講師ブログ

2020年4月27日

Q&A, コミュニケーション, ネット塾, 動画添削, 受験, 古文, 塾サポート, 大学受験, 学び, 学校の課題, 講師ブログ, 進路指導, 高1, 高2, 高校部

“あなたのためだけ”の動画添削を受けるその前に【高校生指導Q&A vol.21】

こんにちは。真花塾塾長の吉川です。2020年4月現在、オンライン授業が普及し、自宅にいながらにして勉強に集中できる環境がめざましく整いつつあります。

大学受験合格を目標とする場合だけでなく、不安なく学校の勉強の予習や宿題の質問をしたいみなさんにとっても、オンラインは強い味方になってくれます。

真花塾では、オンラインで顔を合わせて授業をするのは、実は「オプション」となっています。メインは動画添削です。講師はあなたのためだけに動画を作ります。学校の宿題、学校内容、そして本当に必要な大学受験サポートは、あなたのために作った動画での解説と声かけが一番だと考えています。

みなさんにとっては、YouTubeといえば気分転換や遊びのものという意識があるかもしれませんね。実際YouTubeで「勉強」と検索してみると、ルーティン動画や勉強のしかたについての動画が多いです。

ただ、興味深くてためになる情報はたくさんあっても、いま本当に自分が知りたいと思っている勉強単元についてや、宿題内容の解き方についての動画はなかなか見つからないのではないでしょうか。そんなときにも、大学受験指導のプロの手による動画添削があれば大丈夫。

ここで、おっ動画添削ってなんかすごそう!と思ったあなた、ここで少し一緒に確認させていただきたいことがあります。

1)勉強はあなたにとって大切なものですか

“あったり前じゃないか!だってテストもあるし受験もある。大切に決まってるじゃん!”

そうですね。中学生高校生のみなさんにとって、学校生活はいまある人生そのものです。

ただし、その「当たり前」を本当に心から、みなさん自身が望む必要があることを忘れないでください。まして動画添削は、講師がみなさんのそばで「ペンを持って書けているか」「解説にしっかりと耳を傾けているか」という確認はできません。

いくらいい勉強環境を手に入れたとしても、実際に行動するのはあなた自身です。自分自身で勉強の高みに上ろうとしているのだという強い思いと誇りをいつも心にとどめましょう。それが必ずホンモノの自信につながります。

★「大学くらい出ないといけないと家族に言われたから」「〇〇大学くらい出ないと就職がないから」というちっぽけな思い込みにとらわれている方は、もう一度よく「自分の勉強する意味」を考え直してから、ご受講を開始してください。大学は高度な学問を追及するところです。「いいところに就職するための保証機関」ではけっしてありません。

2)講師からのコミュニケーションにていねいに応えられますか

LINEやメールは好きですか。3文以上のメッセージも最後まで集中して読めますか。私たち大人が、若い皆さんにぜひ身につけていただきたいのは、文字を使ったメッセージに強くなれることです。

あなただけの添削動画は、LINEまたはメールでお届けします。また、皆さんからの質問や課題の提出もやはりLINEかメールです。

とても不思議なことなんですが、文字によるコミュニケーション(や画面を通したコミュニケーション)は、直接会ってお話しするときよりも、人の“よくない面”を如実に映し出してしまいます。こういった意味では、直接会って講師から授業を受けるほうが何倍も「優しい指導」になるでしょう。

例えば、このような場合、皆さんが自分で思っている以上に、講師への印象は悪くなります。(何回もすれ違いを重ねた結果、指導に支障をきたし、ともに勉強をつづけることが難しくなることもあります。)

・課題や質問を提出するときに「お願いします」と文字で伝える習慣がない

・動画や解答を受け取ったときに「ありがとうございます」と文字で伝える習慣がない

・講師からの「さきほどの説明で納得できますか(わかりますか)」というメッセージに返事しない

・提出期限に遅れたときに「遅くなってすみません。実は・・・」と事情を説明することができない

・電話連絡やオンライン面談の、いちど話し合って決めた日時を何度も変更する。または約束の時間をすっかり忘れている。

★デジタルツールを使いこなすのは人間です。画面の中のつながりであっても、講師はいつもがんばるあなたのことを気にかけ、常に準備をしています。この、ごく当たり前の現実に気づけない皆さんではないはずです。ともに志望大学合格に向けて歩むための、ゆるぎない信頼関係を構築していけたらと心より願います。

オンライン講座
予約はこちら!