講師ブログ

2018年8月3日

コミュニケーション, ネット塾, 動画添削, 受験, 古文, 大学受験, 講師ブログ, 進路指導, 高校部

期待大!?受験に合格できる人が発するセリフ

今週末、関西エリアで多くの大学がオープンキャンパスを開催されています。関関同立や、産近甲龍を検討している大学受験生や高校1,2年生なら、一度は参加することをオススメします。私の母校である関西大学では、毎年一日に10,000人以上が見学に殺到しています。各大学の空気や、その大学を目指すライバルの存在を肌で感じることには大きなメリットがあることは、言うまでもありませんね。今回は、高校生のちょっとした言動で、私たちが大学受験のおよその「合格可能性」を判断していることを紹介します。

今年もすでに感じる合格への芽吹き~生徒リクエスト~

「先生、次の授業、どうしても古文の・・・読解の・・・簡単な・・・いや、基礎をさせてください!」

(お、きたきた!やった!)心の声
「どうしたの?」

「結構いろんなこと覚えられてきて、文法とかも分かってきたんですけど、なんか最近急に、読んでるときにふとわからなくなるんです」

「そうね、きちんと努力してると一時的に混乱して、いろんな使い分けがわからなくなることがあるね。オッケ!じゃ次はそのつもりで準備しとくわね。」

「ありがとうございます!」

一見すると何でもないやり取りに思えますが、こういうセリフが出てくるようになると大学の受験勉強が理想的になっていると感じます。

頑張るから欲が出る!欲が出るから点が取れる

この”フラグ”が出たら、真花塾で指導しているほとんどの高校生は、しっかり合格します。”合格フラグ”が早ければ早いほど、つまり混乱や軽い挫折が早くやってくるほど、指導しながら立て直す時間を取れるので、受かります。前述の高3の彼女は、もうきっと受かります。おそらく11月にやってくるであろう、勉強とメンタルの大きな不調をきちんと乗り越えさせると、ほぼ間違いなく受かります。

勉強は点ではなく「線」で考える必要があります。語を覚えるだけでは文法を理解できず、文法を理解したからと言って語が分かるわけではありません。いろいろなものが混在した状態で、一通りの把握やアウトプットができてこそ、「本番に強い」受験勉強が可能になります。自分自身の勉強を、いろいろな面でトライ&エラーしている高校生は、そのような状況を素直に受け止めて、私たちに報告やリクエストをしてくれるようになります。また、私たちもそのリクエストに対して非常にタイムリーな対応ができるので、質の高いアクションにつながるのです。こうなると「受験成功への必勝パターン」が完成します。

高校生の「気づき」を昇華させることが私たちの務め

つねづね、大学受験勉強は生徒とのコミュニケーションだ、と真花塾が伝えている真意は、ここにあります。合格フラグは、高校生本人には分からないものですし、合格通知をもらうまで、分からなくていいと思います。ただ指導者や周りの大人がそれを感じ取って確信し、指導に活かすべきことですので、生徒本人には伝えません。適した指導やカリキュラムがあるのみです。

高3の夏は生徒に、この「前よりも絶対に頑張っているのに、覚えている手ごたえがあるのに、基本的なことがよく分からなくなってきた」というのを言わせる「ラストチャンス」です。

混乱状態を解きほぐす、適切な問題を解かせる、暗記内容を絞らせるなどの「立て直し」には、指導の濃さも時間も必要です。”フラグ”を見極め、その塩梅をうまく効かせるスキルと経験には自信があります。大学受験生だけでなく、大学受験指導をしておられる塾長先生や保護者の方からのご相談も、いつでもお待ちしております。

また、合格フラグとも呼べる言葉は、一日10時間以上の勉強に本当に真摯に取り組んでいる生徒にしか言えません。いつまでも「できる」「頑張ってる」「大丈夫」と言っている受験生は、ほんとはめっちゃくちゃ要注意です。

高校生たちのサポートはお盆もお正月もありません

今回は真花塾の吉川が、頑張っている高校生に多い言葉について紹介しました。多くの方はもうすぐお盆休みなどを挟みますが、真花塾は通常営業です。決して高校生の頑張りを放置しないようにと今年も自分を戒めつつ、サポートに回るつもりです(^^)めちゃくちゃ熱い夏ですが、頑張っていきましょう。

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

2018年8月2日

中学部, 動画添削, 古文, 大学受験, 学び, 講師ブログ, 高校部

好きこそ物の上手なれ?突き詰めると百人一首

古文・漢文の言葉一つ一つを大事にして、意味や状況を想像して学んでいくことが大事ですよ!と、真花塾では勉強サポートを続けています。私自身の経験を踏まえてアドバイスすることも多いですが、勉強は丸暗記ではなく、理解した上で覚える方が、ただ数をこなすことよりもダンゼン効果が高いです。仮に今は理解が追い付かなくても、後になって脳トレのように”アハ体験”と”点数”が押し寄せてきます。なぜそんなことわかるの?と思われるかもいるかもしれません。実は私、吉川も経験者の一人なんです。今回は、高校生の皆さんに、私の思い出話を少しご紹介しょう。今回の大事なキーワードは”百人一首”です。

高校生時代の実話!理系だったので古文・漢文とは無縁

真花塾で指導を受けている生徒さんや、一般教養講座を受講している社会人・大学生の皆さんは、私がずっと文系畑を猛進してきたと考えておられるのかもしれませんね。実は、私は高校時代はリケジョ(なんか古い?笑)で、古文・漢文の勉強にはさほど関心を持ってはいませんでした。いま振り返ってみると、勉強の仕方が分からずじまいだったからだとは思いますが、いまこのように、その古典を使って仕事をしている理由の一つである「高校生が困らないような古典の勉強の仕方を伝えたい」という思いにもつながっています。そういうターニングポイントを与えてくれたのは、なにを隠そう百人一首でした。

カルタや百人一首大会!”地味に役立つ”イベントです

大学受験勉強をしていたころ、よくわからないままなんとなーく古文の現代語訳をしていたときです。ふと目に入ってきたちょっとした表現に、ハッとさせられました。どっかでコレ見たことある・・・なんかわからないけどなんか意味がわかる・・・?そうだ!小5のときに必死で覚えたあの百人一首のやつだ!!
今では継続している学校が少ないのが、非常に残念なのですが、私のころは、百人一首を覚えてみんなで札の数を競うイベントがありました。なぜか昔の言葉の「音(オト)」を覚えること、その言葉の意味を考えることが、当時の自分のツボにはまり、マンガ「百人一首」という解説本を読みながら、ひたすら音読していた小5の冬休み。まさか高校卒業後、浪人生になって試験問題で出会うとは・・・驚きました。
あ!あの時の表現って、これのことだったんだ!そう思った瞬間から、古文・漢文は、私とっての大事な教科に生まれ変わりました。

音(オト)が大事なポイント!丸暗記と「暗唱」の違い

このように、ちょっとした古文・漢文に関する過去を思い出したきっかけから、勉強項目と、そうでなくても「それを使っているもの」とのリンクが増えてくると、いっそう勉強が楽しくなったんです。受験勉強も、大学での研究や学びも、そして社会人になってからも同じです。学びが深まり多くの方々に出会い、インスパイアされて、今の真花塾代表、吉川が構成されている気がします。
自分自身の経験を振り返ってみると、もし百人一首のとき「早口言葉のように」丸暗記をしていたら、状況は変わっていたと思います。しっかり当時の人々の住まいや装束を調べ、言葉の意味を調べ、情景を想像し、誰かに語りかけるように覚える「暗唱」だったからこそ、その後の「気づき」につながったのは間違いありません。ただ札を取るためだけ、100個覚えるためだけによくわからないまま「丸暗記」しても、「気づき」や「着眼」には至らなかった可能性は非常に高いですね。

学校のイベントって大事なことにつながります

今回は、真花塾の吉川の、百人一首についてのエピソードを一つご紹介しました。私たち大人の小中学校時代よりも、いまの中学生や高校生の皆さんはずっと忙しいかもしれません。
ただ、ときどき皆さんが口にする「〇〇のイベントや教科って、テストや社会で役に立たないよね」という言葉を聞くと、待て待て、それをいま決めるのはちょっと早いんじゃないかな?と感じます。いま世の中で有名になった人や成功した人というのは、多くの人が関心持たなかったものにチャレンジや継続をした結果、それぞれの成功につながってきたのです。一見「コレ意味あるのかなぁ?」と感じてしまうような学びも、まずはやってみよう!楽しんでみよう!という姿勢で取り組めば、あとから必ず実を結びます。
中学生・高校生の皆さんには、先入観持たずにいろいろな行事に取り組んでみることをオススメしますよ^^

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

【真花塾一般向け教養講座 ご参加お申し込み受付中!】
第3回狂言のことばをみんなで読んでみる会 テーマ《仏師》

2018年7月29日

ネット塾, 動画添削, 受験, 大学受験, 学び, 読書, 講師ブログ

良書は「こころ」を育てる~読書ノススメ~

古文・漢文特化の真花塾は、高校生専門の塾として動画添削指導を行っております。そのため、インターネットの学習塾としてのイメージが強いのではないかと思います。ですが実は、真花塾は社会人向けの一般教養講座だったり、お子様向けの体験講座だったりと、実社会で役に立つ”人材””育成にも力を入れております。そのための題材として、古典をはじめとする様々な書物を扱っているという認識をしていただけると幸いです。真花塾では、高校生にももちろんのこと、小さなお子様や社会人にも「声に出して書を読む」ということは、とても重要なことなのだといつもお話ししています。書は「こころ」を育ててくれます。今回は真花塾代表の吉川にとっての、大切な一冊について紹介いたします。

社会人向け一般教養講座に興味がおありであればこちら
お子様向けの体験プログラムはこちらもご覧ください

“同じことは2度起こらないのだよbyアスラン『ナルニア国物語』”

私の愛読書の一つに『ナルニア国物語』があります。登場人物の中でもアスランがめちゃめちゃ好きなんです。「意外!先生なら巻物読んでそう~」という声が聞こえてきそうですが、和書も洋書も何でも読みますよ。古今東西どんとこいです(笑)
登場人物や状況を想像も容易です。クローゼットの中でかくれんぼしたくなったこと、あるある!さらに読めば読むほど、目からウロコの新しい発見があります。一見すると勉強に関係ないような物語だって、想像力を膨らませる(頭の中に絵を描く)練習になりますし、セリフの考察が、日常の生活や人生への大きなヒントにつながることだってあります。中でもこのアスランのセリフは、やり直しは聞かないからこそ、一つ一つを大事にしなさいという一期一会に似て、学ぶ側にも指導する側にもはっとさせられますね。

諸説あるアスランのセリフに対する解釈

良い書物の特徴ともいえますが、実はこのセリフの解釈はいくつかあります。アスランは、はじめは主人公たちを全面的に導き助けたにもかかわらず、再び彼らがナルニアにやってきたときには、自分からは何も救いの手を差し伸べません。「どうして助けに来てくれなかったの?」と理由を問われると、悠々と「同じことは二度と起こらないのだよ」と答えます。これは、いつまでも頼ってはいけないよ、健全に自立をしなさいね、という投げかけではないかと思います。高校生の指導も同じです。上には上があって、先には先があります。大学受験本番当日に彼らと一緒にいられる、なんてことはありません。一人で立ち向かわせなければならない。だからこそ丁寧に、高校生たちが本番当日に堂々と力が発揮できるよう、勉強サポートしなくてはならないと考えています。

ちなみに一番メジャーな解釈としては、期待しているだけで終わってはいけない。~だろうとあてにすると良くない。自分でできることを信じて行動することこそ大事というニュアンスが、おそらく正しいとされています。

ほかにも宗教的な解釈だとか、このセリフは夢の中で一度、現実で二度目が語られていることから、夢が正夢になったというとらえ方をされている方もいます。こういう考え方もあるんだなと、また新しい気づきがもらえますね!

良い書物は、読み手を考えさせる表現がいっぱいあります。それを一人でじっくり考えてみたり、友達同士でああでもない、こうでもないと考えてみることや話し合ってみたりすることも、楽しいひとときではないでしょうか?

勉強のための読書が全てではありません

今回は真花塾の吉川が、いつもとは少し路線を外れて、自分の好きな物語について紹介いたしました。読書というと、読書感想文のための読書ばかりを連想する人もいるのではないでしょうか。古典作品でも現代作品でも、読んで楽しく、そして気分転換になり、さらに人生にも役立つものが多くあります。勉強で忙しく頭がいっぱいな時こそ、「気づきを与えてくれる本」を少しずつ読み進め、気分転換してみてください。「コレいいよ!」という本があればぜひ知らせてくださいね。お待ちしています^^

【提携塾サイトご紹介】
難関大動画添削ネット塾鍛錬場
個人指導塾拓社

2018年7月25日

ネット塾, 古文, 大学受験, 学び, 学校の課題, 教養講座, 講師ブログ, 高1, 高2

読みやすい作品やアプリをご紹介~古文の読み物習慣をこの夏に~

中学生・高校生の皆さん、学校の宿題は進んでいますか?え、まだ、手を付けていない?それはピンチです!せっかくの夏休みにとれる時間を有意義に使いましょう。”提出物の古文・漢文もわかるようになる”ネット塾・真花塾としては、古典作品にふれてみることも一つの方法として提案しています。 将来、高校を卒業し、晴れて大学生や社会人になっても、言葉使いや人付き合いというものに古典作品はとても役立ちます。真花塾には、社会人の受講生もおられます。今回は、この夏に古典に触れるキッカケとしてオススメの古典作品やアプリについて、どーんと紹介いたします。

大学生・社会人向けの講座はこちらもご覧ください

古典の多くは日本語のご先祖様!まずは声に出して読もう

古文・漢文特化の真花塾で高校生たちと話していると、「古文は助動詞とかが覚えることが多くてとっても苦労する」というコメントが多いです。確かに大学受験やテスト対策で点数アップをするには、助動詞の暗記をはじめとする、文法や基礎知識的な要素はとても重要といえるでしょう。しかし、冷静に考えてみください。古典は現在わたしたちが使っている言葉のご先祖様です。声に出して読んでみると、意外としすっと意味が分かることも少なくありませんよ。

ですから、読みやすい作品などを工夫して読んでみると、ちょっとしたスキマ時間でも、ある程度の古文読解力が期待できてしまいます!高校生ならば、いま使っているスマホのアプリも活用してみると、真花塾の添削指導にプラスアルファで上手にすいすいと勉強がすすみますよ。

古文学習に役立つ作品やアプリを紹介

古文を夏休みに点数が取れる教科にしたいのであれば、読解に自信が持てることには非常に多くのメリットにつながります。あれこれと多くの作品を読むということも決して悪くはありませんが、私は一つの作品をキッチリと読破するということこそが理想的だと考えます。イメージを持ちながらストーリーを読み切った達成感は、想像をはるかに超えて、高校生たちの自信になってくれるはずです。

例えば・・・

中学生で聞いたことがある作品は特にとっつきやすいでしょう。「万葉集」「源氏物語」「平家物語」「徒然草」「奥の細道」 といった作品を一つチョイスして読んでみるのはどうでしょうか?中学生のときに勉強した内容って、結構アタマに残っているものですから、抵抗なく踏み入ることができますよ。

古典作品を読み始めるには、「角川文庫のビギナーズ・クラシックス」がオススメです。学生以外にも社会人にも読みやすい資料や年表付きで、わかりやすい工夫がいっぱいの書籍になっています。高校生の夏休みチャレンジとしても挫折しにくく、とても役に立つ古文常識が盛りだくさん(笑)もちろん私の生徒たちには、スムーズに読破できるように手厚く読解サポートしております!

そして高校生であれば、スマホアプリという活用方法があります。例えば、無料で古文単語暗記に役立つアプリをダウンロードして、スキマ時間にアプリを辞書代わりに作品を読んでいくという方法が使えます。

夏休みに古典作品に触れてみよう

今回は、古文・漢文特化のネット塾「真花塾」が、古典読解のきっかけにオススメの作品やアイテムについて紹介しました。読書をするコツとは、「本の厚みを見ないようにすること」だと聞いたことがあります。目の前のページ一つ一つに意識を集中してひたすらにこなしていくうちに、気がついたら全部読み終わっているよ、という内容でした。勉強もそういうものだと私は考えます。あれこれ考える前に、まずは読んでみる・調べてみる・勉強することから始めちゃいましょう!

他サイトご紹介
難関大動画添削ネット指導塾鍛錬場

2018年7月18日

ネット塾, 動画添削, 古文, 学校の課題, 講師ブログ, 高1, 高2, 高校部

そこまでやるの?真花塾はそこまでやる!

まだまだ若輩の身でありますが、真花塾はオンラインで学習指導するネット塾として、多くの高校生、ときには大学生の皆さんと触れ合う仕事をしております。最近ではネットという環境を通して、全国の学習塾様とのつながりも非常に多くなっています。今回は、高校生専門のネット塾・真花塾がこだわっているところは何か?ほかのネット指導型のサービスとの違いや強みについて紹介いたします。高校生のお子様に対する参考になれば幸いです。

普段の勉強が指導になるように動画添削指導

指導教科として古文(漢文)に強いということが、ネット塾の真花塾が誇れるメリットの一つです。そして、何といっても動画添削という指導スタイルをとっていることは大きいと思われます。いまの高校生や大学受験を狙う学生さんの環境には、ネットサービスがたくさんあります。なかには安価で受講できる、「録画した授業を再生する」もの「質問回答に特化したもの」なども少なくありません。一見、類似したサービスを提供している真花塾ですが、”生徒個別に動画を毎日毎日作っている”というこだわりは強くあります。
それは・・・
学校課題や自学を中心とした日常の学習が大学受験につながるような効果が高いものになってほしい!、ということです。その願いを込め、毎日動画撮影しています。

動画添削の質を高める情報と習慣

質問回答という形のサービスも人気はありますが、真花塾は多少の時間をかけてでも、学習習慣を定着させること、学力の正確な判断・分析を目的とした情報収集に徹底しています。高校生から「答えがわからない」と質問があったとしても、その「わからない」というクオリティは決してすべて同じというわけではありません。

 ・知識がないからわからない → 教科書は読んでいますか?
 ・数をこなしているのにわからない → 類題・例題の解説や流れを理解していますか?
 ・この単元が全くわからない → 前の単元から理解できていないかも?

高校生たちが、質問という形でこちらを頼ってくれることは、とても嬉しいものです。一刻も早くリターンしてあげたいのが本音です。しかし、根本的な解決をできるよう指導しないと、指導を受けている高校生たちは、結局同じミスを繰り返すことになってしまいます。そこで、「わからない」の本質を探ることにエネルギーを割いています

指導を受けている高校生たちの反応

普段の勉強改善を目的にしている真花塾では、その日の勉強に対する意識を強く持ってもらうように指導しています。その日の勉強で用いた教材やノートのビフォアフター、その日の勉強で解いた問題への感想や反省を書きまとめたものを、欠かさず画像提出してもらっています。指導を受け始めた高校生たちの(えーそこまでやらなあかんの?)という心の声が聞こえます(笑)うん、もちろんやるで!^^

一定期間、真花塾で動画添削を受けるようになった高校生たちは、目に見えてノートの質が変わってきます。これが大きな特徴です。ただ答えや解説を丸写ししているのではなく、冷静に高校生本人たちにとって必要な情報をまとめたノートや、点数アップや失点予防に役立つコメントがいっぱいになっています。この繰り返しにこそ、大学受験に困らない学力・点数アップが達成できている高校生の、秘密が隠されています。

今回は動画添削指導のネット塾・真花塾の一端について、代表の吉川がご紹介しました。今の時代はネットに囲まれている環境です。ご縁があれば、大学受験や高校生の勉強に強いネット塾「真花塾」をお試しください。