講師ブログ

2019年2月6日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, 塾サポート, 大学受験, 講師ブログ, 高校部

教室がうるさいので辞めました【高校生指導Q&Avol.9】

「あのぅ、実は前の塾、教室も自習室もうるさくて辞めたんですよ。」

個別指導だったんよね?じゃあ、ちいさい子や小中学生もいるよね?
それって、いま通ってるこの塾でもおんなじだけど、今はどう?気になったりする?

古文漢文特化のネット塾を運営している塾長吉川ですが、実は、オフラインでの個別指導塾にもいくつか、かかわらせていただいております。

とある個別指導塾の教室で、数学の自習に励む、高3女子(理系)との会話です。

「いえ、ココはめっちゃ静かです。静かなほうなんですよ、ほんとに!まぁ騒がしいときもあるにはあるけど、ちゃんと注意してくれるんで、全然気にならないです。

それに・・・。

まぁ、前の塾を辞めたのには、先生が生徒と一緒におしゃべりしてたっていうこともあるんですけど、授業の先生が変わって、全然内容がわからなくなっちゃって、さすがに私、高3で国公立理系なので、それはやばいと思って・・・。

だからいま、とってもよく分かるし、快適だし、ずっと自習できるしよかったです。高3の秋とかから来て、ご迷惑だったかもしれませんけど・・・。」

ううん、全然そんなことないよ。
前、そんなことがあったんや^ ^。

「それに、なんか自分、大学生の先生に授業中、友達のノリでガンガン来られると、めっちゃ引いちゃって、うわ・・・ってなるんで・・・。前の塾の先生も、そんな感じで・・・。いやぁ、なんかダメですかね、自分。」

ダメじゃないよ笑。そりゃ勉強に集中したいよね^ ^。

「そうなんです。それに、ココの塾に来たら”なんでこの答えがこうなるのか”とかをちゃんと説明してもらえるようになって、だから、ありがたいです。」

そうか(^^)。じゃあ、いまこうして勉強できてよかったね!数学の先生、
いまどうしてもお電話中で、戻ってくるまで結構かかるかもしれないけど、いまできる勉強をしながら、もうしばらく待っててね。

コミュニケーションが大切とはいうものの、古文漢文や英語はさておき、数学を頑張っているときの生徒には、万が一、ご担当の先生のご迷惑になってはいけませんので、極力話しかけないようにしています。

ですが、このときはあえてチャレンジしてみました(^^♪

いやー話しかけてみて良かったです!
いい情報収集になりました。

受験真っ只中の高校生に、こう言ってもらえるのはとても励みになるし、今後の運営についても確信を持てました。

それに、彼女の話、結構身につまされるところ、ありますよね?(^^)

「前の塾は〜」「ほかの塾は〜」という重い話でなくても、生徒がいつも感じたり考えているようなことって、こちらが腰を据え、しっかり向き合って聞いてあげないと出てきません。

とくに高校生の場合、

1)文系 or 理系
2)志望学部
3)志望大学
4)学校での進路指導アドバイスの内容

の4つは、大切なキーワードです。

これは聞き取らずに、高校生指導はありえません。

仲良しの先生とは、つい部活や遊びの話で盛り上がってしまいがちですが、コミュニケーションの中身にちょっと付け加えるだけで、大学受験指導はぐっと深まります。

ぜひさっそく今日から、お試しください^^。