンになってきました。古文・漢文指導特化のネット塾「真花塾」でも暑さが肌で実感できます。前回は「言霊」という言葉で綴ってみましたが、今回も似たものシリーズとして「真名」と、勉強法との関連をご紹介いたしましょう。勉強している「内容」だけでなく「名前」も大切にしないと、せっかくの心を込めた勉強も、点数に結びつきません。

まな?しんみょう?日本で古くから伝わる「真名」の考え方

真名という言葉があります。カタカナやひらがなといった仮名文字と対称に、「漢字」を「真名(まな)」というみなす認識が一般的です。「しんみょう」という呼び方もあります。古来の日本において、何気なく目や耳に入る「名前」というものは、特別なものでした。

平安時代においては、女性は身内や夫となる方以外には、本当の名前(真名=しんみょう)をあかしてはいけないことが常識でした。そのため男性が、女性にプロポーズするときには歌を利用して、相手の真名を聞くスタイルが取られました。女性からの返歌で、彼女の名前が書いてあればプロポーズ成立です。やったね!
古文を勉強している高校生たちであれば、和歌で見たことがありますよね(笑) 小野小町や平兼盛のがそれです。よろしければ勉強の合間にご覧ください。名前を知ることというのは特別な儀式でもあったのです。

名前には力がある!うろ覚え勉強はキケン!

いまでもお父さんお母さんは、お子さんへの命名にはとても腐心なさいます。どんなオトにしようか、どんな表記にしようか・・・^^
良い名前はきっと、子どもの将来に良い影響を与えてくれると信じている証でしょう。昔の日本では、ライバルの名前を無理やり縁起の良くない名前にして、貶める結果になったというケースがいくつもあります。
名づけられた名前には「何かをひきよせる力」があるということを意識した方がよいでしょう。
高校生の皆さんに意識してほしいのは、暗記学習で名前(ネーミング)をおろそかに扱ってしまうと、良くない結果を引きよせるかも!ということです。見直しや音読を怠ってはいけません。あともう少し頑張って質の高い勉強にすることができるという時に、うろ覚えが起きる可能性が高くなってしまいます。

受験問題で問われるのは紛らわしいものばかり

うろ覚えに注意するということは、決して珍しいアドバイスではありません。しかし、添削指導で大学受験を数多く支えてきた真花塾だからこそ、シンプルイズベストと言わせていただきます。試験で高校生の皆さんが泣きをみてしまうのは、紛らわしい用語や類似した言葉の区別ミスや誤字、脱字。古文・漢文に限らず、どの教科の勉強にも言えます。

私たち自身も、誰かに名前を間違えられると良い気分はしないものですね。目の前にある教科書や問題に取り組むときにも、同じような感覚で接してほしいと思います。一問一問で問われている解法や用語を大事にすることで、本番の得点力は間違いなくアップします。丁寧な学習ができる高校生は強いです。

まとめ

今回は添削指導の超・個別指導ネット塾「真花塾」が言葉や名前を大事にする勉強について少し紹介いたしました。暑さが増すと勉強の丁寧さが欠けやすくなります。志望大学をめざす高校生の皆さん、暑くったって勉強しましょう!こういう時にこそ丁寧さが必要です。

2018年6月30日

コミュニケーション, 古文, 大学受験, 学び, 講師ブログ, 進路指導, 高1, 高2, 高校部

知識と言霊と勉強サポート

真花塾生徒の服装や日焼けぶりから、夏休みシーズンもそろそろだなと感じます。「休み」という言葉があるのに、学校課題や補習の多さから「全くもって夏休みじゃない!」と、こぼす高校生が多いというのも、塾長先生にとっては「あるあるトーク」ではないでしょうか。学校課題で苦しむこの時期の勉強サポートをいかにして、点数・成績アップに導くか、腕の見せ所だと思います。今回は真花塾における勉強で、私が意識していることを少しお話しいたします。

日本語教育の経験が指導の根幹に

現在は”古文・漢文特化”の塾長をしておりますが、私には日本語教師として日本語学校で勤務し、尊敬する大先輩の先生方とともにお仕事させていただいていたことがあります。その経験は私にとって宝物とも呼べる、とても貴重なものでした。その経験があったからこそ、いまも塾に来てくれる生徒たちに精一杯に、有意義な勉強サポートを行いたいと思う、原動力になっています。ただ知識を教えるだけでは、生徒たちには響かないことも多くあります。どうすれば身につくか常に視点を考えるようにしています。

点数アップのコツはスタイルの違いから

日本語教育の現場では、学生はもちろん海外の方ばかりです。その方にとっては、「私たちの感覚で用いる日本語」は相当難しいものです。日ごろの生活スタイルや風習がまったく違うということも、その要因の一つでしう。よく英語の長文読解のテーマにも取り上げられていますが、例えば私たち日本人が「おいで!おいで!」と手招きをする仕草は、海外では「あっちへ行け!」と追い払う仕草に似ています。これはあくまで一例ですが、あるものごとを教えるのに、自分たちと真逆の考え方の人に、「私たちが普通と考えている」知識や考え方をただ語って、はたして通用するのでしょうか?このことは、実は、子ども一人ひとりを”見る”塾の指導にも共通することが多いのです。

生徒とのコミュニケーションを大事にして目標へ

私は”イエローカード”のサインが見られる生徒の進路指導では、よく「おぬし、それはやばいぜ」トークをすることも知られていますが、ちちょっとしたときの会話を大事にします。何気ない時の素振りや会話から、その子自身の芯にあるものが見え隠れします。そういうものを大切に、よく観察をして、知識が力になってくれるように「仕向ける」ことが私の指導です。

古来、日本では言葉に力が宿ることを信じて、「言霊」という表現が用いられました。私は指導で用いる言葉にこそ、力が宿るように、その子に通じるように、思いを込めて指導ができる塾を目指しています。いまはSNSが普及して、言葉だけのコミュニケーションで誤解を招いてしまい、トラブルも起きることもよくあります。

「言葉」を大事にする勉強こそ、大学受験やテストだけではなく、実社会で必ず役立つと信じています。これから夏休みでさらに忙しくなりますが、「おぬし、このままじゃやばいぜ。落ちてからでは何もかもが遅い」、そんな思いを言霊にするかのように、真花塾は精一杯やっていきます!合格を目指して頑張りたい人、頑張るきっかけが欲しい人、勉強は任せてください!

2018年6月23日

コミュニケーション, 受験, 大学受験, 大学生講座, 講師ブログ, 進路指導, 面談, 高校部

おぬし!

「おぬし、それはやばいぜ」ごっこの時期です。
なんですかそれ、とよく聞かれますが、ネーミングそのままです。

「入試当日という日は決まっていて、何があっても絶対に変えられない。人生に終わりがあるように、試験勉強にも終わりがある。このままじゃやばいぜ、落ちてからではなにもかもが遅い」

敢えて、ごっこ、と銘打って遊び心を出してから生徒を呼び出しています。
ティーンエイジャーに向かって「人生には終わりがある」と語るのですから、まぁ楽しいものではありません。
みんなサッと顔色を変えます。

でも変えた顔色には、本気さが宿ります。
チャイムが鳴っても勉強をやめず、そろそろ帰らないと、と言っても生返事で、翌日も学校から直行でやってきて、またいつまでも勉強するようになります。

これで一日10時間コースの完成。
あとは、残りの数ヶ月、またサボり始めたときにクギをさしたり、泣きそうなときに笑い話をしたり、ときどき一緒にコーヒーを飲んだりするだけです。

究極のところ、私たち大人は、彼らが思いっきり頑張れるような環境を整備することしかできません。
もちろん授業もその一環ですが、悲しいかなあくまでスパイス程度にしかなりえないと、そう考えておくくらいでちょうどよいのです。
だからこそ、思いっきりさを引き出せていないのならば、我々は強く自己反省が必要です。

生徒の心に火をつける、という名言があります。
逆説的ですが、いざそれをやれる講師は、火をつけようなんて思っていないはずです。当たり前の声かけを、その子のために、当たり前に勇気をもって口に出しているだけなのです。

おぬし、ここまで頑張ってきたのに失速してどうするんだ。あと○日しかない。必ず受験は終わる。どうせ終わるなら、受かって終わりたいでしょ?

おぬし、こんなテキトーに志望校を書いて、それでCだEだと言っても、もとの選択がテキトーなんだからあてにならない。本当に行きたいところはどこなの?模試は本番じゃないぜ。

ここからが勝負です。

2018年6月23日

コミュニケーション, 大学受験, 学び, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

勉強しない理由?

全力を尽くした上でやむを得ず生徒と距離を置く、ということがあります。
「なんとかしてあげたいけれど、もうこれ以上は踏み込めない」という、なんとも心苦しい状態です。

フラグは大きく5つ。
1.志望校がない(どこでもいい)
2.(ずっと)心身の調子がすぐれずに「勉強できない」
3.高校の課外活動などが忙しくて「勉強できない」
4.先生(講師)と「うまくいかない」ために「勉強できない」
5.ほかの科目で「忙しい」ために「勉強できない」

どんなに大切に思う植物でも、日当たりの悪い場所に置いたままに、水をあげすぎては枯れてしまいます。

同様に、生徒自身が日の当たるほうに自分の力で伸びようとしてくれるまで、私たちは待つしかない。
たとえ、それを待っていると「入試に間に合わない」かもしれないと危惧しても、水のやりすぎで彼らを根っこから腐らせてしまうよりは、待つほうがまだ再生のチャンスはあります。

受験勉強が大好き!と言える生徒はごく少数でしょう。ふつうはつらい、厳しい、大変だ、と感じて当然です。

でもだからといって、彼らは決してかわいそうな状況に置かれているのではありません。成功へのプロセスを辿っているだけなのです。
決して、安易な「勉強しない理由」を作らせてはいけません。

明らかに自分に不足している点があるのに、それを誰からも指摘されず、しっかりとしたサポートもされず、ほめられもせず、叱られもせず・・・。
もし自分が同じ立場に置かれたら、どれほど行き詰った思いがするでしょうか。

ビリギャルの主人公は学校行事の当日も勉強していたそうです。
私はヤンキー古文の吉野先生の著書を読んで受験期を過ごしましたが、「四六時中ずーっと勉強していた」という内容を読んで、「同じ人間なのだから私にだってできるはず」と、怠け心や不安に立ち向かいました。

多くの塾で、メインの生徒である中学生は皆「高校生」になり、いずれ「大学生」になります。
高校生なっても「きっちりと」、高1であっても親身に、高2で伸び悩みがみられるときには早めに、高3では受験に一人で立ち向かえるように。

早く手を打って失敗する、ということはありません。
むしろ、目の前の高校生活の毎日で必死な生徒たちに、その足元の少し先を照らしてあげることが、高校部の役割なのだと思います。

・たとえどんなに部活が忙しくても、それは「勉強しない理由」にはならないよ。
・たしかにご家庭で意見の相違があって、それがどうしても気になっているとしても、申し訳ないけどそれは「勉強しない理由」にはならないんだよ。
・たとえ先生のやり方が「合わないな」と感じる部分があったとしても、だからといって「自分が勉強しなくなった理由」にはならないよ。
・熱があってしんどかったのはよくわかるけど、だからといって無断で課題をすっぽかしていい理由にはならないよね。

生徒に寄り添うために「同調」する必要はありません。
彼らに「物事の新しい捉え方」を示すことのできる講師が、いちばん信頼されるのではないでしょうか。